しばれる〜北海道冬の女子旅!雪と氷のイベントの楽しみ方5選

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

しばれる〜北海道冬の女子旅!雪と氷のイベントの楽しみ方5選

しばれる〜北海道冬の女子旅!雪と氷のイベントの楽しみ方5選

更新日:2018/11/27 09:52

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

「北海道をもっと知りたい」と思っている方!夏の北海道旅行で雄大な自然を満喫した後は、冬の北海道で、もう一つの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

夏は爽やかな気候で過ごしやすい北海道、冬は雪に覆われ閉じこもりになりがちです。凍てつく冬の北海道を盛り上げようと、各地で雪と氷の魅力を表現した手造りの冬のイベントが開催されます。北海道内5箇所で開催される「雪と氷のイベント」をご紹介します。

しばれる寒さ!「層雲峡温泉氷瀑まつり」

しばれる寒さ!「層雲峡温泉氷瀑まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「層雲峡温泉氷瀑まつり」は、層雲峡温泉街の石狩川河川敷、約1万平方メートルに大小30基の氷像が造られ、厳寒の冬を楽しみに変えようと毎年1月末〜3月中旬までロングランで開催される、層雲峡の冬の一大イベントです。

マイナス気温の日に、石狩川の水をポンプでくみ上げて、あらかじめ組み立てた骨組みにスプリンクラーで掛けて凍らせ、氷像を造ります。
2018年は「北海道150年」がテーマ。北海道庁や時計台などの氷像がメインの会場です。

しばれる寒さ!「層雲峡温泉氷瀑まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

右は「チューブ滑り台」。売店でタイヤチューブの貸し出しが行われていて、大人も子供も楽しめます。
左はJTB氷瀑神社、氷で造られた祭壇をお参りしてみましょう。その他にも、「北の氷酒場」や「アイスクライミング」などがあります。

しばれる寒さ!「層雲峡温泉氷瀑まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

写真の「展望台」は、高さ13メートル。氷瀑まつりで一番高い氷像です。展望台の中に設置されている階段を登って、頂上から七色にライトアップされた氷瀑まつり会場を一望してみましょう。

<層雲峡温泉氷瀑まつりの基本情報>
開催期間:2019年1月25日(金)〜3月17日(日)
開催時間:10時〜22時
料金:協力金として300円
打上花火:毎日20時30分〜
主催:第44回層雲峡温泉氷瀑まつり実行委員会
お問合せ:01658-2-1811/ 層雲峡観光教会

ギネスに登録の大雪像も!「旭川冬まつり」

ギネスに登録の大雪像も!「旭川冬まつり」

提供元:旭川市

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/1400/photo/地図を見る

旭川冬まつりのメイン会場は「旭橋湖畔会場」と「平和通り買い物公園」です。写真は「世界最大の雪の建設物」として、ギネス記録に認定された事もある巨大雪像。雪像がステージになっていて、夜のライトアップが美しく魅了されます。

ギネスに登録の大雪像も!「旭川冬まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

巨大雪像の東側は、子供達に大人気の全長100メートルの「氷のロングスライダー」。お米の空袋にロープを付けて、それをお尻に引いて滑ります。
子供達が手造りの雪だるまや、中位の雪像のコンテスト、夜の花火大会なども旭橋湖畔会場の魅力です。
「冬マルシェ」も同時開催。北海道を代表する温かい食べ物が提供されています。

<旭川冬まつりの基本情報>
場所:北海道旭川市 旭橋河畔
開催期間:2019年2月6日(水)〜2月11日(月)
開催時間:9時〜21時
アクセス:JR旭川駅からタクシーで約10分

ギネスに登録の大雪像も!「旭川冬まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

旭川冬まつりの、もう一つの会場「平和通買物公園」では、氷彫刻の世界大会が開催されています。写真は過去に氷彫刻世界大会で、最優秀賞を受賞した作品。繊細なタッチの氷彫刻の作品は48基が並びます。

<旭川冬まつりの基本情報>
場所:北海道旭川市 平和通買物公園
開催期間:2019年2月6日(水)〜2月11日(月)
開催時間:9時〜21時
アクセス:JR旭川駅から徒歩2分

支笏湖ブルーが美しい!「千歳・支笏湖氷濤まつり」

支笏湖ブルーが美しい!「千歳・支笏湖氷濤まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「千歳・支笏湖氷濤まつり」は、札幌から約1時間の場所にある、支笏湖の湖畔で開催される冬のイベント。支笏湖は、北海道では珍しい不凍湖で、日本有数の透明度を誇る湖です。
支笏湖の水をスプリンクラーでくみ上げ、吹き付ける作業が繰り返し行われ、ナチュラルブルーの氷像が出来上がります。

支笏湖ブルーが美しい!「千歳・支笏湖氷濤まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

氷濤まつり会場内の人気エリア「氷濤神社」。中央には、氷で造られた祭壇があります。夜には色とりどりのライトアップが楽しく、インスタ映えのする光景が楽しめます。

支笏湖ブルーが美しい!「千歳・支笏湖氷濤まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

天空回廊からライトアップされた、氷濤まつり会場を眺めてみましょう。背の高いブルータワーやレッドタワー、氷濤神社などが見渡せます。
この他にも、ビックマウンテンや氷の水族館、苔の洞門や支笏湖ブルーウェーブなどが目を楽しませてくれます。

<千歳・支笏湖氷濤まつりの基本情報>
開催期間:2019年1月25日〜2月17日(日)
会場:北海道千歳市 支笏湖温泉
開催時間:9時〜22時
ライトアップ:16時30分〜22時

手創りのあかりが温かい!「小樽雪あかりの路」

手創りのあかりが温かい!「小樽雪あかりの路」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「小樽雪あかりの路」は厳寒の2 月、小樽の観光スポット「運河会場」と「手宮線、廃線跡地」で開催される10日間のイベントです。

運河に浮かぶ数百ものガラスの浮き玉のろうそくの灯りは、まるで天の川のように見えませんか?手造りされた雪あかりと浮き玉キャンドルの灯りのノスタルジーな雰囲気が素敵です。

手創りのあかりが温かい!「小樽雪あかりの路」

写真:ミセス 和子

地図を見る

運河沿いの小道は、スノーキャンドルのあかりが灯ります。運河の浮き玉キャンドルやスノーキャンドルは、美しい日本の歴史的風土100選にぴったりなイメージだと思いませんか?

手創りのあかりが温かい!「小樽雪あかりの路」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「手宮線会場」では、かつて北海道の開拓を支え、今では用済みとなった旧幌内線、手稲線などの廃線跡地に、大小様々なスノーキャンドルが灯されます。

<小樽雪あかりの路の基本情報>
開催期間:2019年2月8日(金)〜2月17日(日)
お問合せ:小樽雪あかりの路 実行委員会事務局
電話:0134-32-4111(267)

札幌の風物詩「さっぽろ雪まつり」

札幌の風物詩「さっぽろ雪まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「さっぽろ雪まつり」は、北海道を代表する冬の一大イベント。毎年2月上旬から約1週間「大通会場」、「つどーむ会場」、「すすきの会場」の3会場で開催されます。

さっぽろ雪まつり「大通会場」は、札幌大通公園1丁目から12丁目まで、見応えのある大雪像や氷像、市民雪像やロング滑り台、北海道のグルメショップで賑わいます。

夜のライトアップやプロジェクションマッピング、大雪像のステージも毎年素晴らしいものがあります。

<さっぽろ大通会場の基本情報>
場所:北海道札幌市 大通公園 西1丁目〜西12丁目
開催期間:2019年2月4日(月)〜2月11日(月・祝)
開催時間:いつでもご覧いただけます(ライトアップは22:00まで)

札幌の風物詩「さっぽろ雪まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

さっぽろ雪まつり第二会場「つどーむ会場」のコンセプトは、雪とのふれあい。チューブスライダーやスノーラフト、氷の滑り台、雪上パークゴルフ等、雪遊びが体験できます。

つどーむ施設内では、遊園地の様な大型遊具が勢ぞろい。寒いのが苦手なお子さんも、暖かい施設内で遊べます。また北海道の食を楽しめるコーナーもあります。

<つどーむ会場の基本情報>
場所:札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ) 札幌市東区栄町885番地1
開催期間:2019年1月31日(木)〜2月11日(月・祝)
開催時間:9:00〜17:00
アクセス:地下鉄東豊線栄町駅と、地下鉄麻生駅麻生ターミナルからシャトルバスがあります。
大通会場と札幌駅からの循環バスがあります。

札幌の風物詩「さっぽろ雪まつり」

写真:ミセス 和子

地図を見る

さっぽろ雪まつり第三会場「すすきの会場(ICE WORLD)」は、札幌中央区南4条から南6条まで西4丁目線の市道で開催。氷を楽しむがテーマです。大小様々な氷像や、氷彫刻コンクールの作品が並びます。

写真の氷像は「沖縄の竜宮城」。海の魚を入れた氷を作り、積み重ねて造られた作品です。しばし足を止めて、中の魚まで観察したくなる楽しい氷像。アイスバーや氷の滑り台、カーリング体験やイルミネーションロード等もあります。

<すすきの会場「ICE WORLD」の基本情報>
場所:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
開催期間:2019年2月4日(月)〜2月11日(月・祝)
開催時間:いつでもご覧いただけます(ライトアップは23:00まで。※最終日は22:00まで)

北海道冬の女子旅を楽しむには?

北海道の冬のイベント観光に来たけれど、寒くて外に出られなかったと言う観光客は少なくありません。北海道の冬は地域によって大きく異なりますが、層雲峡や旭川の内陸や、支笏湖の湖畔の気温はマイナス30度を超える事もあります。

ナイタースキーをする服装で、帽子、手袋、マフラーなどで体の温度が逃げない様な工夫が必要です。カイロ等や携帯ティッシュもあると便利です。靴は防寒靴で、滑り止めがしっかりしている靴底がベストです。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -