街並みは世界有数の複雑な迷路 モロッコの商業都市フェズ

| モロッコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

街並みは世界有数の複雑な迷路 モロッコの商業都市フェズ

街並みは世界有数の複雑な迷路 モロッコの商業都市フェズ

更新日:2018/11/11 17:22

アシュ 飯田のプロフィール写真 アシュ 飯田 SFC修行僧、陸マイラー

モロッコの多くの古い街は、城壁によって旧市街と新市街が、分かれているという特徴があります。商業の中心都市であるフェズも城壁で隔てられ、壁の内外で街の様子が全く異なる造りになっています。
旧市街は世界で最も複雑、と言われる迷路状のスーク(市場)が見所。同じ外観の道や家の壁、袋小路がよそ者を拒む雰囲気を漂わせています。
本記事では、そんなミステリアスな街に点在する、フェズの魅力を紹介します。

世界でも有数!複雑な迷路状の街

世界でも有数!複雑な迷路状の街

写真:アシュ 飯田

地図を見る

フェズの街は、8世紀末ごろにイスラム初の首都として興りました。当時は現在のメディナと呼ばれる旧市街のみでした。

その後、人口が増えると共に、9世紀から始まった、フェズ・エル・バリ、13世紀に建設された、フェズ・エル・ジェディドと呼ばれる新市街が次々と誕生。現在は、モロッコ第3の都市にまで発展しています。

世界でも有数!複雑な迷路状の街

写真:アシュ 飯田

地図を見る

フェズ・エル・バリとその外の地区を隔てている城壁。城壁には往来ができるよう、8つの門が設けられています。その中でも、西に建つブー・ジュルード門が正門とされており、フェズブルーの青いタイルが目を引く、とても美しい外観が多くの観光客を魅了しています。

また、この門は一つ仕掛けが。門をくぐったら振り返り、フェズ・エル・バリ側から改めて門を見てみましょう。門の裏側はエメラルドグリーンのタイルで装飾がされています。門の表側は、フェズの街を表すフェズブルー。裏側はエメラルドグリーンでイスラムの街を表現している、凝った作りになっているのです。

世界でも有数!複雑な迷路状の街

写真:アシュ 飯田

地図を見る

フェズの旧市街は、日本で例えるところの京都のイメージ。モロッコの昔ながらの風景が残っています。迷路に例えられる、複雑なスークもその一つ。歴史的価値から、旧市街全体が世界文化遺産に登録されています。

街中は土地勘がないと、方向感覚が狂ってしまうほど。夜になると明かりも少ないので、出歩きには注意が必要です。

モロッコ特産の中心・フェズ職人の工房

モロッコ特産の中心・フェズ職人の工房

写真:アシュ 飯田

地図を見る

フェズを商業の街たらしめたのは、フェズ発の多くの特産品。中でも、なめし革製品や陶磁器は、この地からモロッコ国内へ広く流通しています。写真は、狭い旧市街の中に突如現れた染色場。バスタブのような穴の中に、染料となめされた皮を入れ、ここで着色がされています。

仕上がった皮は赤、黄、青などとてもカラフル。カバンやバブーシュと呼ばれるスリッパに加工されて、お土産屋さんの店頭でよく売られています。

モロッコ特産の中心・フェズ職人の工房

写真:アシュ 飯田

地図を見る

陶磁器は主に新市街の方に工房があり、驚くことに職人さんが一つ一つ手で絵付けをしています。

工房で作られているのは、お皿やタジン鍋。絵付けの柄や模様は、予めいくつかのパターンがデザインされ、サンプルに基づいて筆で模様が描かれます。イスラム独特の模様が特徴的で、カラフルで華やかな美しさに、お財布の紐も思わず緩んでしまいます。

モロッコ特産の中心・フェズ職人の工房

写真:アシュ 飯田

地図を見る

こちらがフェズの職人さんが、丁寧に一つずつ仕上げた品。色付けしてすぐの段階は薄い色ですが、ここから焼きを入れると模様がくっきりと鮮やかに浮かび上がります。

お皿だと、大きさにもよりますが、1つあたり日本円で100円から。厚みもあり頑丈な陶器は、フェズクオリティで割れにくいのでお土産にもピッタリです。

世界最古の大学を有するモスク

世界最古の大学を有するモスク

写真:アシュ 飯田

地図を見る

フェズの街の始まりと発展に、忘れてはいけない存在があります。それは、現存する世界最古の大学と言われている、カラウィーンモスク。元々は個人的な礼拝堂として建てられましたが、859年にはこの中で宗教教育が始められました。

カラウィーンモスクは、旧市街の中でも大きな敷地を占めており、現在でもイスラム教徒の方が祈りを捧げる姿を見ることができます。ムスリムでないとモスクに入ることができない、という厳格さが、今も神聖な雰囲気を感じさせてくれます。

世界最古の大学を有するモスク

写真:アシュ 飯田

地図を見る

モスクの中については、開放されている扉の外からしか見られませんが、外側は観光客でも見学可能。アフリカ北西部のアラブ地域の中で、最も美しいと評されるモスクの外観は、コルドバ風の建築様式が採用されています。

外壁の一面一面に細かい装飾がなされ、芸術的な価値のある建築としても、目も心も奪われるスポットです。

<カラウィーンモスクの基本情報>
住所:Fes el-Bali | Qayruwan quarters, Fes 30030
電話番号:+212-601-585030
アクセス:カサブランカから電車で約4時間

街歩きで感じるフェズの歴史

ご紹介した上記のスポットを散策していると、1つ一つのポイントが線となり、フェズの歴史が浮かび上がってきます。

モロッコのイスラム初の都市として街が興り、外敵からの守備目的で迷路状の街が誕生。そして、街の中にモスクが出来上がって人が集まり、特産品を生み出してさらに発展する。そんなストーリーを感じられる、世界遺産ならではの楽しみ方がおすすめの街です。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は各種サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -