尾瀬ヶ原に泊まる!鳩待峠発、至仏山経由の1泊2日モデルコース

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

尾瀬ヶ原に泊まる!鳩待峠発、至仏山経由の1泊2日モデルコース

尾瀬ヶ原に泊まる!鳩待峠発、至仏山経由の1泊2日モデルコース

更新日:2019/05/16 09:19

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター

東西12キロ、南北9キロの尾瀬国立公園。その一帯を歩くトレッキングコースの総延長は100キロ以上にもなり、ハイカー・トレッカー憧れのエリアです。関東方面からのアクセスも良く、尾瀬を訪れる約半数が鳩待峠からの登山口を利用します。また、尾瀬ヶ原の山小屋に泊まれば、朝晩の変化ある尾瀬ヶ原を楽しむこともできます。日本百名山の1つ「至仏山」を経由し、山頂からの絶景を眺める1泊2日のモデルコースを紹介します。

1日目11:30 鳩待峠休憩所から登山開始

1日目11:30 鳩待峠休憩所から登山開始

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

群馬県にある鳩待峠登山口へは、関東方面からの列車では、上越新幹線上毛高原駅かJR上越線沼田駅へ行き、バスを戸倉で乗り継いで行く方法があります。また、新宿から戸倉までは一日に3便高速路線バスも出ていて、約4時間で到着です。内、新宿を22:00発の便は夜行便で少し早すぎる早朝3:35到着なので注意が必要です。

新宿7:20発のバスに乗れば11:30頃に鳩待峠休憩所に到着です。トイレを済ませたり、身支度を整えて、いよいよ尾瀬国立公園に入山です。

1日目11:30 鳩待峠休憩所から登山開始

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

日本の自然保護・保全の原点でもある、尾瀬国立公園の入り口だけあって、入園の為のルールやマナーが書かれた看板が設置されています。貴重な高山植物たちの大敵である外来生物の侵入を防ぐため、マットで靴底の泥落としをするよう呼びかけています。

コースタイムでは、鳩待峠登山口から川上川沿いを歩いて、山ノ鼻まで一ヶ所急登がありますが約1時間です。逆コースはコースタイムで約1時間30分程です。

1日目12:30 絶景の尾瀬ヶ原到着&昼食休憩

1日目12:30 絶景の尾瀬ヶ原到着&昼食休憩

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

そうして約1時間で辿り着く尾瀬ヶ原の池塘(ちとう)では、鮮やかに青空が反射された絶景を楽しめます。
池塘とは高山の湿原や泥炭地にある池沼のことで、尾瀬ヶ原ではたくさん見ることができます。

1日目12:30 絶景の尾瀬ヶ原到着&昼食休憩

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

山ノ鼻エリアには「山の鼻小屋」「至仏山荘」「尾瀬ロッジ」の三軒の山小屋と、環境省が運営する「尾瀬山の鼻ビジターセンター」があります。
日帰りの登山者もここで食事やドリンクで休憩を取ったり、ビジターセンターで情報収集を行うことができます。

1日目13:30 尾瀬ヶ原を渡り見晴エリアへ

1日目13:30 尾瀬ヶ原を渡り見晴エリアへ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

5月中旬〜6月の春にはミズバショウ、7〜8月の夏にはニッコウキスゲ、8月中旬〜10月の晩夏〜秋にかけては草もみじと山の紅葉が見頃を迎えます。それぞれの季節ごとに様々な表情を見せてくれます。

コースタイムでは、山ノ鼻から牛首分岐までが約40分。牛首分岐から竜宮小屋のある竜宮十字路までが約40分。竜宮十字路から見晴までが約30分です。平坦な木道なので帰り道のコースタイムも全く一緒です。

1日目13:30 尾瀬ヶ原を渡り見晴エリアへ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

見晴エリアには6つもの山小屋が期間中(例年、GW中と5月下旬〜10月中下旬)営業しており、宿泊・日帰り休憩などで賑わっています。カフェなども併設されているので、絶景ド真ん中のテラス席で取るカフェタイムは最高の気分を味わえますよ。

1日目13:30 尾瀬ヶ原を渡り見晴エリアへ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

6つの小屋の1つ「弥四郎小屋」の目の前には清水が湧き出ていて、誰もが利用可能です。火照った顔を洗ってスッキリしたり、持参したバーナーでお茶や食事を楽しむこともできます。天然のミネラルウォーターを存分に味わってみて下さい。

山の鼻へは同じ木道を同じコースタイムで帰ります。

1日目17:30 山ノ鼻エリアのビジターセンターと山小屋

1日目17:30 山ノ鼻エリアのビジターセンターと山小屋

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

環境省が運営する山の鼻ビジターセンターでは、クマの目撃情報や最新の花の開花状況など様々な情報が入手できます。翌日の天候チェックやマップをゲットする意味でも、是非立ち寄ってみましょう。

1日目17:30 山ノ鼻エリアのビジターセンターと山小屋

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

山の鼻エリアには3つの山小屋があり、繁忙期には常に満室状態です。尾瀬へのトレッキングを思い立ったら、すぐに山小屋の予約をすることをおススメします。山小屋ごとに少しずつ趣が違うので、予約サイトなどでチェックしてみましょう。

1日目17:30 山ノ鼻エリアのビジターセンターと山小屋

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

山小屋での食事は楽しみの1つです。食事メニューも山小屋ごとや季節ごとに名物料理などがあり、それを目指して宿泊する登山客もいるほどです。食事メニューで山小屋を選んでみるのも良いですね。

2日目 7:00 至仏山山頂経由で鳩待峠へ下山

2日目 7:00 至仏山山頂経由で鳩待峠へ下山

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

2日目朝には少し早起きて、山小屋からすぐの植物研究見本園を散策してみて下さい。1周30分程、早朝の散策は格別です。

2日目 7:00 至仏山山頂経由で鳩待峠へ下山

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

山の鼻から至仏山へのルートは登り専用でかなりの急登です。朝方は夜露や朝もやで滑りやすくなっていますし、岩も滑りやすい蛇紋岩で構成されているので、十分注意して登り始めましょう。
また、木製はしごなども設置されていますが、積雪の多いエリアなので所々壊れている箇所などもあります。無理をしてはしごの上を歩かないようにしましょう。

2日目 7:00 至仏山山頂経由で鳩待峠へ下山

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

途中や山頂付近では、尾瀬ヶ原とその先にあるもう1つの百名山「燧ケ岳(ヒウチガダケ)」の絶景が望めます。
コースタイムでは、山の鼻から山頂までは約3時間。休憩を含めても10:30位には山頂到着です。山頂から鳩待峠休憩所までは2時間ちょっとです。山頂での昼食や下山途中の休憩を含め、13:00過ぎの到着を目指しましょう。

鳩待峠休憩所13:40発のバスに乗れば、新宿に18:50に到着出来ます。少し遅れて14:30発のバスに乗れば、新宿に19:05には到着出来ます。十分な時間の余裕を持って計画を立ててみて下さい。

最後に、山小屋宿泊のモデルコースとは言え、2,000m級の登山となります。雨具・ライト・十分な防寒着・必要なカロリーを補える飲食物・登山に適した登山靴など十分な装備で登山を行って下さい。

*尾瀬は国立公園です。ルールやマナー(ゴミの持ち帰り・動植物を大切に・湿原に入らないなど)を守って、自然にも他の登山にも優しい登山を心掛けましょう。

尾瀬国立公園の基本情報

住所:群馬県利根郡片品村燧ケ岳
電話番号:048-600-0516
アクセス:新宿から戸倉までは一日に3便、高速路線バスで約4時間。戸倉から鳩待峠までシャトルバスで約25分
登山シーズン:概ね、5月のゴールデンウィーク中、5月下旬〜10月中旬頃まで(年によって異なる。)

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/14−2018/10/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -