ドバイ旅行に行くべき5つの理由。治安がいいって知ってた?

| アラブ首長国連邦

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ドバイ旅行に行くべき5つの理由。治安がいいって知ってた?

ドバイ旅行に行くべき5つの理由。治安がいいって知ってた?

更新日:2018/12/19 13:05

小浜 みゆのプロフィール写真 小浜 みゆ アラサー女子旅ライター、トラベルフォトグラファー

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイは、日本人はもちろん世界中から注目されている旅行先。中東の中でも群を抜いて治安がよく、実は日本よりも安全…?!めざましい発展をつづけ、リーズナブルな旅からラグジュアリーな旅まで楽しめるので、おすすめの観光地なんです。ドバイ旅行に行くべき5つの理由をご紹介します。

1.ドバイは治安がよく、街がきれい・清潔

1.ドバイは治安がよく、街がきれい・清潔

写真:小浜 みゆ

地図を見る

中東というと、全般的に政情不安定なイメージをもっている方もいると多いと思います。でも実はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイは治安が良く、ドバイ在住日本人も「安全に過ごせる」と太鼓判を押すほど。

世界経済フォーラムの「旅行・観光競争力レポート2017」の安全部門でUAEは2位となり、なんと26位の日本よりも上位にランクインしています。とはいえ旅行中、忘れ物や置き引きなど注意は払う必要はあるので、もちろん油断は禁物です。

※渡航前に、最新の治安情報を外務省 海外安全ホームページでご確認ください

1.ドバイは治安がよく、街がきれい・清潔

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ドバイの街は清潔で快適に過ごせるので、海外旅行初心者や家族旅行、女子旅にもおすすめ。透きとおったきれいな海もあり、癒されるリゾート旅行にもぴったりです。

2.世界の最先端・発展都市を体感できる

2.世界の最先端・発展都市を体感できる

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ドバイは数多くの「世界一」があり、見どころ盛りだくさん!例えばバージュ・カリファ(ブルジュ・ハリファ) は、828mの世界一高いビル。そして2020年のドバイ国際博覧会(ドバイ万博)にむけて、さらに高い1,000mを超えるドバイ・クリーク・タワーを建設中。

1971年にUAEが建国されてから、数十年で急発展しているドバイ。現地に行くとその勢いに圧倒されながらも、すさまじいパワーをもらえます!

2.世界の最先端・発展都市を体感できる

写真:小浜 みゆ

地図を見る

日本では考えられないようなことを、実現してしまうのがドバイ。2018年に完成したドバイフレームは、ドバイの旧市街と、発展するニュー・ドバイのちょうど中心にできた黄金の超巨大な額縁です。まわりには高い建物がなく、このドバイフレームだけがそびえたつその景色は、まさに"世界でここだけ"!

<Dubai Frameの基本情報>
住所:Zabeel Park gate 4,Dubai
アクセス:Al Jafiliya駅より徒歩約17分

3.豪華なだけじゃない!リーズナブルな旅も楽しめる

3.豪華なだけじゃない!リーズナブルな旅も楽しめる

写真:小浜 みゆ

地図を見る

「ドバイ=お金がかかる」と思われがちですが、リーズナブルな旅も楽しめます。ペットボトルのミネラル・ウォーターは数十円で買えるほどの物価の安さで、庶民的なスーパーもあります。

またアラビアン雑貨やスパイスなど、ドバイのお土産が格安で買えるスーク(市場)はマスト観光スポット。ただし観光客には最初かなり高い金額を提示してくるので、強気に値切りましょう。

3.豪華なだけじゃない!リーズナブルな旅も楽しめる

写真:小浜 みゆ

地図を見る

無料で楽しめるエンターテインメント、ドバイ・ファウンテンは必見!手掛けたのはラスベガスのベラッジオの噴水ショーと同じデザイナー。噴水の長さは275mで、世界一を誇ります。

ちなみにドバイでの移動はタクシーとモノレール・メトロが中心。ドバイの面積は日本の埼玉県ほどの大きさで、観光スポットがギュっと集中しています。タクシーも日本に比べ安いので、朝夕の通勤ラッシュの時間帯を除いて賢く使いましょう。

<ドバイ・ファウンテンの基本情報>
アクセス:Burj Khalifa/Dubai Mall駅より徒歩約15分
(ドバイモールに隣接)

4.日本では経験できない砂漠・自然に出会える

4.日本では経験できない砂漠・自然に出会える

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ドバイ観光で目玉となるのが、砂漠ツアー。日本では経験できないスケールの砂漠は、もはや感動もの…!ツアーによってはラクダ乗りの体験もできます。

ドバイのベストシーズンは気温が落ち着く10月〜3月で、砂漠ツアーに参加するのもこの時期が最適です。4月〜9月は暑さが厳しい反面、旅費が安くなる時期でもあるので、ホテル滞在を楽しむ旅行がおすすめ。

4.日本では経験できない砂漠・自然に出会える

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ドバイは乾燥地帯ですが、実は湿地もあります。ラムサール条約の指定土地として保護されているラス・アル・ホール野生生物保護区は、野生動物が集まる特別な場所。11月〜3月にはアフリカからやってくるピンクの野生フラミンゴを見ることができます。運が良ければ、数千羽のフラミンゴと出会えることも…!

<Ras Al Khor Wildlife Sanctuaryの基本情報>
アクセス:中心地より車で約15分

5.中東・アジア・欧米…世界各国の食を味わえる

5.中東・アジア・欧米…世界各国の食を味わえる

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ヨーロッパとアジアの中心に位置し、貿易のハブとしてたくさんの人や物が集まっているドバイ。人口の9割が外国人ということもあり、ドバイのグルメだけでなく世界各国の食事を楽しめます。

5.中東・アジア・欧米…世界各国の食を味わえる

写真:小浜 みゆ

地図を見る

なかなか行くことができない国の料理を味わうのも、ドバイの歩き方。レバノン料理を味わえるレストラン「アブデル・ワハブ」は予約がとりづらい人気店です。フムスやアブデル・ワハブ特製のミックスグリルを、レバノンワインと一緒に味わってくださいね。

<Abd El Wahabの基本情報>
場所:スーク・アル・バハール 3階

いま訪れたい海外旅行先、ドバイに行こう

めざましく発展し続けているドバイは、まさにいま訪れたい旅行先。治安がよく、リーズナブルからラグジュアリーまでさまざまなスタイルの滞在が楽しめる観光都市です。

ただし治安は良いのですが、メトロに乗る際に居眠り禁止や飲食禁止など日本より厳しいルールがあるので、現地ではマナーをしっかり守りましょう。

ドバイ国際空港へはエミレーツ航空が成田・羽田・関西から毎日直行便を運行中。深夜便を利用すれば、2泊4日(機内泊含む)でも旅行可能。時差は5時間で、深夜発早朝着なら身体の負担が少なく観光をスタートできます。

次の海外旅行はパワーあふれるドバイで"圧倒的な発展都市"を、体験しに行ってみてはいかがでしょうか?

取材協力:ドバイ政府観光・商務局、フェアモント ザ パーム、アラビアン・アドベンチャー

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -