最後までタイ旅行!バンコク・ドンムアン空港国際線のお土産場所

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

最後までタイ旅行!バンコク・ドンムアン空港国際線のお土産場所

最後までタイ旅行!バンコク・ドンムアン空港国際線のお土産場所

更新日:2018/11/16 10:10

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

バンコクの“空の玄関口”はスワンナプーム国際空港。しかし、バンコクにはもう一つの空港があり、それが「ドンムアン国際空港」です。日本とタイを就航するLCC(ローコストキャリア/格安航空会社)の増便に伴い、LCC空港のドンムアン国際空港を利用する日本人観光旅行者が急増。そこでドンムアン空港・国際線ターミナルビルで、おすすめの土産ショップの場所をご紹介。タイ旅行の最後までショッピングを楽しみませんか?
海外航空券の最安値をチェック!

ドンムアン国際空港・国際線「第1ターミナルビル」のタイ土産

ドンムアン国際空港・国際線「第1ターミナルビル」のタイ土産

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

バンコク北部にある「ドンムアン国際空港」(Don Mueang International Airport)。タイ・エアアジアXが成田・関空・中部国際空港から、スクートが成田・関空から、タイ・ライオン・エアが成田・関空・中部から(2018年12月7日から成田が毎日1便/2019年1月16日から中部、3月2日から関空)それぞれ直行便を運行しています。

ドンムアン国際空港・国際線「第1ターミナルビル」のタイ土産

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ドンムアン国際空港は、国際線の「第1ターミナルビル」と、国内線の「第2ターミナル」に分かれ、ひとつの細長い大きな建物でつながっています。タイへの海外旅行者が離発着に多く利用するのが「第1ターミナルビル」。

そこで、国際線の第1ターミナルビルで、おすすめのお土産ショップをご紹介。まず、2階の出発フロアから。国際線のチェックインカウンターが並ぶフロアには、タイ政府がプロデュースする土産店「オートップ」(OTOP)があり、アクセサリーや雑貨、山岳民族の工芸品が見つかります。場所は、第1ターミナルビル2階端(第2ターミナルビルと反対側)。

ドンムアン国際空港・国際線「第1ターミナルビル」のタイ土産

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「オートップ」は、タイ全土の選りすぐりのお土産を集めたお店です。丁寧に編み込まれた雑貨やバッグは上品で可愛らしく、女性へのお土産におすすめ。日本の甚兵衛(じんべえ)羽織にも似たホームウエアもあり、男性へのお土産も見つかります。1000バーツ(約3400円)もあれば、かなり素敵なタイ土産が買えます。

タイ土産におすすめ!「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」

タイ土産におすすめ!「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ワンランク上のタイ土産をお探しの方におすすめのお土産店が「ロイヤル・プロジェクト・ショップ(Royal Project Shop)」。タイの王室が主導する専門店です。場所は、第1ターミナルの3階端(第2ターミナル側)。

タイ素材100%のタイ・オリジナル雑貨店で、コスメ類が充実しているので女性へのお土産におすすめです。オーガニック農法によるハーブで作られたナチュラルな製品は香りが爽やか。ボディーシャンプーやボディージェル、シャンプー、コンディショナーといった品が見つかり、100〜300バーツ前後(約340円〜1000円)で買うことができます。

タイ土産におすすめ!「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

おしゃれで可愛いバラマキ菓子土産が見つかるのも、「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」。タイ土産ランキングでも人気の高いドライフルーツがそろっています。マンゴーやイチゴ、メロン、パイナップル、キウイ、ドリアン、イチジク、マンゴスチンなど種類が豊富。タイのフルーツはとてもおいしく、濃厚でジューシー。小パックであれば100バーツ前後(約340円)で購入することができます。

タイ土産におすすめ!「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

香り豊かなナチュラル石鹸が手に入るのも、「ロイヤル・プロジェクト・ショップ」の魅力です。タイ土産といえば、タイの高級ブランド「ハーン(HARNN)」が定番となっていますが、こちらのハーブ石鹸もおすすめ。ジャスミンやローズ、レモンなどの種類がり、肌に優しく、自然な香りも楽しむことができます。100バーツ前後なので、タイのバラマキ土産にもおすすめです。

タイ土産をまとめ買い!免税店「キングパワー(King Power)」

タイ土産をまとめ買い!免税店「キングパワー(King Power)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いて出国審査後に、おすすめのお土産ショップをご紹介。出国審査(イミグレーション)を済ませ、手荷物検査を終えると、すぐ左手に大きな免税店「キングパワー(King Power Duty Free/営業時間は24時間)」が見えてきます。場所は、26ゲート付近。

「King Power」は、タイ最大手の免税店。ブランドの免税品だけでなく、菓子類や酒類、タイの食品など、タイのお土産をまとめ買いしたい方におすすめの人気店です。

タイ土産をまとめ買い!免税店「キングパワー(King Power)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「King Power」では、特にコスメ類が充実。世界のブランド化粧品、香水など人気コスメを日本よりも安く手に入れることができ、しかも最新のアイテムがそろっています。

タイ土産をまとめ買い!免税店「キングパワー(King Power)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイシルク、化粧品、石鹸、宝石、衣料品、手工芸品以外にも、お菓子や酒類が多く見つかるのも「King Power」。食品ではチョコレートやスナック類、ドライフルーツも。タイのお土産ランキングでも人気の高い、ドリアンチップスやドライマンゴーといったお菓子も見つかり、タイのバラマキ土産におすすめです。

※バンコクには「キングパワー・デューティフリー・コンプレックス(King Power Duty Free Complex) ランナム店」(BTSビクトリーモニュメント駅)がありますが、ランナム店で購入した免税品(白い値札の商品)は空港のキングパワー専用カウンターでの受け取りになります。ドンムアン国際空港では「King Power Lounge」の隣に商品の受け取りカウンターがあります。

タイ雑貨や衣服も!オリジナルスパブランドはタイ土産の定番

タイ雑貨や衣服も!オリジナルスパブランドはタイ土産の定番

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

キングパワーの隣には、タイ王国のシリキット王妃の援助財団の製品を取り扱う土産店「チットラダーショップ(Chitralada Shop)」があり、タイらしいお土産を見つけたい方におすすめです。衣服や帽子、雑貨がそろっています。

タイ雑貨や衣服も!オリジナルスパブランドはタイ土産の定番

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「チットラダーショップ」のおすすめは、可愛い雑貨。タイの北部で暮らす山岳民族の工芸品も多く、子供向けのタイ土産にもおすすめです。

タイ雑貨や衣服も!オリジナルスパブランドはタイ土産の定番

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイのオリジナル・スパブランドがコンパクトに集まっている土産店が「Sou Venir Shop By The Mall Skyport」(営業時間は03時30分〜22時)。場所は、21〜26ゲートへと右折する角。

「ハーン(HARNN)」「パンピューリ(PANPURI)」「ターン(THANN)」「ディヴァナ(divana)」「マウントサポラ(Mt. Sapola)」「ドナ・チャン(DONNA CHANG)」「バス&ブルーム(BATH & BLOOM)」「カルマカメット(KARMAKAMET)」「アーブ(erb)」 「Akaliko(アカリコ)」といったタイブランドが集結。香水やアロマ、ジャスミンやマンゴー、ココナッツを使ったボディケア、石鹸も見つかります。

ジム・トンプソン(JIM THOMPSON)/ナラヤ(NaRaYa)

ジム・トンプソン(JIM THOMPSON)/ナラヤ(NaRaYa)

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

女性におすすめの人気のタイ土産が「ハーバルボール(ハーブボール)」。タイの古式マッサージでよく使われているのですが、天然のハーブをつめこんでボール状にしたものです。蒸し器や電子レンジで温め、疲れやコリを感じているところに押しあてたり、転がしたりして使用。さきほどご紹介したタイのスパグッズのお店で見つかります。お値段は1000円前後。

ジム・トンプソン(JIM THOMPSON)/ナラヤ(NaRaYa)

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらもタイの定番土産で、「ナラヤ(NaRaYa)(営業時間は04時〜22時)」。リボンのバッグで知られる、タイの人気ブランドです。場所は、キングパワーの向かい側。バッグは200〜500バーツ前後(約700〜1700円)、ポーチでは約100バーツ(約340円)。ナラヤは女性へのお土産におすすめです。

ジム・トンプソン(JIM THOMPSON)/ナラヤ(NaRaYa)

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

タイ土産といえば、タイシルクの「ジム・トンプソン(JIM THOMPSON)」(営業時間は24時間)。場所は、ナラヤの近く。衣服やバッグが2000バーツ前後(約7000円)で買うことができ、男性・女性を問わず、Tシャツや子供服もそろっているので、タイの定番土産におすすめです。

なお、ドンムアン国際空港からバンコク市内・パタヤへのアクセスや行き方、ラウンジや両替所、食事・レストラン、ホテル、マッサージ、SIMカードの購入場所など空港全体の観光ガイドについては、スワンナプーム国際空港などのガイド記事とともに関連MEMOに貼り付けていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

ドンムアン国際空港(Don Mueang International Airport)の基本情報

住所:Don Mueang International Airport, Wipawadi-rangsit Road, Bangkok
電話:+66-2-535-1111
アクセス:日本からドンムアン国際空港への直行便はタイ・エアアジアX(成田国際空港が毎日2便、関西国際空港が毎日2便、新千歳空港が毎日1便)、スクート(成田国際空港が毎日1便、関西国際空港が毎日1便)、タイ・ライオン・エア(2018年12月7日から成田国際空港が毎日1便/2019年1月16日から中部、3月2日から関空も)

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -