地上300メートルの空に溶け込む あべのハルカス300(展望台)

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

地上300メートルの空に溶け込む あべのハルカス300(展望台)

地上300メートルの空に溶け込む あべのハルカス300(展望台)

更新日:2014/03/28 14:04

SHIZUKOのプロフィール写真 SHIZUKO 舞台演出者

今までは通過点だった『あべの』が『ハルカス』のおかげで目的地になりました。4年の歳月をかけて大阪・天王寺に誕生した『あべのハルカス』。日本一背の高いビルは地上60階地下5階建てで、その高さは300メートル。タワー棟とウイング棟の2棟からなり、ウイング棟1階に近畿日本鉄道(近鉄)南大阪線の起点駅の大阪阿部野橋駅があります。お出かけ前に展望台へ登って、行く場所をチェック! なんてのも楽しいですよ。

58階から60階までの吹き抜け展望台

58階から60階までの吹き抜け展望台

写真:SHIZUKO

地図を見る

地上300メートルの展望台『ハルカス300』の自慢は、高さはもちろんですが、なんといっても抜群の開放感。58階から60階までの吹き抜けになっていて、総ガラス張りですから、本当に空の中に自分が溶け込んでいるような新鮮な感覚になれるんです。まさに360度の空と街を『見はるかす』ことのできる場所。こんな体験が出来るのは、今の日本のビルではここだけです。

ハルカス300のおすすめ時間帯は?

ハルカス300のおすすめ時間帯は?

写真:SHIZUKO

地図を見る

60階に到着してエレベーターのドアが開くと、ほとんどの人が「ワー、すごい!」と歓声を上げています。ドアが開いた瞬間から、広々とした景色が目に飛び込んできますから、さもありなんです。

とにかく地上300メートルから見下ろす360度の眺望ですから、誰だってワクワクします。でも、その楽しみをより一層素敵なものにするには、日の入り30分前くらいに展望台へ行くことをお勧めします。

大阪湾に沈む夕日に続いて、たそがれ時の街に徐々に灯が見え始め、やがて夜景へと変わっていきます。陽が沈むまでは霞んで見えなかった遠くの街も、明かりが点ると見え始めます。刻々と変わりゆく風景はとってもロマンチック。絶対的なおすすめ時間です。

ハルカス300でだけ食べられるものは?

ハルカス300でだけ食べられるものは?

写真:SHIZUKO

地図を見る

完全に夜景になるまでには少し時間がかかります。そんな時にお勧めなのは、58階にある『カフェダイニングバーSKY GARDEN 300』。

吹き抜けの58階から60階は行き来自由ですから、エスカレーターで降りていきましょう。『カフェダイニングバーSKY GARDEN 300』は、地産池消にこだわった、夜にはワインやカクテルなども楽しめるカフェダイニングです。このお店には、ここでしか食べられないものがあります。

ご紹介しましょう! それは『パインアメソフトクリーム』。パイン色のアイスクリームに砕いた『パインアメ』がトッピングされているのです。実は、広く愛されている『パインアメ』の製造会社は天王寺にあり、今回、地上300メートルの高所でのコラボが実現したのです。

また、ハルカスの高さにちなんだ300ミリメートルの長―いソーセージを使った『プカドッグ』もお勧めです。

16階から60階まで、何秒かかるかな?

16階から60階まで、何秒かかるかな?

写真:SHIZUKO

地図を見る

『ハルカス300』には、16階からの直通エレベーターでアプローチします。16階から60階ですから、44階分の高さを一気に移動することになりますが、これがびっくりするほどの速さ。なんと約50秒で到着してしまいます。驚きの速さですね。

この短い間も、エレベーター内には客を飽きさせない演出が施されていて、まるで宇宙へでも飛び出していきそうなイメージにますます期待が膨らみます。また、エレベーターを待っている間も、スタッフの方がアミューズメントパーク張りのトークでハルカスのことを色々語ってくれます。待ち時間って退屈ですが、こうしたおもてなしの演出で楽しい時間を過ごすことが出来ます。

58階のウッドデッキの夜のお楽しみは?

58階のウッドデッキの夜のお楽しみは?

写真:SHIZUKO

地図を見る

『天空庭園』と名付けられた58階はウッドデッキが優しい、気持ちのいい空間です。見上げれば空!天井がないオープンスペース。この場所は、いろんなイベントが開催できる場所と想定されていますが、昼間は子どもたちが自由に走り回っている開放的な空間。

そして、この床を使って夜だけの特別イベントがあります。
『HARUKAS300 光と音のShow』。4分間のショーですが、周りが暗くなると、ガラス張りの展望台全体が見えないので、本当に空にひとり立っているような感覚になりますから、ぜひぜひ、体験してみて下さいね。

おわりに

大阪の古くて新しい人気エリアに『あべの』がなってくれたらいいなと地元の人間は願っています。展望台は行く価値十分。あの開放感は絶対に他では味わえないので、多くの人に楽しんでいただきたいと思います。

展望台以外にも、天王寺・あべの地区は『四天王寺』に代表される寺町であり、歴史ある街並みも残っていますから、ぜひ、ゆっくりとお楽しみいただきたいと思います。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ