日本からマレーシアまでの飛行時間を空港ごとに解説!

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本からマレーシアまでの飛行時間を空港ごとに解説!

日本からマレーシアまでの飛行時間を空港ごとに解説!

更新日:2018/11/28 19:39

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

自然豊かなジャングルや美しいリゾート、近代的な街並みまで楽しめる人気観光地のマレーシア。日本からマレーシアまでの直行便の飛行時間は7〜8時間。しかし、日本のどの空港から行くかによって飛行時間が若干異なってきます。こちらでは、空港ごとの飛行時間をご紹介。マレーシア旅行を検討する前にぜひチェックしてみてください。
海外航空券の最安値をチェック!

成田からマレーシアまでの飛行時間

成田からマレーシアまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

成田空港からマレーシアへの直行便の飛行時間は往路だとおよそ7時間30分、復路だとおよそ6時間30分かかります。

成田空港からは日本の大手航空会社である日本航空(JAL)や全日空(ANA)に加え、マレーシア航空、経由便でキャセイパシフィック航空
などが就航しており、旅のスタイルに合わせてエアラインを選ぶことができます。

香港やタイを経由する便で行くと、移動時間はトランジットを含め、10時間30分〜11時間30分。経由便のほうが時間はかかりますが、直行便と比べると、2〜3万円安くなります。

関空からマレーシアまでの飛行時間

関空からマレーシアまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

関空からマレーシアへの直行便の飛行時間は往路だとおよそ7時間15分、復路だとおよそ6時間かかります。

成田・中部国際空港と比べ、関空利用の場合、飛行時間が最も短くなります。また、就航しているエアラインも大手からLCCまで充実しており、離発着の時間帯も豊富。

関空からタイや台北を経由する便で行くと、移動時間は11〜12時間。LCCのエアアジアXが直行便でも就航しているため、経由便であっても航空券の運賃はほぼ同等。運賃がほぼ同じのため、旅先で時間を多く使える直行便を選ぶべきでしょう。

中部国際空港からマレーシアまでの飛行時間

中部国際空港からマレーシアまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

中部国際空港(セントレア)からマレーシアへの直行便はありません。そのため経由便を利用することになりますが、およそ9時間30分〜11時間30分かかります。

セントレアからはキャセイパシフィック航空やシンガポール航空、大韓航空など大手エアラインが就航しています。しかし、全て香港やシンガポール、韓国の仁川を経由する便になるため、成田や関空と比べて時間がかかってしまうのは難点。

直行便か経由便のどちらがいい?

マレーシアまでの移動時間は、直行便だとだいたい7〜8時間。しかし、経由便だと9時間30分〜11時間30分ほどかかってしまいます。

移動費を節約したいという人は経由便か、直行便を就航しているLCCを選びましょう。機内での過ごし方をより快適にしたい人は大手エアラインがおすすめです。

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -