裏磐梯で冬季限定の氷瀑「イエローフォール」へは雪上歩行で!

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

裏磐梯で冬季限定の氷瀑「イエローフォール」へは雪上歩行で!

裏磐梯で冬季限定の氷瀑「イエローフォール」へは雪上歩行で!

更新日:2019/02/15 13:48

なべ部 FGのプロフィール写真 なべ部 FG

イエローフォールは厳冬期に出現する幻の氷瀑(氷の柱)です。しみ出す水滴が硫黄分や鉄分を含んで、凍り付くと黄色く色づくので、イエローフォールと呼ばれます。裏磐梯スキー場から、冬以外には湖面が赤茶色に色づいて見える銅沼(あかぬま)の氷結した湖面上を歩いて向かいます。ツアーは1〜3月に開催していますが、見頃は2月中旬から下旬。スノーシュー(西洋かんじき)を履いて、白銀の世界へと踏み入れてみませんか?

裏磐梯スキー場からアプローチ

裏磐梯スキー場からアプローチ

写真:なべ部 FG

地図を見る

イエローフォールは磐梯山の北側、かつての噴火跡、爆裂噴火口の岩の隙間に出現します。冬季以外は立ち寄れず、雪が積もった厳冬期に雪上歩行で近づきます。雪上歩行に必要なのが、スノーシュー(西洋かんじき)、または日本で昔から使われるワカン(輪かんじき)。どちらも、圧雪されてない深い雪の上を、沈み込まないで歩くことができます。

起点となるのが、裏磐梯スキー場です。2本のリフト(1回券500円、山頂往復券1500円)を乗り継げば、急斜面を登ることなく、比較的楽にアプローチ可能です、ただしスキー場の営業日は平日の火・水・木を除いた金曜〜月曜日、8:30〜16:00なので注意しましょう。

裏磐梯スキー場からアプローチ

写真:なべ部 FG

地図を見る

スキー場の営業日以外や、早朝のリフトが動く前にイエローフォールに向かうには、ゲレンデの斜面を雪上歩行することになります。

裏磐梯スキー場からアプローチ

写真:なべ部 FG

地図を見る

裏磐梯スキー場のゲレンデ上から北側を振り返ると、全面氷結し、ワカサギの穴釣りが人気の桧原湖が一望できます。

氷結した銅沼の湖面を歩いて

氷結した銅沼の湖面を歩いて

写真:なべ部 FG

地図を見る

スキー場頂上の第二ロマンスリフト終点からは、平坦な樹林帯を進みます。新雪がたっぷり降った早朝でない限り、別の人の踏み跡(トレース)があるので、道迷いの心配は無いでしょう。

氷結した銅沼の湖面を歩いて

写真:なべ部 FG

地図を見る

樹林帯を抜けて、平らで遮る樹木が無い場所は、銅沼の氷結した湖面上です。もし、氷結していない場合は、外側を迂回します。銅沼からは磐梯山の裏側の雪景色の山容を一望できます。

氷結した銅沼の湖面を歩いて

写真:なべ部 FG

地図を見る

雪が溶けて、茶色い土砂が顔を出している場所は、年中噴煙が立ち上っている場所です。冬以外の時期よりも近づくことができますが、火山性ガスなので、注意が必要です。

冬季限定で出現するイエローフォール

冬季限定で出現するイエローフォール

写真:なべ部 FG

地図を見る

平坦な銅沼の湖面を越えてしばらく進むと、登り坂を越えないといけません。スノーシューでは、新雪の急坂は登りづらいかもしれませんが、慎重に踏み跡をたどりましょう。やがて、前方にイエローフォールの姿が確認できます。

冬季限定で出現するイエローフォール

写真:なべ部 FG

地図を見る

リフト終点からだと、1時間弱でイエローフォールに到着です。年や時期によって、イエローフォールの形や色が変化しますが、10メートルくらいの大きさで、黄金色になります。写真の時期は、積雪が多く、雪に隠れて見た目には小さいです。

冬季限定で出現するイエローフォール

写真:なべ部 FG

地図を見る

スノーシューレンタル付きのスノーシュー体験ツアーを開催する会社がありますので、初めての方は、ガイドさんに案内されて行くのがお薦めです。ガイドツアーの会社情報は関連メモの裏磐梯観光協会のページにありますので、参考にしてください。

スノーシューで雪上歩行する場合の必需品は、上下スキーウェア又はレインウェア、登山靴やスノーブーツ、フリースやダウンジャケット、帽子・手袋など。ツアーによっては、スノーシューとストック以外に、スキーウェアのレンタルも可能な場合もありますので、日程と共に確認しましょう。

イエローフォール以外にも注目

イエローフォール以外にも注目

写真:なべ部 FG

地図を見る

イエローフォールのやや左側には、目立ちませんが、しみ出した水が凍り付いた透明な氷瀑も現われます。シルバーフォールと名付けたい場所です。ぜひ確認してください。

イエローフォール以外にも注目

写真:なべ部 FG

地図を見る

樹林帯を歩くと、木の枝に雪が凍り付き、風で模様ができたり、霧氷が現われたり、写真のように解けたしずくで氷柱ができたりします。またウサギやカモシカなど野生動物の足跡を発見できるかもしれません。冬ならではの景色を観察しにでかけてみませんか。

イエローフォールの基本情報

住所:福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字大府平山1170-5 裏磐梯スキー場
電話番号:0241-32-2177
アクセス:磐越自動車道・猪苗代磐梯高原IC下車、国道115号線〜県道459号線裏磐梯方面(猪苗代磐梯高原ICより25km、約30分)

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/02/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -