青い街に砂漠も!SNS映えするモロッコのフォトジェニックスポット

| モロッコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

青い街に砂漠も!SNS映えするモロッコのフォトジェニックスポット

青い街に砂漠も!SNS映えするモロッコのフォトジェニックスポット

更新日:2018/11/16 10:46

アシュ 飯田のプロフィール写真 アシュ 飯田 SFC修行僧、陸マイラー

ここ1,2年、SNS等でよく見かけるようになった、カラフルでフォトジェニックなモロッコの風景。ヨーロッパとアラブ両方の文化の影響を受けて、独特な街の雰囲気が生まれました。
また、ダイナミックな大地を感じられる砂漠など、モロッコ国内至る所にフォトジェニックなスポットが点在します。
本記事では、SNSを使って発信したくなる、モロッコの美しいスポットをご紹介します。

街中すべてがフォトジェニック・青の街シャウエン

街中すべてがフォトジェニック・青の街シャウエン

写真:アシュ 飯田

地図を見る

地中海沿岸によく見られる、白壁に真っ青なペイントの家々。モロッコ北部の山間の街、シャウエンは旧市街の建物の壁、道に至るまで鮮やかな青に染まっています。
一説には、虫よけのために青く塗られたのが始まり、と言われていますが、最近では観光用に塗られているようです。街の細い路地を歩いていると、真っ青なペンキで壁や床を塗っている人をよく見かけます。

街中すべてがフォトジェニック・青の街シャウエン

写真:アシュ 飯田

地図を見る

シャウエンの街の中は全て青色なので、一見どこも同じ景色に見えてしまうことも。しかし、決してそんなことはなく、街中には特徴的なスポットがいくつもあります。
その一つは、青の街に映えるお花のアーチが美しい、写真のスポット。お花を壁に掛けている家は他にもありますが、この様に木々がアーチ状になっている場所は、とてもレア。

散策する際は、街の雰囲気にマッチするように、白シャツと暖色系のスカートがおすすめです。また、シャウエンの撮影ゴールデンタイムは、夜明けから午前9時の間。他の観光客が目覚める前に、フォトジェニックスポットを独り占めしちゃいましょう。

街中すべてがフォトジェニック・青の街シャウエン

写真:アシュ 飯田

地図を見る

街の東部、スパニッシュモスクと呼ばれるモスク跡が建つ丘は、シャウエンの全景を見渡せるフォトジェニックなポイント。ここが特に美しいのがサンセットの時間です。
サンセットが、街全体を黄金色に照らす光景は、言葉にできないほどの感動。光と影のコントラストを上手く利用すると、印象に残りやすい写真が撮れますよ。

<シャウエンの基本情報>
住所:Chefchaouen, Morocco
アクセス:フェズからバスで約4時間

砂丘と空の美しいコントラスト・砂漠の風景

砂丘と空の美しいコントラスト・砂漠の風景

写真:アシュ 飯田

地図を見る

オレンジ色の砂丘、それと対照的な青い空のコントラストは、地球が生み出した最高の景色。家も草木もない、無機質な大地が広がりますが、人の手が入っていないむき出しの自然が、神秘さや自然の偉大さを感じさせてくれます。
完全な自然を写真で切り取るのもよいですが、カラフルな民族衣装を着た人物を入れると、アクセントになり、写真全体が引き締まります。

砂丘と空の美しいコントラスト・砂漠の風景

写真:アシュ 飯田

地図を見る

砂漠といえば、よく一緒のセットで見られるラクダ。写真では、何にもない砂漠の風景はのっぺりしがち。だからこそ、ラクダの存在が光ります。
モロッコの砂漠では、キャメル(ラクダのこと)ライドが、人気のツアー。ラクダに乗るとその高さは3m近くにも達します。ラクダの上で一段高い景色を撮るのもよし、砂丘をバックにラクダ自体を撮るのもよし。どちらも砂漠ならではの景色が、撮影できます。

砂丘と空の美しいコントラスト・砂漠の風景

写真:アシュ 飯田

地図を見る

昼間の砂漠の顔が表とするなら、夜は砂漠の裏の顔。50度近い灼熱の大地から、10度近くまで一気に気温が下がる環境です。
そして、満月の夜は特に幻想的な光景が撮影できる、絶好のチャンス。月明りだけで砂丘の陰影が浮かびあがる絶景に、シャッターを切る回数も多くなってしまいます。
カメラを手持ちするとブレてしまいがちなので、三脚で固定して、最高の一枚を狙いたいところです。

岩山に築かれた要塞アイト・ベン・ハッドゥ

岩山に築かれた要塞アイト・ベン・ハッドゥ

写真:アシュ 飯田

地図を見る

モロッコ南部に位置するアイト・ベン・ハッドゥは、モロッコの原住民、ベルベル人の伝統的な街。大きな岩山をくり抜いて住居にしています。元々はアフリカ大陸中央部からくる、キャラバンをチェックする、要塞兼関所としての機能がありました。
現在は観光地化されていますが、6家族が暮らしており、世界遺産にも登録されている名所です。

岩山に築かれた要塞アイト・ベン・ハッドゥ

写真:アシュ 飯田

地図を見る

記念撮影をするなら、アイト・ベン・ハッドゥの目の前で。生活用水としても使われている、広い川が流れているので、この川をバックに入れて撮るのがおすすめです。映画「グラディエーター」のロケ地として使われていた、ダイナミックな地形。下からのあおりで撮ると、人物も入れつつ、迫力ある画が撮影可能です。

岩山に築かれた要塞アイト・ベン・ハッドゥ

写真:アシュ 飯田

地図を見る

アイト・ベン・ハッドゥは、その中腹に住居があるので、観光客が登ることもできるようになっています。傾斜の厳しい階段を、約15分ほど登ると頂上に到着。頂上には要塞の名残である、物見のための建物があるだけですが、360度見渡せる最高の眺望が広がっています。
サンライズ、サンセットをこのポイントで見ることもできるので、天気がよい日は、地平線までくっきりと写真におさめることができます。

<アイト・ベン・ハッドゥの基本情報>
住所:Ait ben Haddou, Ouarzazate 45000
アクセス:フェズからバスで約7時間

どこもかしこもフォトジェニック

本文でご紹介したように、モロッコは街全体、国全体がフォトジェニックなスポットでいっぱい。カラフルな街や、日本では見慣れないダイナミックな地形など、素材がたくさん散らばっています。そのため、現地に着いてしまえば、撮影スポット探しに苦労することなく、皆の目にとまるいい写真が撮れてしまいます。
ぜひ、現地に足を運んで、自分好みの景色を写してみてください。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/20−2018/09/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -