コース数が多いスキー場ランキング!ベスト5

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

コース数が多いスキー場ランキング!ベスト5

コース数が多いスキー場ランキング!ベスト5

更新日:2018/11/26 13:10

矢藤 りりかのプロフィール写真 矢藤 りりか ブロガー

ある程度滑れるようになると、同じコースを何回も滑るよりも色々なコースを滑りたくなるのがスキーやスノーボード。

丸1日かかっても数日かかっても滑り倒したいスキー場にそろそろ行きたいあなたへ、今回は日本全国のスキー場から、コース数が多いスキー場をランキング形式でご紹介します。

コース数が多いスキー場ほどホテル施設も充実しているので、若者も子供連れのファミリーにも便利なスキー場です!

第1位:長野県「志賀高原スキー場」79コース

第1位:長野県「志賀高原スキー場」79コース

写真:矢藤 りりか

地図を見る

第1位は、長野県「志賀高原スキー場」です。

志賀高原は大小18のスキー場の集合体で、敷地面積は425ヘクタールを誇る、日本最大のスキー場です。全18スキー場が共通リフト券で全て滑れるため、単体スキー場として数えられています。

各スキー場間はスキーで滑り込んでいけるほか、「スキーシャトルバス」でも結ばれ、スキー板・スノーボードを抱えて自由に乗り降りすることが可能。ゴンドラが混んでいる時や運休している時などの移動手段として大変便利です。リフト券に「スキーシャトルバス」の代金が含まれているため、気楽に利用しましょう。

79コースを制覇するには、上級者でも2日間は必要となるので、ぜひここは泊りがけで挑みたいスキー場です。

<基本情報>
住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏7148・7149
電話番号:0269-34-2301
スキー営業期間:2018年12月22日(予定)〜2019年5月6日(予定)
リフト運行時間:8:30〜16:30(ナイター18:00〜21:00 期間・日没時間により変動あり)
アクセス: 信州中野I.Cより車で40分

第1位:長野県「志賀高原スキー場」79コース

写真:矢藤 りりか

地図を見る

志賀高原を源とする横湯川の渓谷には「地獄谷野猿公苑」がありニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所です。温泉に入るサルは、海外のメディアが撮影にくるほど世界に名が知られています。スキーついでに立ち寄るのも楽しいでしょう。

第2位:北海道「ルスツリゾート」37コース

第2位:北海道「ルスツリゾート」37コース

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/地図を見る

第2位は、北海道「ルスツリゾート」です。

3つの山からなる全37コースの滑走距離は42kmという、北海道最大級のスキー場。ゴンドラリフトの輸送力も毎時約31,000人、ストレスフリーでいつでも快適に滑りたいコースに飛び出せます。

海に近いスキー場は水分が多くベタついた雪質ですが、ルスツは山間にあるため、空気95%、水分わずか5%のふかふかで至福のパウダースノーと呼び名が高い上、コース数の多さと豊富なバリエーション、全く飽きがきません!

ファミリーに適した初級コースから、超上級者も注目する未圧雪コースまでゲレンデの整備が抜群!世界からも評価が高く、ランキングに名が載るのもうなずけるスキー場です。

1年を通して、遊園地、スキー場、ゴルフ場、テニスコートなどのアミューズメント施設が充実しているため、ホテルのスケールも広大。カップルやファミリーまで評価の高さを誇る施設です。

<基本情報>
住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13
電話番号:0136-46-3331
スキー営業期間:2018年11月23日(予定)〜2019年4月7日(予定)
リフト運行時間:9:00〜16:00(ナイター16:00〜20:00 期間・日没時間により変動あり)
アクセス: 新千歳空港より車で約1時間30分

第2位:北海道「ルスツリゾート」37コース

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/地図を見る

ルスツリゾートの宿泊施設といえば、ルスツリゾートホテル&コンベンション。ホテル施設内の移動にモノレールがあるほど広大な敷地です。館内にはレストランも数多く、充実したエンターテインメントがあります。北国の冬の空に光り輝くプロジェクションマッピング、約25万球のイルミネーションがホテル外の広場で煌き、魅惑的な夜の散歩も楽しめます。

第3位:長野県「野沢温泉スキー場」36コース

第3位:長野県「野沢温泉スキー場」36コース

提供元:野沢温泉観光協会

http://nozawakanko.jp/地図を見る

第3位は、長野県「野沢温泉スキー場」です。

大正12年に野沢温泉スキー倶楽部が創立された非常に歴史が古いスキー場の一つで、冬季オリンピック代表選手を数多く生み出しています。日本スキー博物館もここにあります。シーズン最高積雪量が5m、1日の積雪量が1m越えで申し分ないパウダースノーが待っています。

やまびこコース→上の平コース→パラダイスコース→ビギナー林間コース→日影コースと5コース続けて滑ると、10kmにもなり「日本最長距離」です。

山頂には快適な中斜面と緩やかな初心者コース、山麓にも初心者ゲレンデ。中腹から麓へ降りるコースは、初級者コースと上級者コースが平行して整備されている嬉しいレイアウト。また上級者コースは非圧雪のため、超上級者になるための訓練にも最適でしょう。

<基本情報>
住所:長野県下高井郡野沢温泉村豊郷7653
電話番号:0269-85-3166
スキー営業期間:2018年11月末(予定)〜2019年5月6日(予定)
リフト運行時間:8:30〜16:30(ナイター16:30〜20:00 期間・日没時間により変動あり )
アクセス: 豊田飯山ICより車で30分

第3位:長野県「野沢温泉スキー場」36コース

提供元:野沢温泉観光協会

http://nozawakanko.jp/地図を見る

「ミシュラン・グリーンガイド ジャポン」で、温泉地として長野県で唯一「2つ星」として掲載された野沢温泉。街は温泉らしい硫黄泉の香りが漂い、お土産屋も沢山あり、アフタースキーでぶらつくのも楽しい温泉街。

温泉街の真ん中にそびえ立つ湯屋建築の大湯を始めとした、天然温泉100%かけ流しの外湯が13箇所あります。

第4位:北海道「ニセコグラン・ヒラフ」30コース

第4位:北海道「ニセコグラン・ヒラフ」30コース

写真:矢藤 りりか

地図を見る

第4位は、北海道「ニセコグラン・ヒラフ」です。

オーストラリア・ニュージーランドのスキーヤーがこぞって訪れるのがニセコ。在住オーストラリア人がニセコ通信を発信し世界に名が知られ、長期間スキーができる素晴らしい雪質をもった聖地として有名になりました。

ニセコ グラン・ヒラフは、標高が1,000mもないスキー場ですが、最高のパウダースノーが積もってるので滑っているとフワッとした浮遊感が感じられ、コースを何度も滑るたびに気持ちいいのです。晴れている日は蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山を望みながら滑り降りることができる爽快感が魅力!

山頂付近からの非圧雪斜面。斜度変化が楽しい圧雪斜面。コース脇のツリーラン。多彩なコースバリエーションが楽しめます。

<基本情報>
住所:北海道虻田郡倶知安町字山田204
電話番号:0136-22-0109
スキー営業期間:2018年11月23日(予定)〜2019年5月6日(予定)
リフト運行時間:8:30〜16:30(ナイター16:30〜20:30 期間・日没時間により変動あり)
アクセス: 札幌から国道230号線 約2時間40分

第4位:北海道「ニセコグラン・ヒラフ」30コース

写真:矢藤 りりか

地図を見る

ニセコはスキー場の麓でありながら吹雪いても外歩きが楽しめるように、道路も綺麗に整えられていることに驚くでしょう。麓にはホテル、ペンションの数が最も多く、居酒屋、カフェ、バー等も多数あるためアフタースキーは皆、こぞって街に集まります。

温泉でゆっくりは、あとあと!朝から晩まで楽しむのがニセコ流。氷でできたアイスバーが毎年出現して、「寒い中、冷たいものを飲む」という邪道な遊びもまた楽しいものです。

第5位:北海道「ニセコビレッジスキーリゾート」27コース

第5位:北海道「ニセコビレッジスキーリゾート」27コース

写真:矢藤 りりか

地図を見る

第5位も北海道!「ニセコビレッジスキーリゾート」です。

ニセコグラン・ヒラフのお隣ですが、少しずれただけで違う雰囲気のスキー場です。縦長のレイアウトのコースで滑走距離が5kmと長いのが特徴。

初級者コースが多くファミリー向けと思われがちですが、山頂から麓まで真っ直ぐと上級者コースが続いてダイナミックな滑りを楽しめます。

山頂リフトから上はニセコアンヌプリの頂点です。しかしここは立ち入り禁止です。スキーを担いで登る人がちらほら見えるでしょう。実は海外スキーヤーが登ることが多く問題になっています。雪崩の危険があるので絶対付いていかないように!

<基本情報>
住所:北海道虻田郡ニセコ町東山温泉
電話番号:0136-44-2211
スキー営業期間:2018年11月23日(予定)〜2019年5月6日(予定)
リフト運行時間:8:30〜16:30(期間・日没時間により変動あり)
アクセス: 札幌から車で約2時間40分

第5位:北海道「ニセコビレッジスキーリゾート」27コース

提供元:PRtimes

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000025…地図を見る

ニセコビレッジスキーリゾートからほど近い場所にある「高橋牧場 ニセコミルク工房」はニセコ橋牧場直営のスイーツ工房で、シュークリームやアイスクリームが絶品!

自然な製品づくりのため、添加物を極力避け、安全な美味しさを追求している高橋牧場。せっかく乳製品が有名な北海道に来たのだから食べて帰りたいですね。

スキー三昧した後は、温泉や観光もエンジョイ!

コース数が多いスキー場には比例して観光も宿泊施設も充実しています。温泉や、イルミネーション、カフェや居酒屋。アフタースキーはぶらぶら歩きに楽しい街ばかり。みんなで楽しくスキーを滑り、居酒屋やカフェで笑い転げ素晴らしいスキー旅行を過ごしましょう!

※2018年11月現在の情報です。雪不足のため、オープンが延期しているスキー場があります。また、気象状況により営業終了期間も変更される可能性があります。公式サイトなどで最新情報を必ずご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/31−2018/01/03 訪問

- PR -

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -