佐賀県唐津で松林のトンネルや棚田を満喫!呼子のイカも忘れずに

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

佐賀県唐津で松林のトンネルや棚田を満喫!呼子のイカも忘れずに

佐賀県唐津で松林のトンネルや棚田を満喫!呼子のイカも忘れずに

更新日:2018/11/20 10:15

smileatrip akoのプロフィール写真 smileatrip ako トラベル・グルメライター、バックパッカー、パネットーネ愛好家

佐賀県唐津市は、毎年50万人以上の見物客が集まり14台の曳山が旧城下町を練り歩く秋のお祭り「唐津くんち」が有名です。

そんな唐津には、日本三大松原の1つである「虹の松原」や日本の棚田百選にも選ばれた「浜野浦の棚田」などの自然溢れる場所もあるんです。

そして玄界灘の海の幸を堪能したかったら、ぜひ呼子へ!港町の呼子では名物のイカ料理を味わえますよ。

松林のトンネルはドライブに最適!

松林のトンネルはドライブに最適!

写真:smileatrip ako

地図を見る

唐津湾の湾岸線に沿って続く松林は「虹の松原」と呼ばれており、松が虹のようなカーブを描いているのが特徴です。

17世紀初めに唐津藩主が防風・防潮の為に海岸線にクロマツを植林したのがはじまりとされており、現在は約100万本のクロマツが続いています。実は、国の特別名勝で日本三大松原の1つでもあります。

約4.5km続く松林がトンネルのようになっており、松林に囲まれた県道を通ると、木漏れ日に包まれながらのドライブを楽しめます。

<虹の松原の基本情報>
住所:佐賀県唐津市浜玉町浜崎
アクセス/電車:JR筑肥線「虹ノ松原駅」から徒歩すぐ
アクセス/車:長崎自動車道・多久ICから車で約40分

棚田だけでなく、遠くに広がる海も絶景!

棚田だけでなく、遠くに広がる海も絶景!

写真:smileatrip ako

地図を見る

小さな入り江に面した浜野浦地区には、山の斜面に沿って大小様々な田んぼが幾重にも連なっている「浜野浦の棚田」があります。

大小283枚もある浜野浦の棚田は1999年に農林省主催の「日本の棚田百選」に選ばれており、主に「コシヒカリ」が栽培されています。

田んぼの水張りが始まった時や田植え後など、季節や時間帯によって様々な美しい姿を楽しむことができます。

棚田だけでなく、遠くに広がる海も絶景!

写真:smileatrip ako

地図を見る

浜野浦の棚田は幾重にも連なる棚田はもちろん、棚田越しに見える海の景色も見所の1つ。近くまで行ってみると、水の透明度に驚きます。透き通っている海を眺めながら、落ち着いた雰囲気の中ゆっくり過ごすのもおすすめですよ。

<浜野浦の棚田の基本情報>
住所:佐賀県東松浦郡玄海町大字浜野浦
アクセス:JR唐津駅から車で約30分

呼子ではイカ尽くし!

呼子ではイカ尽くし!

写真:smileatrip ako

地図を見る

唐津市街地から車で30分ほどの場所に位置する「呼子(よぶこ)」は名物のイカの活き造りをはじめ、玄界灘の海の幸に恵まれた港町です。

呼子は元旦を除いて毎朝開かれる「呼子朝市」が見所です。
平日は約50店、日祝日には約70店の露店が約200mほどの朝市通りに軒を連ね、獲れたての魚介類や季節の野菜、果物などが並びます。

この呼子朝市は日本三大朝市の1つとも言われており、露店のおばちゃん達の掛け声にほっこりしたり、威勢の良いおじちゃん達とのやり取りを楽しむこともできる雰囲気があります。

呼子の名物はイカの活き造りですが、イカの一夜干しやイカプレス煎餅、イカシュウマイも人気です。

呼子ではイカ尽くし!

写真:smileatrip ako

地図を見る

ハンバーガー好きにおすすめなのが、港近くのワゴン車で販売している「イカバーガー」。

注文すると目の前で丁寧にパテを焼いてくれます。イカのゲソを練り込んだパテはふわふわしていて、お肉とは違って初めて味わう食感。サッパリ酸味のある玉ねぎソースとマッチして、とっても美味しいですよ。

<呼子朝市の基本情報>
住所:佐賀県唐津市呼子町呼子朝市通り
アクセス:JR唐津駅から徒歩約10分の大手口バスセンターからバスで約30分。呼子下車後、徒歩1分。
営業時間:7:30〜12:00(元旦を除く)

自然もグルメも満喫!

松林や棚田、海の絶景だけでなく、海の幸も堪能できる「唐津」。唐津市街地だけでなく、一足のばした唐津散策も満喫してみて下さいね!

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -