きらきらうえつ号で新潟〜山形縦断!日本海いいところ取りの旅

| 山形県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

きらきらうえつ号で新潟〜山形縦断!日本海いいところ取りの旅

きらきらうえつ号で新潟〜山形縦断!日本海いいところ取りの旅

更新日:2018/11/22 10:12

河合 理恵のプロフィール写真 河合 理恵 絶景フォトグラファー、トラベルインスタグラマー、旅行ブロガー

移動しながら景色や観光も楽しめることで、近年人気が高まってきている観光列車。全国各地で観光列車が増えていますよね。今回は、新潟から山形をつなぐ観光列車「きらきらうえつ号」に乗って巡る、新潟・山形のおいしいものと絶景を楽しむ旅をご紹介します。

新潟県村上グルメと言えば鮭!「きっかわ」の千年鮭

新潟県村上グルメと言えば鮭!「きっかわ」の千年鮭

写真:河合 理恵

地図を見る

旅のスタートは、新潟県村上市から。村上といえば、なんといっても鮭。古くは平安時代から、手作り・無添加の伝統的な鮭づくりがされています。「千年鮭 きっかわ」の土間に所狭しと吊り下げられた鮭は圧巻。一般客が見学できるスペースだけでも、約1,000匹もの鮭が吊り下げられています。

新潟県村上グルメと言えば鮭!「きっかわ」の千年鮭

写真:河合 理恵

地図を見る

そんなきっかわの鮭を気軽に食べられるのが、徒歩2分の場所にある村上初の鮭料理専門店「千年鮭 井筒屋」。松尾芭蕉と弟子の曾良が「おくのほそ道」の道中で二泊した宿としても知られ、国の有形文化財に​指定されています。

新潟県村上グルメと言えば鮭!「きっかわ」の千年鮭

写真:河合 理恵

地図を見る

そんな井筒屋でぜひ食べてほしい料理が、「鮭料理 十三品」…3,900円。絶品の鮭の酒びたしをはじめ、鮭手まり寿司、酒びたしの皮 おどり焼き、鮭の焼漬、はらこの味噌漬、鮭のかぶと煮、鮭の生ハム、鮭の白子煮、鮭昆布巻、鮭の飯寿司(いずし)、鮭のきそ、鮭の中骨煮、塩引鮭と、村上の鮭の魅力を堪能できるメニューです。

<基本情報>
住所:新潟県村上市小町1-12
電話番号:0254-53-7700
アクセス:JR村上駅より、新潟交通観光バス「安良町」バス停下車、徒歩5分

車窓には日本海!観光列車「きらきらうえつ号」

車窓には日本海!観光列車「きらきらうえつ号」

写真:河合 理恵

地図を見る

新潟から山形への移動におすすめなのが、「きらきらうえつ号」。2001年11月から、白新線新潟駅から羽越本線酒田駅間で定期運行を行っている観光列車です。

車窓には日本海!観光列車「きらきらうえつ号」

写真:河合 理恵

地図を見る

「きらきらうえつ号」はカラフルでかわいらしいデザイン。4両編成で、2号車には「きらきらラウンジ」があります。

車窓には日本海!観光列車「きらきらうえつ号」

写真:河合 理恵

地図を見る

2号車には、気軽に楽しめるペットボトルの村上茶や沿線の地酒、乗務員が考案した「きらきら弁当」などが売られている売店があります。売店で購入をした人限定で、2号車にある「きらきらラウンジ」を利用することができます。
きらきらうえつ号は日本海沿いを走る区間もあり、夏は涼し気な青い海を、冬は荒々しく迫力のある海を眺めながらのんびりと過ごすことができます。

日本海の大パノラマ!歴史ある温泉宿「亀や」

日本海の大パノラマ!歴史ある温泉宿「亀や」

写真:河合 理恵

地図を見る

きらきらうえつ号で鶴岡まで移動したら、宿泊におすすめなのが「湯野浜温泉 亀や」。創業文化十年の歴史ある温泉宿で、皇室の方も利用された老舗旅館です。

日本海の大パノラマ!歴史ある温泉宿「亀や」

写真:河合 理恵

地図を見る

庄内エリアは、特Aランクの銘柄米"つや姫"や、庄内浜の岩牡蠣や口細鰈など極上の魚介、平田牧場の豚肉や山形牛など、食材の宝庫として近年注目を集めています。そんな地元で採れた旬の食材を、丁寧な手仕事で仕立てられた美食に思わずほほが緩みます。

日本海の大パノラマ!歴史ある温泉宿「亀や」

写真:河合 理恵

地図を見る

亀やの女性用大浴場は、「天女の湯」と「羽衣の湯」の2箇所に分かれる珍しいつくりになっています。趣きの異なる2つの大浴場を楽しめるので、お得な気分になれるはず。羽衣の湯の露天風呂からは、日本海も望めます。

<基本情報>
住所:山形県鶴岡市湯野浜1-5-50
電話番号:0235-75-2301
アクセス:鶴岡駅からバス40分・タクシー25分。庄内空港からタクシーで約10分

松ケ岡開墾記念館で鶴岡シルクをお土産に

松ケ岡開墾記念館で鶴岡シルクをお土産に

写真:河合 理恵

地図を見る

鶴岡エリアで訪れてほしいのが、山形県鶴岡市にある「松ケ岡開墾記念館」。明治8年創建の旧蚕室を、記念館として公開しています。

松ケ岡開墾記念館で鶴岡シルクをお土産に

写真:河合 理恵

地図を見る

二番蚕室では、鶴岡シルクの雑貨が販売されています。実は、山形県鶴岡市は日本有数のシルクの産地。こちらに並ぶ「kibiso」は、シルクを作る際に出る「きびそ」と呼ばれる部分の糸を使って作られる、エコでナチュラルな絹製品です。
例えばこちらのカラフルなストールは、きびそならではの軽く立体感を生かした、カラフルなあんパンがかわいらしい一品です。

松ケ岡開墾記念館で鶴岡シルクをお土産に

写真:河合 理恵

地図を見る

ぜひ見逃さないでほしいのが、こちらのシュシュ。実は、きびそには近年注目されている美容成分がたっぷりと含まれているので、髪をまとめながら美髪を目指せるとひそかな話題になっているのです。他にもネックストラップなど、男女問わずに使えるアイテムも多数ありますよ。

<基本情報>
住所:山形県鶴岡市羽黒町松ケ岡松ケ岡25
電話番号:0235-62-3985
アクセス:鶴岡駅より車で20分
料金:一般:450円、学生:350円、小中生:150円
※1番蚕室の開墾記念館は現在改修工事のため来年3月まで閉鎖予定
kibisoショップは月曜日定休、雪のため12月25日から来年3月末頃まで休み

酒田といえばここ!雰囲気たっぷりの「山居倉庫」と絶景夕陽スポット「日和山公園」

酒田といえばここ!雰囲気たっぷりの「山居倉庫」と絶景夕陽スポット「日和山公園」

写真:河合 理恵

地図を見る

米どころ庄内のシンボルといえば、なんといっても山居倉庫。明治26年に旧藩主酒井家によって建てられた米保管倉庫で、現在はその一部が観光物産館や歴史資料館になっています。裏手にある欅並木がとても美しく、ロケ地としても有名です。

酒田といえばここ!雰囲気たっぷりの「山居倉庫」と絶景夕陽スポット「日和山公園」

写真:河合 理恵

地図を見る

酒田の絶景夕陽スポット「日和山公園」もぜひ訪れてほしいスポットのひとつ。日本最古級の「木造六角灯台」がレトロな雰囲気を漂わせています。公園のそばには、映画「おくりびと」で使われた建物もあります。

<基本情報>
住所:山形県酒田市南新町1-10
アクセス:酒田駅より庄内交通バス5分、寿町下車、徒歩5分

酒田といえばここ!雰囲気たっぷりの「山居倉庫」と絶景夕陽スポット「日和山公園」

写真:河合 理恵

地図を見る

山居倉庫は、日没後のライトアップも美しいですよ。酒田屈指の撮影スポットをぜひ訪れてくださいね。

<基本情報>
住所:山形県酒田市山居町1-1-8
電話番号:0234-24-2233
アクセス:酒田駅より庄内交通バス10分、山居倉庫前下車徒歩すぐ

きらきらうえつ号でのんびり日本海沿いを巡ろう

きらきらうえつ号が運行する路線沿線には、他にも美食や絶景が多数あります。ぜひ電車でのんびりと移動しながら、日本海の恵みを堪能してみてくださいね。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:きらきら羽越観光圏

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/18−2018/10/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -