上海博物館で圧巻の中国文化を堪能しよう!

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

上海博物館で圧巻の中国文化を堪能しよう!

上海博物館で圧巻の中国文化を堪能しよう!

更新日:2018/11/13 19:03

MISAKI IIDAのプロフィール写真 MISAKI IIDA 学芸員資格

上海最大級の規模を持つ上海博物館は、北京市の故宮博物館、南京市の南京博物館と並ぶ中国三大博物館の一つ。展示エリアでは、約12万点ほどの、収蔵品を鑑賞することが出来ます。

驚くべき点は、貴重な数々の文物展示にも関わらず、入場料が無料。上海観光で立ち寄りたいスポットです。中国六千年におよぶ歴史、古代の技術、芸術を学ぶことのできる上海博物館をどうぞご堪能ください。

上海博物館はどこにある?

上海博物館はどこにある?

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

上海博物館は、上海の中心に位置する人民広場という広大な公園内に位置しています。上海市内は、観光に便利な地下鉄が張り巡らされており、上海博物館の最寄駅は人民広場駅、1号出口より徒歩5分程度の好立地。大きな博物館は市街地から離れたところにあることもありますが、ここ上海博物館は繁華街からも程近く、限られた時間の中での観光にも、ピッタリのスポットです。

上海博物館はどこにある?

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

上海では変わった形の建物が多く見られますが、上海博物館の外観もまた印象的。円形に半円2つが付いた建物は、古代中国の宇宙館を表しています。

さっそく入場しましょう!

さっそく入場しましょう!

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

綺麗な館内はまるでホテルのよう。4階全てが展示室となっており、この規模で入場無料というのは驚きです。またクロークや、ベビーカーの貸し出し、日本語のパンフレットなど、ゆっくりと鑑賞するための設備も整っているのも嬉しいポイントです。

中国文化にどっぷり浸るボリューム満点の展示

中国文化にどっぷり浸るボリューム満点の展示

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

上海博物館の展示は、世界的に評価の高い青銅器、陶磁器、書、絵画、彫刻、印章、銭弊、家具、少数民族の工芸品等幅広いコレクションを誇り、展示のボリュームはかなりのもの。機械のない数千年も昔に創り出された、細やかで華やかな装飾を施した彫刻や器を前に、中国文化の技術の高さにただただ圧倒されてしまいます。

館内の展示物は全て、フラッシュは禁止ですが写真撮影は可能ですので、素晴らしい中国文化をぜひ写真におさめてください。

中国文化にどっぷり浸るボリューム満点の展示

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

中国は56の民族からなる多民族国家。私たちが中国と聞き連想する、漢民族文化とは異なる、多種多様な文化を学ぶことが出来ます。展示品は少数民族の工芸品や衣類、祭事に使用するお面も。カラフルで美しい装飾の施された展示は、歴史や中国が大好きな方も、歴史は少し苦手という方も楽しく鑑賞することができるエリアです。

中国文化にどっぷり浸るボリューム満点の展示

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

順路の途中にある内装にも、アジアを感じられる美しい装飾が。展示室全体で、中国文化を感じることができるでしょう。

ミュージアムショップに立ち寄ろう!

ミュージアムショップに立ち寄ろう!

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

上海博物館は展示だけでなく、カフェやミュージアムショップも充実!「中国」のイメージをぎゅっと凝縮したようなデザインで、雑貨、装飾品、アパレル、展示品をモチーフとしたものや、オリジナルグッズなど目移り必須の素敵な商品ばかり。中でも「東洋の宝石」と称され、古代より中国で重宝されてきた翡翠(ひすい)を使ったアクセサリーも数多く揃っています。

ミュージアムショップに立ち寄ろう!

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

ノート類、メモ帳、レターセットなどの紙類も種類が豊富で、中国美術好きにはたまらないiPhoneケースも。老若男女問わず、楽しめるラインナップですので、ミュージアムショップにも時間をとり、じっくりショッピングしたいですね。お手頃価格で購入できるものもありますので、お土産用、自分用にお気に入りの一品を探しましょう!

上海博物館は、上海最大級の博物館にして、無料で観られることもあり、観光での繁忙期や週末は混雑が予想されます。やはり展示物は、近くでじっくり観たいものです。訪問される時期に合わせて、なるべく空いている開館直後など狙ってみてください。

上海博物館基本情報

<基本情報>
住所:上海市人民大道201号
電話:+86-021-6372-3500
開館時間:9:00〜17:00、月曜休館

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/02/04−2012/02/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -