岩山にある秘境の村!ポルトガル「マルヴァオン村」

| ポルトガル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岩山にある秘境の村!ポルトガル「マルヴァオン村」

岩山にある秘境の村!ポルトガル「マルヴァオン村」

更新日:2018/11/30 16:10

鈴木 瑞江のプロフィール写真 鈴木 瑞江 世界の民族&お祭り愛好家、旅するグラフィックデザイナー

今回ご紹介するマルヴァオン村は城壁に囲まれた高い岩山の上にあり、下からは見ることができない、まさにポルトガルの秘境!

この村は別名「鷲の巣」と呼ばれ、843メートルの岩山から見る景色はまさに鷲の巣から見ているかのように遠くまで見渡せます。

この村に一歩入ると全ての壁が白く塗られ、狭く入り組んだ路地はまるで迷路!

観光地リスボンとは違ったポルトガルの秘境村を堪能して下さい。

白い迷路に迷い込んだ村「マルヴァオン村」

白い迷路に迷い込んだ村「マルヴァオン村」

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

リスボンからバスとタクシーを乗り継ぎおよそ3時間。スペインとの国境に近い村マルヴァオンは標高843メートルの岩山に建てられたお城の中にあります。車で山をどんどん登っていくと村の入口となる城門に到着。門をくぐるとそこからは白の世界が広がります!

村は家々の境目がない長屋作りで、その壁が白く続いているので白に囲まれている感じになっています。道は細くて狭いのでまるで迷路に迷い込んだよう!

白い迷路に迷い込んだ村「マルヴァオン村」

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

所々に昔の名残を見ることができます。写真は共同の水汲み場で蛇口をひねると山の新鮮な水が今でも出てます。

白い迷路に迷い込んだ村「マルヴァオン村」

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

村の壁はほとんどが白ですが扉や窓はとてもユニーク。魔除けや信仰のシンボルなどを石に彫った装飾を施しています。枠も普通の四角だけでなく様々な形のものを見ることができます。写真はマリア様が上から見守っている装飾を施した扉。下の方にも模様が描かれています。

窓を見ながら散策するのも楽しいですね。

村の歴史はとても古い

村の歴史はとても古い

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

マルヴァオンの歴史はとても古く紀元前にまでさかのぼります。当時のヨーロッパでは巨石崇拝が行われ、各地でその遺跡が発掘されています。マルヴァオンでも出土品を見ることができます。

石には力が宿るとされ、その力を持った石に彫刻をして崇めたり、ネックレスにして身につけたりしていました。

写真は石のプレートに顔や手を彫って崇めていたもの。なんとなくトトロに似て可愛いですね。

村の歴史はとても古い

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

その後、ローマ帝国の支配と共にローマ人が住み、ムスリム支配の時にはローマ人居住区となっていきました。ローマ人のお墓や土器なども出土しています。

村の歴史はとても古い

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

村で唯一の市立博物館ではその歴史を出土品と共に見ることができます。博物館内にはアズレージョの壁が綺麗なサンタ・マリア教会も併設してあるので是非、訪れてみて下さい。

お城は村のシンボル

お城は村のシンボル

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

村の一番外れの高台にあるのがマルヴァオン城。9世紀ムスリム時代の高官イブン・マルーアンがお城を建てたことから村の名前も彼にちなんでマルヴァオンとなりました。お城といっても要塞のために建てられたため見張り台しかありません。

お城は村のシンボル

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

この場所はスペインとの国境が近いため昔から緊張状態にありました。平原が続く中でこの山からは敵の侵入が直ぐ分かるため、何度となく攻め入ったスペインにとっては難攻不落の地としてポルトガルは国境を守り続けてきました。

お城は村のシンボル

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

見張り台からは360度続く平原が見渡せて、遠くスペインまで見ることができます。今ではそんな戦があったとは思えないほど平和な景色になっています。

お城の隠れたポイント

お城の隠れたポイント

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

見張り台には未だに当時の大砲がスペインの方を向いて残されています。

お城の隠れたポイント

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

中庭にはモザイクが敷き詰められていますが実はこの下は武器庫とシェルターになっているのです。一見すると分かりませんね。

お城の隠れたポイント

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

このお城の見所の一つが14世紀に地下に作られた貯水タンク。ポルトガルの歴史的建築においても最も長い貯水タンクで、半年の間雨水を充分蓄えておくシステムになっています。上の窓は地上に続き、井戸となってそこから水を汲むようになっています。

マルヴァオンは栗が名産!

マルヴァオンは栗が名産!

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

ヨーロッパでも栗は好まれて食べられる食材。マルヴァオンはそんな栗が名産で11月には栗のお祭りも開催されます。お城の周りにも栗の木が植えられています。

マルヴァオンは栗が名産!

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

村では栗を使ったスープやお菓子が売られています。写真は栗をペーストして作ったタルト菓子。栗のほのかな甘みが感じられます。

マルヴァオンは栗が名産!

写真:鈴木 瑞江

地図を見る

マルヴァオンへのアクセス

リスボンのセッテ・リオス・バスターミナルからバスでポルタレグレ(Portalegre)まで約2時間半。そこからタクシーで約30分。

リスボンから日帰りで行くことも可能ですが是非、一泊することをお勧めします。村には安いホテルからポサーダまで予算に合わせて宿泊できます。
日中とは違った朝晩の静寂で幻想的な景色を堪能してみて下さい。


2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -