兼六園の紅葉ライトアップは入園無料!金沢城公園も同時開催

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

兼六園の紅葉ライトアップは入園無料!金沢城公園も同時開催

兼六園の紅葉ライトアップは入園無料!金沢城公園も同時開催

更新日:2018/11/14 15:03

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

兼六園の紅葉は、石川県を代表する名所。見頃時期にはライトアップも実施されますが、夜間は入園無料。隣接する金沢城公園でも、紅葉ライトアップと無料開放が同時開催され、一度に両方楽しめます!
兼六園の紅葉は人気なので、ライトアップも混雑必至。先に金沢城公園を見てから、後でゆっくりと兼六園を楽しむのがおすすめ。閉園直前には、シンボルの「徽軫灯篭」(ことじとうろう)付近も空いて来ます!

兼六園の紅葉ライトアップ前に金沢城公園へ!

兼六園の紅葉ライトアップ前に金沢城公園へ!

写真:藤田 聡

地図を見る

兼六園の紅葉は、金沢市はもちろん石川県を代表する名所。見頃時期には17時に一旦閉園し、17時30分から紅葉ライトアップが実施されますが、その時間帯は入園無料です!

「金沢城・兼六園四季物語 秋の段」として、隣接する金沢城公園でも紅葉ライトアップと無料開放が同時開催。混雑を避ける為にも先に金沢城、後で兼六園を見るのがおすすめです!

兼六園に一番近い、石川門口から金沢城に入園すると三の丸広場があります。右側に実質的な正門「河北門」、左側に金沢城公園のシンボル「菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓」のライトアップを一望出来ます。

金沢城公園の本丸紅葉ライトアップ!

金沢城公園の本丸紅葉ライトアップ!

写真:藤田 聡

地図を見る

金沢城公園の紅葉は本丸に多いのですが、建築物は復元されておらず石垣のみ。紅葉ライトアップも、照明が当たっている木と照明が無い木があります。本丸の紅葉見頃時期はかなり遅いので、見頃前に行った場合は、さらに奥の玉泉院丸庭園へ行きましょう!

玉泉院丸庭園の紅葉ライトアップも必見!

玉泉院丸庭園の紅葉ライトアップも必見!

写真:藤田 聡

地図を見る

玉泉院丸庭園は、兼六園から離れた奥まった場所にありますが、紅葉ライトアップの3大メイン会場の一つに数えられているので必見です!近年復元された庭園ですが、背後に金沢城の石垣群を一望する景観は見応え抜群。それが紅葉に彩られライトアップされるのですから、知らずに行けば大感激間違いありません!

紅葉ライトアップ時期の北陸は、夜間には冷え込みますが、休憩所「玉泉庵」の窓から眺めることも可能。最寄りの玉泉院丸口には、週末のみ運行される「金沢ライトアップバス」も発着します!

兼六園の紅葉ライトアップは霞ヶ池西側がおすすめ!

兼六園の紅葉ライトアップは霞ヶ池西側がおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

金沢城公園の紅葉ライトアップの後は、いよいよ兼六園に向かいます。園内は広大ですが、夜間開園時にはクローズされているエリアもあり、中央の「霞ヶ池」付近がメイン会場になります。

冬を前にした兼六園の名物「雪吊り」と、紅葉ライトアップのコラボを楽しめるのが霞ヶ池の西側。無風時には、紅葉が霞ヶ池の水面に映り込み一層絶景です!

兼六園のシンボル徽軫灯篭も紅葉とコラボ!

兼六園のシンボル徽軫灯篭も紅葉とコラボ!

写真:藤田 聡

地図を見る

兼六園の紅葉ライトアップは人気が高く、シンボルの「徽軫灯篭」(ことじとうろう)付近は混雑必至。さらに北側全域が混雑するので、夜間開園時は徽軫灯篭から比較的遠い蓮池門口(茶屋通り側)、真弓坂口、小立野口のみ利用可能です。

先に金沢城公園を玉泉院丸庭園まで見れば、そこから一番近い入口は真弓坂口。そして霞ヶ池周辺の紅葉を丁寧に鑑賞すれば、あっという間に閉園時間も目前。この時間帯には、流石の徽軫灯篭付近も閑散として、余裕で写真撮影出来ます。なお兼六園周辺に多数ある茶屋も閉店し始めるので、最後に飲食して温まりたい場合は、早めに茶屋へ向かいましょう!

紅葉名所・兼六園の基本情報

住所:石川県金沢市丸の内1番1号
電話番号:076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
例年の紅葉見頃時期:(色づき始め)11月上旬、(最盛期)11月下旬〜12月上旬
紅葉ライトアップ:2018年11月9日(金)〜12月1日(土)17:30〜21:00(入園は20:45まで・荒天等により中止・変更の場合あり)
アクセス:JR北陸新幹線金沢駅兼六園口から兼六園方面行きバス約20分、兼六園下・金沢城下車すぐ

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -