九州の大動脈はここが終点!鹿児島市「照国神社前」交差点

九州の大動脈はここが終点!鹿児島市「照国神社前」交差点

更新日:2018/11/12 16:59

沢原 馨のプロフィール写真 沢原 馨
鹿児島市中心部の「照国神社前」交差点は、九州を南北に貫く二本の国道、国道3号と国道10号の終点。さらに国道225号と国道226号の終点でもあるのです。すぐ近くには海路で沖縄に至る国道58号の起点となる交差点もあります。少しマニアックな場所ですが、周辺には観光名所が点在し、鹿児島観光の中心と言っていいところです。九州の大動脈である二本の国道の終点、マニア気分で訪ねてみませんか。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

九州を貫く二本の国道の行き着く先

九州を貫く二本の国道の行き着く先

写真:沢原 馨

地図を見る

国道3号と国道10号は九州の大動脈。国道3号は北九州市から福岡市、八女市、熊本市などを経由して鹿児島市へ。一方の国道10号は北九州市から東へ辿り、大分市から九州東岸を南下、宮崎市、都城市を経て鹿児島市へ至ります。この二本の国道の行き着く先が、鹿児島市の「照国神社前」交差点。ここが国道3号と国道10号の終点なのです。

交差点の北東側の歩道には、二本の国道の終点であることを示すモニュメントが設置されています。その横には二本の国道のルートを描いた簡単な地図も設置されていますから、よくご存知でない方は見てみるといいでしょう。

<「照国神社前」交差点の基本情報>
住所:鹿児島県鹿児島市照国町
アクセス:カゴシマシティビュー「西郷銅像前」バス停下車徒歩約5分、市電「天文館通」電停から徒歩約8分

九州を貫く二本の国道の行き着く先

写真:沢原 馨

地図を見る

さらに、この「照国神社前」交差点、前述の二本の国道の他、国道225号と国道226号の終点でもあるのです。国道225号は枕崎市から鹿児島市、国道226号は南さつま市から鹿児島市を繋いでいます。「国道マニア」の方なら一度は訪ねてみたい、マニアでなくてもその場に立ってみたくなる交差点ですよね。

九州を貫く二本の国道の行き着く先

写真:沢原 馨

地図を見る

ちなみに国道10号は、この辺りでは「磯街道」という愛称が付けられています。市街地の北に位置する「磯」地区へ至る道だからなのですが、なかなか風雅な愛称ですね。

照国神社に参拝しておこう! 周辺にも見どころがいっぱい!

照国神社に参拝しておこう! 周辺にも見どころがいっぱい!

写真:沢原 馨

地図を見る

「照国神社前」交差点はその名の通り、島津斉彬を祀った照国神社の入口に当たるところ。すぐ西に照国神社が鎮座し、その背後の丘は有名な城山です。ぜひ照国神社に参拝しておきましょう。

照国神社に参拝しておこう! 周辺にも見どころがいっぱい!

写真:沢原 馨

地図を見る

北西の角に建つ古そうな建物は鹿児島県立博物館。もともとは昭和2年(1927年)に鹿児島県立図書館として建てられたものです。その奥には「考古資料館」という石造建築の建物が残されています。これらの建物もぜひ見学しておきましょう。

照国神社に参拝しておこう! 周辺にも見どころがいっぱい!

写真:沢原 馨

地図を見る

「照国神社前」交差点から南東側へ延びるのが国道225号(国道226号との重複区間になっています)。300mほど歩けば、「天文館」と呼ばれる繁華街の中心です。市電の電停にも近いので、観光の足を延ばすのも気軽です。

照国神社側から交差点を眺めると、大きな鳥居の中に「照国神社前」交差点や国道225号、天文館に建ち並ぶビル群が見えて、なかなか印象的な景観ですよ。

日本一長い国道58号はここが起点、「中央公民館前」

日本一長い国道58号はここが起点、「中央公民館前」

写真:沢原 馨

地図を見る

「照国神社前」交差点から「磯街道」を北へ200m行くと、「中央公民館前」交差点。この交差点は国道58号の起点です。国道58号はここから鹿児島港へ向かい、その先は海路、種子島から奄美大島を経て沖縄本島へと繋ぎ、沖縄を縦断して那覇市へ至っています。沖縄の方には馴染み深い国道でしょう。

<「中央公民館前」交差点の基本情報>
住所:鹿児島県鹿児島市城山町
アクセス:カゴシマシティビュー「西郷銅像前」バス停下車すぐ、市電「朝日通」電停から徒歩約5分

日本一長い国道58号はここが起点、「中央公民館前」

写真:沢原 馨

地図を見る

国道58号は総延長880km余り、そのうち610kmほどが海上区間です。総延長でも、海上区間の距離でも、日本一の国道なのですよ。ちなみに、国道1号の総延長が約761km、国道4号が約837km、国道9号が約784kmです。その日本一長い国道の起点が、ここ、鹿児島市の「中央公民館前」交差点というわけです。ちょっとマニア心がくすぐられますね。
(距離はすべて国土交通省「道路統計年報2017 道路の現況」による)

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「中央公民館前」交差点周辺は鹿児島観光の中心

「中央公民館前」交差点周辺は鹿児島観光の中心

写真:沢原 馨

地図を見る

「中央公民館前」交差点付近は鹿児島市の観光名所が数多く点在するところ。鹿児島市中心部の観光の際には必ず通る交差点と言ってもいいのです。

「中央公民館前」交差点の北東の角には、交差点の名が示すように鹿児島市中央公民館が建っています。昭和2年(1927年)に「鹿児島市公会堂」として建てられ、昭和24年(1949年)に改称されたものです。堂々とした建物は国の登録有形文化財。ぜひ見ておきましょう。

「中央公民館前」交差点周辺は鹿児島観光の中心

写真:沢原 馨

地図を見る

「中央公民館前」交差点の西側に建っているのは有名な「西郷隆盛銅像」。陸軍大将姿の凜々しい西郷さんです。一緒に記念写真を撮っておきましょう。道を挟んだ中央公民館の敷地の一角に記念撮影ポイントが設けられていますので、利用するといいですよ。

「中央公民館前」交差点周辺は鹿児島観光の中心

写真:沢原 馨

地図を見る

「中央公民館前」交差点から「磯街道」を400mほど北へ辿れば鶴丸城(鹿児島城)本丸跡。立派な石垣やお堀が残っています。「磯街道」の歩道は「歴史と文化の道」と名付けられ、鯉の泳ぐ水路が沿った散歩道として整備されています。のんびりと散策しながら鹿児島観光を楽しみましょう。

国道の起点終点の交差点、鹿児島観光の際に立ち寄ってみよう

国道3号と国道10号の終点である交差点や国道58号の起点となる交差点と言っても、よほどのマニアの方でなくてはわざわざ目指して訪れるような場所ではないでしょう。マニアでない方なら、鹿児島観光の際に覚えておいて、「ここがそうなのか」と立ち寄ってみるだけでも楽しいのではないでしょうか。

周辺には鹿児島の観光名所が多数点在しています。鹿児島中心部の観光の際には必ずと言っていいほど、それらの交差点を通ることになります。“国道の起点終点”ということを覚えておくと、ちょっとした旅のスパイスになるかもしれませんね。

2018年11月現在の情報です。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -