伊豆随一の名瀑「浄蓮の滝」!名曲・天城越えの舞台はここが凄い

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

伊豆随一の名瀑「浄蓮の滝」!名曲・天城越えの舞台はここが凄い

伊豆随一の名瀑「浄蓮の滝」!名曲・天城越えの舞台はここが凄い

更新日:2018/11/13 18:11

波奈 美月のプロフィール写真 波奈 美月 伊豆地元案内人、絶景ドライブ探求家

静岡県伊豆市の「浄蓮(じょうれん)の滝」は、その美しさから『日本の滝百選』に選定された名瀑。石川さゆりさんの名曲「天城越え」を思い浮かべるかたも多いのではないでしょうか。
柱状節理が形づくる岩肌を、水量たっぷりに流れ落ちる姿は圧巻!下流には青々としたわさび沢が広がり、滝を眺めながら気軽に渓流釣りも楽しめます。秘境感たっぷりの絶景と飛び交うマイナスイオンの中で、心と身体をリフレッシュしてみませんか?
[AD] 新幹線で行く静岡の旅!お得な旅行プランを探す

伊豆きっての名瀑「浄蓮の滝」へ!

伊豆きっての名瀑「浄蓮の滝」へ!

写真:波奈 美月

地図を見る

伊豆市湯ヶ島にある「浄蓮の滝」は、まっすぐに流れ落ちる姿やコバルトブルーの滝壺が美しく、伊豆随一の名瀑といわれます。高さ25m・幅7m、滝壺の深さは15mもあり、天城山中の滝では最大!

滝の見物に料金はかかりません。駐車場が国道414号線沿いにあるので、場所がわかりやすく、東伊豆・西伊豆のどちらの観光コースでも立ち寄りやすいのも魅力です。

伊豆きっての名瀑「浄蓮の滝」へ!

写真:波奈 美月

地図を見る

駐車場から滝までは、往復で20〜30分ほど。滝の見物だけなら、観光の時間は1時間ぐらいあればOK!ただし、滝は谷の底にあり、階段を200段ほど降りる必要があります。歩きやすい靴で訪れるようにしましょう。

滝へ向かう遊歩道に入ってすぐ、木々の間から滝を見下ろせる「みおろし場所」があります。足腰の弱いかたは、そこまでにしておくことをお薦めします。

伊豆きっての名瀑「浄蓮の滝」へ!

写真:波奈 美月

地図を見る

滝の名は、近くの山中に浄蓮寺という寺があったことに由来します。
今や人気の観光スポットですが、明治39年(1906年)に安藤藤右衛門氏により、遊歩道が整備されるまでは、断崖と狭谷に阻まれた、たやすく人が近づけない滝でした。美しい滝壺には、ジョロウグモの化身が棲むという伝説も!

名曲「天城越え」にジオサイト!見逃せない滝の見どころ

名曲「天城越え」にジオサイト!見逃せない滝の見どころ

写真:波奈 美月

地図を見る

「浄蓮の滝」といえば、あの歌が頭に響くかたも多いのでは。『♪九十九(つづら)折り 浄蓮の滝 ... あなたと〜越えたい〜 天城越〜え〜♪』。そう、歌手の石川さゆりさんの大ヒット曲『天城越え』です。

歌詞に登場したことで、「浄蓮の滝」は一躍全国に知れ渡りました。滝の前には『天城越え』の歌碑もあり、撮影スポットになっています。

名曲「天城越え」にジオサイト!見逃せない滝の見どころ

写真:波奈 美月

地図を見る

滝の周囲の岩肌に自生して、趣を添えている「ジョウレンシダ(ハイコモチシダ)」も要チェック!国内では「浄連の滝」で初めて群落が発見され、伊豆半島と九州南部だけにしか分布しない貴重なシダなんです。県の天然記念物に指定されていますよ。

名曲「天城越え」にジオサイト!見逃せない滝の見どころ

写真:波奈 美月

地図を見る

伊豆半島は2018年4月、「ユネスコ世界ジオパーク」として認定されました。「浄蓮の滝」は、その中でも見どころとなる「ジオサイト」のひとつ。

「浄蓮の滝」は、約1万7000年前、南東にある鉢窪山(はちくぼやま)の溶岩によってつくられました。岩肌には、溶岩が冷える過程でできた柱状の割れ目(柱状節理)がみられ、独特の美しい景観を作り出しています。

毎週土曜日は「浄蓮の滝七不思議ツアー」を開催!午前10時より約30分間、地元を熟知した"ジオガイド"に滝を案内していただけます(1人500円・小学生以下無料・予約不要)。

滝を眺めながら、渓流釣りが楽しめる!

滝を眺めながら、渓流釣りが楽しめる!

写真:波奈 美月

地図を見る

滝のすぐ下流には、天然の渓流(本谷川)を利用した「天城国際鱒釣場」があります。美しい滝を眺めながら、渓流釣りも楽しめますよ。

放流されているのは、"清流の女王"と呼ばれるアマゴやニジマス。釣竿など、必要な道具をレンタルできるので、手ぶらで来ても大丈夫!餌はイクラなので、虫が苦手な人でも安心です。
釣った魚は持ち帰るか、貸出しコンロでその場で焼いて食べるかを選べます。スタッフが焼くだけの状態にしてくれますよ。

滝を眺めながら、渓流釣りが楽しめる!

写真:波奈 美月

地図を見る

入漁料は 30分・1時間・2時間・1日と細かく設定されています。1日楽しむのはもちろん、観光の途中でちょっとだけトライしてみるのもよいですね。

川沿いには、滝の下からの湧水を利用した「わさび沢」が広がっており、遊歩道を通って見学することができます。

<天城国際鱒釣場の基本情報>
電話番号:0558-85-1441
営業時間:
3月20日〜9月30日 9:00〜16:00
10月1日〜3月19日 9:00〜15:30
定休日:不定休
※詳細は、記事下の関連MEMO「天城国際鱒釣場」よりご確認ください。

滝見物のあとは、名物「わさびソフト」はいかが?

滝見物のあとは、名物「わさびソフト」はいかが?

写真:波奈 美月

地図を見る

伊豆・天城のご当地ソフトといえば、名産のわさびを入れた"わさびソフト"。浄蓮の滝でも、さまざまな"わさびソフト(アイス)"を販売しています。

滝の入口にある「浄蓮の滝観光センター」には、わさびソフトの元祖として知られるソフトクリームショップ「Sugar(シュガー)」があります。店は建物の外にあるのでご注意を。

Sugarの「ワサビソフト」(300円)は、ソフトクリームにわさびが練り込んであるタイプ。爽やかな緑色で、看板に書かれているとおり、チョイ辛ぐらいの食べやすい味です。発売してから20年以上、変わらない美味しさですよ。

滝見物のあとは、名物「わさびソフト」はいかが?

写真:波奈 美月

地図を見る

観光センターの建物内にある「浄蓮の滝 亀屋」の「わさびアイスクリーム」(300円)は、カップで出してくれます。こちらもわさびが練り込んであるタイプ。

食べ方がポイントで、まずはそのままの味を味わいます。次に、好きなだけ"わさび塩"や亀屋特製のチューブ本わさび(あるいは自分ですりおろした生わさび)をトッピング。ちょっとだけツーンとしますが、甘さと辛さのバランスが絶妙で、癖になりそうですよ。滝から戻ってきたとき、ひと休みにいかがですか?

滝見物のあとは、名物「わさびソフト」はいかが?

写真:波奈 美月

地図を見る

滝のそばの2つの店舗でも、"わさびソフト(アイス)"を販売しています。前方には浄蓮の滝、後方には青々とした"わさび沢"が広がり、ロケーションは抜群!ひときわ美味しく感じることは間違いありません。

写真は、「丸岩安藤わさび店 浄蓮の滝支店」の「本わさびアイス」(250円)。生乳でつくったバニラアイスに、その場ですりおろしたわさびとわさび塩をトッピングしてくれます。暖かい「わさびじょう油串だんご」(150円)も人気!(定休日:第1火曜日)

辛いのが好きな人は「滝見茶屋」の「わさびソフトクリーム」(300円)がお薦め。浄蓮の滝で販売されている"わさびソフト(アイス)"の中では、一番の辛さです。こちらも、わさびをソフトクリームに練り込んでいるタイプですよ。(定休日:不定休)

踊子歩道で『伊豆の踊子』の世界を堪能!

踊子歩道で『伊豆の踊子』の世界を堪能!

写真:波奈 美月

地図を見る

滝へ向かう遊歩道の入口には、『伊豆の踊子』像があります。天城峠は川端康成氏の名作『伊豆の踊子』の舞台。「浄蓮の滝」は、その世界が実感できるハイキングコース「踊子歩道」の起終点なんです。

浄蓮の滝バス停〜湯ヶ野バス停の間を歩きますが、主人公が踊子たちと出会った「天城山隧道(旧天城トンネル)」や宿泊した「福田家」をはじめ、「二階滝」「河津七滝」などの素晴らしい見どころがあります。『伊豆の踊子』をリュックに入れ、歩いてみてはいかがでしょうか?

踊子歩道で『伊豆の踊子』の世界を堪能!

写真:波奈 美月

地図を見る

特に新緑や紅葉の時期は美しく、たくさんのハイカーが訪れます。紅葉の見頃は、「旧天城トンネル」が11月中旬〜12月上旬 、「河津七滝」が11月下旬〜12月上旬になりますよ。

コースの全部を歩くと約18.5kmもの長さになります。湯ヶ島温泉や湯ヶ野温泉などに一泊するのがお薦め。滞在できる時間が短い場合、バスや車を利用して、コースの一部だけ歩いたり、見どころだけでも訪れてはいかがでしょうか?

バスを利用する場合、修善寺駅〜河津駅間が2日間乗り放題となる「天城路フリーパス」(大人1,900円)が便利でお得!詳細は「基本情報」をご覧くださいね。

浄蓮の滝・浄蓮の滝観光センターの基本情報

住所:伊豆市湯ヶ島892-14
電話番号:0558-85-1125
営業時間:8:30〜16:40(「浄蓮の滝」は24時間)
定休日:年中無休
駐車場:約50台(無料)
アクセス:
・東名沼津IC・新東名長泉沼津ICより、伊豆縦貫道・伊豆中央道・修善寺道路・国道136号線・国道414号線経由で約55分
・伊豆箱根鉄道 修善寺駅より東海バス「河津駅」または「昭和の森」行きで約35分、「浄蓮の滝」下車
その他:
 東海バス「天城路フリーパス」
・料金 大人1,900円、小人950円
・販売場所 河津駅前・湯ヶ島・修善寺駅前の各東海バス案内所
・区間 修善寺温泉・湯ヶ島温泉・浄蓮の滝・天城峠・河津七滝などのバス停。
※詳細は、記事下の関連MEMO「東海バス トクトクきっぷ」よりご確認ください。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/17−2018/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -