日本からシンガポールまでの飛行時間を空港ごとに解説!

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本からシンガポールまでの飛行時間を空港ごとに解説!

日本からシンガポールまでの飛行時間を空港ごとに解説!

更新日:2018/11/28 19:38

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

マーライオンやベイエリアの美しい夜景といえばシンガポール。日本からシンガポールまでの直行便の飛行時間は約7時間。しかし、日本のどの空港から行くかによって飛行時間が若干異なってきます。こちらでは、空港ごとの飛行時間をご紹介。シンガポール旅行を検討する前にぜひチェックしてみてください。
海外航空券の最安値をチェック!

成田からシンガポールまでの飛行時間

成田からシンガポールまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

成田空港からシンガポールへの直行便の飛行時間は往路だと7時間30分〜8時間、復路だとおよそ6時間30分〜7時間かかります。

成田空港からシンガポールへは日本航空(JAL)や全日空(ANA)に加え、デルタ航空やユナイテッド航空、シンガポール航空など国内外の大手エアラインが直行便を就航しています。

台北やタイのドンムアン空港を経由する便で行くと、移動時間はトランジットを含め、9〜12時間。経由便の多くがスクートやエアアジアなどのLCC利用のため、直行便と比べると価格も1万円ほど安くなります。

関空からシンガポールまでの飛行時間

関空からシンガポールまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

関空からシンガポールへの直行便の飛行時間は往路だと約7時間、復路だと6時間30分程度かかります。

成田・中部国際空港と比べ、関空利用の場合、飛行時間が最も短くなります。関空から直行便でシンガポールへ就航しているのは大手エアラインのシンガポール航空。関空からタイを経由する便で行くと、移動時間は11時間30分〜12時間。経由便の場合は、LCCのエアアジアが利用できるため、直行便と比べ1〜2万円くらい運賃は安くなります。

中部国際空港からシンガポールまでの飛行時間

中部国際空港からシンガポールまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

中部国際空港(セントレア)からシンガポールへの直行便の飛行時間は直行便で往路はおよそ7時間20分、復路はおよそ6時間30分程度かかります。

セントレアも成田や関空同様に、直行便で就航しているのは大手のシンガポール航空になります。セントレアから香港や北京を経由する便で行くと、移動時間は9〜14時間かかります。経由便のほうが直行便と比べて5千円〜1万円安く行けますが、時間が余分にかかってしまうので注意。

直行便か経由便のどちらがいい?

シンガポールまでの移動時間は、直行便だとだいたい7時間30分〜8時間程度。利用する航空会社にもよりますが、経由便だと9〜14時間ほどかかってしまいます。

どの空港からも直行便は大手エアラインになります。そのため、移動費を少しでも安く抑えたいという方は経由便の利用がおすすめ。移動費が少し高くても、旅先で楽しむ体力を残しておきたい方は直行便を利用しましょう。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -