ロビーに巨大な謎の数字!マカオ「ザ カウントダウン ホテル」

| マカオ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ロビーに巨大な謎の数字!マカオ「ザ カウントダウン ホテル」

ロビーに巨大な謎の数字!マカオ「ザ カウントダウン ホテル」

更新日:2018/11/14 11:20

松本 沙織のプロフィール写真 松本 沙織 子連れ&マイルトラベラー、かき氷職人
マカオのコロアネ島とタイパ島の間を埋め立てて作ったコタイ地区。ここは現在、大型高級ホテル激戦区!その中でもエンターテイメントやレストラン、ショッピングモール、ホテルなどが集まった「シティ・オブ・ドリームズ」は何でも揃うオールマイティーな統合リゾート施設です。この中にあるクールなホテル「ザ・カウントダウン・ホテル」をご紹介します。

最もスタイリッシュな場所になるまでをカウントダウン

最もスタイリッシュな場所になるまでをカウントダウン

写真:松本 沙織

地図を見る

「ザ・カウントダウン・ホテル(The Countdown Hotel)」はマカオ空港から車で約5分。世界最大級の壮大な水上ショー「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(The House of Dancing Water)」が開演されていることで有名な「シティ・オブ・ドリームズ(City of Dreams)」の中にあります。写真の左側の円柱型ホテルが「ザ・カウントダウン・ホテル」。右側の網目のようなデザインが奇抜なホテルは「モーフィアス(Morpheus)」です。

「ザ・カウントダウン・ホテル」は、2017年の4月に「ハードロック・ホテル&ハードロックカジノ」からリブランドされました。

最もスタイリッシュな場所になるまでをカウントダウン

写真:松本 沙織

地図を見る

ホテルを見上げるとカウントダウン・タイマーが設置されています!しかも何やら人のシルエットが見えていて、手書きで数字を書き直しています。ここでは「シティ・オブ・ドリームズ 」が“マカオで最もスタイリッシュなリゾートになるまでの時間をカウントダウン”しているんです。

最もスタイリッシュな場所になるまでをカウントダウン

写真:松本 沙織

地図を見る

ホテルのレセプションにも大きなカウントダウン・タイマーが!こちらにもスクリーンの向こうには人影が見えています。時間が進むたびに人が数字を書き直す様子がとても面白いです。“分”を担当している人はとても忙しく、“時”を担当している人はなかなか仕事がないので暇そうにしている様子がわかります。(ちなみに本当に人がいるわけではありません)

レセプションに待ち時間があっても、これを眺めていれば子どもも飽きずに待てそうですね。

洗練されていて落ち着いた室内

洗練されていて落ち着いた室内

写真:松本 沙織

地図を見る

こちらはキングベッド1台のスタンダードルームです。31平米の広さがあるので非常にゆったりとしています。室内はとても落ち着いた雰囲気。余計なものがない洗練された大人の空間といった感じです。

洗練されていて落ち着いた室内

写真:松本 沙織

地図を見る

室内の中央には赤いカウンターが。かっこいい見た目だけではなく、このカウンターが便利で、ちょっとコーヒーを飲んだりガイドブックを広げてみたりと大活躍です。一見シンプルですが、必要なものは全て揃っている快適なお部屋です。

洗練されていて落ち着いた室内

写真:松本 沙織

地図を見る

コタイ・ストリップ側だと窓からの景観が素晴らしいです。コタイを代表するカジノ・リゾート施設「ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテル(The Venetian Macao Resort Hotel)」が見渡せ、夕暮れから夜にかけてのマジックアワーの時間はうっとりする美しさ。

美しく並んだ朝食たち

美しく並んだ朝食たち

写真:松本 沙織

地図を見る

レセプション横にあるレストランは非常に天井が高く、窓がたくさんあり開放的。朝食のビュッフェは少しづつ丁寧に盛り付けられています。

美しく並んだ朝食たち

写真:松本 沙織

地図を見る

マカオらしくヌードルもあります。好きな種類の麺も選べ、お好みの野菜をチョイスしたらその場で調理してもらえます。

美しく並んだ朝食たち

写真:松本 沙織

地図を見る

デザートのコーナーには、カラフルなドーナッツや濃厚なチョコマフィンと並んでマカオ名物のエッグタルトがすまし顔で整列しています。少し小さめなのも嬉しいです。数が少ないのですぐに無くなりそうですが、足りなくなるとスタッフが新しいものを運んできて綺麗に並べてくれますよ。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

レストランは「SOHO」でキマリ

レストランは「SOHO」でキマリ

写真:松本 沙織

地図を見る

2Fにはエンターテイメントとフードを融合させた「SOHO」があります。レセプションや室内とは打って変わり、大きなミラーボールがマカオらしく、とてもきらびやか。「ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」の鑑賞前後に利用する方も多いレストランフロアです。

レストランは「SOHO」でキマリ

写真:松本 沙織

地図を見る

「SOHO」という名の通り、ニューヨークやロンドン、香港のアートな街並みを思わせるフロアはフォトジェニック。比較的空いているのも魅力です。

レストランは「SOHO」でキマリ

写真:松本 沙織

地図を見る

「SOHO」には小籠包で世界的に有名な「鼎泰豊(ディン・タイ・フォン)」もあります。実際に細かいヒダを寄せながら小籠包を鮮やかな手つきで包んでいる様子をガラス越しに見ることができます。

プールから話題のホテルを見よう

プールから話題のホテルを見よう

写真:松本 沙織

地図を見る

プールは大きな円形になっていて浅い部分もあるので子どもでも大丈夫。ライフジャケットや浮き輪などは用意されていないので、必要な方は持参した方がいいでしょう。ホテルに滞在している場合は、泳がずに見学だけでもOK。スタッフがフレンドリーです。(冬場はメンテナンスなどで見学ができない場合もございます)

プールから話題のホテルを見よう

写真:松本 沙織

地図を見る

見学をおススメする1番の理由はこちらの景観。2018年6月に「シティ・オブ・ドリームズ」にオープンした話題のホテル「モーフィアス」がこんなに近くに見えるんです!「モーフィアス」は世界初の外骨格型高層ホテル。つまりは内部に柱がない構造になっています。建築家、故ザハ・ハディッドが設計したことでも有名。この独創的な外観の「モーフィアス」をバックに記念撮影しちゃいましょう!

シンプルなのにオールマイティーなホテル

ホテルの中は室内もレセプションもシンプルで都会的。それなのに一歩ホテルを出るとゴージャスで何でも揃う「シティ・オブ・ドリームズ」があなたを待っています。宿泊料金もコタイ地区の中では比較的リーズナブル。マカオの賑やかな空気は楽しみたいけど、ホテルステイは落ち着いて過ごしたい。そんな方に非常におすすめで女子旅にもぴったりです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/15−2018/08/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -