飯能「メッツァビレッジ」の北欧雑貨がかわいすぎ!女子旅はここへ!

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

飯能「メッツァビレッジ」の北欧雑貨がかわいすぎ!女子旅はここへ!

飯能「メッツァビレッジ」の北欧雑貨がかわいすぎ!女子旅はここへ!

更新日:2018/12/17 17:45

中島 誠子のプロフィール写真 中島 誠子 3児の子連れ旅ライター、オシャレ旅研究家

ムーミンのテーマパーク「メッツァ」が埼玉県にやって来ました!第1弾としてオープンした無料エリア「メッツァビレッジ」は北欧のライフスタイルを体験できる素敵な場所。ショップには、かわいい北欧雑貨が大集結!

今回はその中のお勧め雑貨やショップをご紹介したいと思います。そしてショッピングに疲れたら、北欧グルメに舌鼓。宮沢湖の絶景を望む素敵なカフェやレストランがあるので、女子旅にお勧めですよ!

「北欧雑貨メッツァ店」イチオシブランドはコレ!

「北欧雑貨メッツァ店」イチオシブランドはコレ!

写真:中島 誠子

地図を見る

メッツァビレッジの中のお買い物スポットは、主にマーケットホールとメッツァホール(イベント次第)となります。かわいい北欧雑貨を目指すなら、まずは「マーケットホール」の2階へ行きましょう。

100〜120のブランドが集結したショップ「北欧雑貨メッツァ店」は、北欧好き女子でも驚く品揃え。いくつかピックアップしてご紹介したいと思いますが、まずはイチオシの「filason(フィレイソン)」からご紹介します。

「北欧雑貨メッツァ店」イチオシブランドはコレ!

写真:中島 誠子

地図を見る

常設コーナーとして日本初となるfilasonは、フィンランド最古のテキスタイルブランドで、フィンランドにはどの家庭にもあるポピュラーな存在。ゾウやパンダなどの動物柄、ドット柄、花柄をはじめ、かわいくも洗練されたデザインが女子の心をくすぐります。

「北欧雑貨メッツァ店」イチオシブランドはコレ!

写真:中島 誠子

地図を見る

寝具、食器、バッグ、ポーチ、文具、生活雑貨など、普段使いできる魅力的なグッズがずらり。日本ブランドとのコラボ食器も見逃せないアイテムです。

お勧めショップ「SOPIVA HOKUOU」と「TRE」

お勧めショップ「SOPIVA HOKUOU」と「TRE」

写真:中島 誠子

地図を見る

北欧雑貨メッツァ店の並びに入る「SOPIVA HOKUOU(ソピバホクオウ)」は、お勧めしたいセレクトショップ。ほんものの北欧にこだわり、質の高い輸入雑貨が揃います。

中でもお勧めしたいのは、本物のトナカイの毛を使用した北欧ドール「トナカイのひげトムテ」。ニッセ同様、サンタのお手伝いをする森の妖精で、帽子で目が隠れている姿がなんとも愛おしいトムテです。

もっとクリスマスグッズを見たい方は、メッツァホールにてクリスマスマーケットへぜひ。
※クリスマスグッズは2018年12月25日までの販売です。

お勧めショップ「SOPIVA HOKUOU」と「TRE」

写真:中島 誠子

地図を見る

SOPIVA HOKUOUは、他にも、オシャレなキッチングッズ、食器、オブジェの他、ニット帽、生活雑貨など、北欧らしくセンスの良い品が勢揃いしています!カラフルなフェルトを使用したフェルトボールは、イチオシのキッチングッズ。鍋やお皿を置けば、いつもテーブルがオシャレに様変わりしますよ。

お勧めショップ「SOPIVA HOKUOU」と「TRE」

写真:中島 誠子

地図を見る

また、北欧雑貨メッツァ店の向かいにある「TRE」はトレンドに敏感なオシャレさんにお勧め。90%フィンランドもの、100%いいものを取り扱うTREは、日本初上陸。雑貨、ファッション、コスメなどフィンランドの最新デザインが楽しめるライフスタイルショップです。

ショップの代表がお勧めするのは、モダンで大胆なデザインのイヤリング、レインコート、バッグや帽子。世代を問わず訪れたいお店です。

大人気のmarimekkoやittala、ブランド食器も勢揃い!

大人気のmarimekkoやittala、ブランド食器も勢揃い!

写真:中島 誠子

地図を見る

北欧雑貨メッツァ店の商品に戻りますが、こちらでは、オシャレな北欧食器も手に入ります!

ブランドは、毎日使いに飽きの来ないシンプルでおしゃれなデザインが人気の「ittala(イッタラ)」、シンプルなものから派手なものまで、独特かつ北欧らしいデザインが特徴の「ARABIA(アラビア)」、すべて手描きで美しい高級陶磁器「Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)」という人気のラインナップ。

また、北欧好きには外せないブランド「marimekko(マリメッコ)」もあり、こちらは正規販売店です。北欧デザインの象徴とも言える大胆でカラフルなデザインが人気で、マグカップ、お皿、ミトン、バッグなどが揃います。

大人気のmarimekkoやittala、ブランド食器も勢揃い!

写真:中島 誠子

地図を見る

北欧と言えば、木製製品。「スカンジナヴィスク・ヘムスロイド」は、スカンジナビアの木工職人たちによるハンドメイドの木製アイテムを作るメーカーで、木の温もりを感じるアイテムが揃います。お手頃価格で手に入る鍋敷き、カッティングボードなどがお勧め。

また、他にもカジュアルなリサラーソンやベビー向けの食器ブランドがあり、あれもこれも目移りしてしまうほど豊富な品揃えです。

大人気のmarimekkoやittala、ブランド食器も勢揃い!

写真:中島 誠子

地図を見る

さぁ、コスメ系もご紹介していきましょう。スエーデンのコスメブランド「KLINTA(クリンタ)」のコーナーには、女子好みのいい香りに包まれるコスメがぎっしり。イチオシは、KLINTAのマッサージキャンドル。

キャンドルなのにマッサージオイルになる優れものなんです。子供でも安心して使えるオーガニック由来の菜種油とソイワックスが主成分で、伸びがよくベタつき感がありません。抜群に香りが良く、保湿と癒しの効果があるのでぜひお風呂後に。

ジュエリーやフィンランド土産定番のチョコも!

ジュエリーやフィンランド土産定番のチョコも!

写真:中島 誠子

地図を見る

女子は北欧ジュエリーも要チェックです!日本初上陸、スエーデンからやってきたジュエリーブランド「Hippstory(ヒップストーリー)」は、北欧らしさとデザイナー独特の個性あるデザインが魅力。なんと、アクセサリーには木材(スウェーデンの森林管理協議会が認可したもの)を使用しているものもあり、驚きです。ネックレスやピアスなど、自分へのプレゼントやギフトにぴったりですよ!

ジュエリーやフィンランド土産定番のチョコも!

写真:中島 誠子

地図を見る

雑貨、食器、コスメ、ジュエリーを見たら、最後はお菓子。もう、女子が大好きなものがコンプリートできちゃいますね。陳列されているのは、フィンランドの定番土産「fazer(ファッツェル)」。日本ではなかなか手に入りませんが、なんと北欧雑貨メッツァ店は、オフィシャル認定ショップ!味わい深く、虜になるチョコはぜひ食べて頂きたいチョコです。

ジュエリーやフィンランド土産定番のチョコも!

写真:中島 誠子

地図を見る

1階に移動して、北欧のライフスタイルショップ「LAAVU」へ。こちらは、北欧の食品を中心に、日用品、雑貨小物、テントサウナなどを販売するユニークなショップです。

イチオシは、「カレリアンソープストーン」というかわいいマッサージストーン。石をあたためてマッサージしたり、湯たんぽ替わりにしたり、使い方は様々。飾るだけでもかわいいアイテムです。

また、店内に「Chocolat Finland(ショコラフィンランド)」というチョコのセレクトショップが入っており、メルセデスショコラトリー、クルタスクラー、ダンメンベルグなど、知る人ぞ知るショコラティエの絶品チョコも手に入ります。

ショッピングとカフェと休憩と。

ショッピングとカフェと休憩と。

写真:中島 誠子

地図を見る

ショッピング目的に来られた方でも、お散歩は必須です。宮沢湖を望むガーデンには、ここは北欧?と錯覚を覚えるような景色が広がり、何も考えずぼ〜っと座るだけでもいい。コーヒー片手に友人と語り合うのもいい。とにかく癒される場所です。

そんな所にふと目につくのが、木の椅子。これは北欧産の無垢材にこだわったエコファーンのエコチェアで、リラックスしたい方はぜひお家にひとつ。気に入ったら、LAAVUで購入が可能です。

ショッピングとカフェと休憩と。

写真:中島 誠子

地図を見る

ショッピングに満足したら、カフェで休憩。北欧らしいインテリアに囲まれ、本場のブランド食器でお食事が楽しめる湖畔のカフェ「nordics(ノルディックス)」がお勧めです。期間ごとにブランドが入れ替わる仕組みで、最初のブランドは、デンマークの「ロイヤル コペンハーゲン(2019年2月末まで)」。(2019年2月末まで)北欧グルメの他、湖畔の風景を眺めながらのティータイムが楽しめます。

ショッピングとカフェと休憩と。

写真:中島 誠子

地図を見る

最後は埼玉土産を買って帰りましょう。マーケットホール1階の「VEGE TOWER」は、農薬・科学肥料を使わずに育てるひより農園と飯能の新鮮野菜が購入できます。

また、「Moi Saitama」は、埼玉県の名産品がぎっしり集まったショップで、女性に人気があるのは「秩父プリン」、男性に人気があるのは「地サイダー」。狭山茶や狭山茶のお菓子の他、日高のたかはしたまごのカステラやバームクーヘン、ベーカリーいずみのラスクがスタッフイチオシです。

メッツァビレッジの基本情報

住所:埼玉県飯能市宮沢327-6
営業時間:10:00〜21:00(マーケットホールは20:00まで)
アクセス:
【車】圏央道「狭山日高IC」から約12分、圏央道「青梅IC」から約30分
【バス】西武池袋線「飯能駅北口-1番乗場」、もしくはJR八高線「東飯能駅東口-2番乗場」〜「メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)」(所要時間約12分)
※東飯能駅からメッツァへの運行は土日祝日のみ
駐車場:【車】事前予約(平日1,500円、土日祝2,500円)/時間貸し【自動二輪車(オートバイ)】予約不要(有料)【自転車】予約不要(無料)

2018年12月現在の情報です。最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -