雪と光のコラボが美しい!北海道各地のイルミイベント5選

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

雪と光のコラボが美しい!北海道各地のイルミイベント5選

雪と光のコラボが美しい!北海道各地のイルミイベント5選

更新日:2018/12/17 23:57

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

「ここが同じ場所?」と思うほど、四季折々に風景が変化する北海道。特に冬の北海道の雪景色は格別に美しいのです。

北海道各地では、凍てつく冬の夜に幻想的で美しいイルミネーションのイベントが開催されます。雪降る夜、キラキラ輝く光が雪に反射する風景は、雪国だけの贅沢ですね。冬の北海道で開催される、フォトジェニックなイルミネーションイベント5選を紹介します。

ロウソクの灯が燃え尽きるまで!「たきかわ紙袋ランターンフェスティバル」

ロウソクの灯が燃え尽きるまで!「たきかわ紙袋ランターンフェスティバル」

写真:ミセス 和子

地図を見る

北海道滝川市は、札幌と旭川の間にある街。毎年2月中旬にたった1日だけ、ろうそくの灯が燃え尽きるまでのイベント「たきかわ紙袋ランターンフェスティバル」が開催されます。いつもは買い物客で賑わう駅前商店街に、約1万5千個の灯りが灯され、極寒の冬の夜を美しく彩ります。

ロウソクの灯が燃え尽きるまで!「たきかわ紙袋ランターンフェスティバル」

写真:ミセス 和子

地図を見る

イベントでは、全て紙袋のランターンが使われます。紙袋は二枚使い、入り口を二センチ折り畳むので強度があります。
中に雪を入れて、そこにローソクを立てて火を灯します。風が吹いても紙袋は飛ばず、ローソクの火も消えません。

ロウソクの灯が燃え尽きるまで!「たきかわ紙袋ランターンフェスティバル」

写真:ミセス 和子

地図を見る

たきかわ紙袋ランターンフェスティバルは、滝川出身の彫刻家・デザイナー五十嵐威暢氏の「子供から大人までアートで人を繋げたい」という思いから始まった町興しのイベントです。沢山の市民やデザイナーが参加。静かな田舎の商店街が、美しいアートな空間に変わります。

<たきかわ紙袋ランターンフェスティバルの基本情報>
住所:北海道滝川市栄恵町2丁目8-9
日程:2019年2月23日(土)/17時〜20時
アクセス:JR函館本線滝川駅から徒歩3分

光と音楽のショー!音更町・十勝川白鳥まつり「彩凛華(さいりんか)」

光と音楽のショー!音更町・十勝川白鳥まつり「彩凛華(さいりんか)」

写真:ミセス 和子

地図を見る

音更町・十勝川白鳥まつり「彩凛華(さいりんか)」は、十勝平野が一望できる「十勝が丘公園ハナック広場」で開催。十勝川に毎年12月初旬から3月中旬まで越冬にやってくる白鳥が羽を休める風景、そして厳寒の朝の「けあらし」、この地方独自の風景をイメージしたものです。

白鳥をイメージした大小様々な円錐のオブジェが約300個、約600個のLEDが音楽に合わせて七色に変化する音と光のイベントです。

光と音楽のショー!音更町・十勝川白鳥まつり「彩凛華(さいりんか)」

写真:ミセス 和子

地図を見る

会場では、光のトンネルや光の動物園などのイルミネーションが、マイナス20度を超える夜の十勝が丘公園ハナック広場を彩ります。

光と音楽のショー!音更町・十勝川白鳥まつり「彩凛華(さいりんか)」

写真:ミセス 和子

地図を見る

彩凛華の会場では、チューブに乗って滑る「雪の滑り台」や、レーザー光線がまばゆく流れるスポットもあり、大人も子供も楽しめるイベントです。

<彩凛華の基本情報>
住所:北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目
日程:2019年1月26日(土)〜2月24日(日)/19時〜21時
アクセス:
(車)道東道音更帯広ICから国道241号・道道73号経由20分
(バス)帯広駅からバスで「ガーデンスパ十勝川温泉」下車、徒歩10分
(車)帯広駅から20分

ロングランで開催!「小樽・余市ゆき物語」

ロングランで開催!「小樽・余市ゆき物語」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「小樽・余市ゆき物語」は、冬の小樽と余市で、ロングランで開催されるイルミネーションのイベントです。明治時代の営業用倉庫をリノベーションした「小樽運河プラザ」の正面エントランスには、浮き玉で作られた「浮き玉ツリー」が飾られます。雪降る夜に輝くイルミネーションは、幻想的でロマンチックですよ。

小樽運河プラザ内には、高さ約3メートルの「ワイングラスタワー」が展示され、小樽ならではの繊細なガラスの光が美しく輝きます。

<運河プラザ会場の基本情報>
住所:北海道小樽市色内2-1-20
日程:2018年11月1日(木)〜2019年1月31日(木)/16時〜24時
アクセス:JR小樽駅出口から徒歩約8分

ロングランで開催!「小樽・余市ゆき物語」

写真:ミセス 和子

地図を見る

写真は、一年を通して、昼夜を問わず観光客が絶えない、人気の「小樽運河会場」。浅草橋から中央橋に向かって、約1万個の青色LEDの電球が小樽運河を彩ります。
青の光が雪と運河の水に反射して、とても美しい風景を醸し出します。

<小樽運河会場の基本情報>
住所:小樽運河浅草橋〜中央橋
日程:2018年11月1日(木)〜2019年2月7日(木)/日没〜22時30分
アクセス:JR函館本線小樽駅より小樽港方面へ徒歩8分

ロングランで開催!「小樽・余市ゆき物語」

写真:ミセス 和子

地図を見る

JR余市駅前では、ニッカウヰスキーの琥珀をイメージしたイルミネーションで彩られます。ここは朝ドラの舞台にもなった、ニッカウヰスキー創業者である竹鶴政孝氏とリタ夫人が愛した街。
ここから徒歩で約3分の場所には、ニッカウヰスキー北海道工場があり、期間限定でナイトツアーも開催されます。

<JR余市駅会場の基本情報>
住所:北海道余市郡余市町黒川町5丁目43
期間:2018年11月1日(日)〜2019年2月17日(日)

はこだてクリスマスファンタジーとイルミネーション

はこだてクリスマスファンタジーとイルミネーション

提供元:はこぶら

https://www.hakobura.jp地図を見る

「はこだてクリスマスファンタジー」は、姉妹都市カナダ・ハリファックス市より贈られた幸せを呼ぶ、もみの木に、約15万球のイルミネーションを装飾した「巨大クリスマスツリー」です。この眩い灯りが赤煉瓦倉庫群を照らします。

毎日18時からの点灯式では、花火も上がりクリスマスの気分を盛り上げてくれます。

<はこだてクリスマスファンタジーの基本情報>
住所:北海道函館市赤煉瓦倉庫群前海上
日程:2018年12月1日(土)〜12月25日(火)
アクセス:JR函館本線函館駅から徒歩10分

はこだてクリスマスファンタジーとイルミネーション

提供元:はこぶら

https://www.hakobura.jp地図を見る

「五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」は、冬の五稜郭公園の星型のお堀を、約2000個の電球で彩る冬のイベントです。
雪と星型に輝く光とのコラボレーションは、この時期にしか見る事が出来ない風景です。是非函館五稜郭タワーの展望台から眺めてみましょう。

<五稜星の夢イルミネーション>
住所:函館市五稜郭町44
日程:開催日:12月1日(土)〜12月28日(木)
アクセス:市電「五稜郭公園前」電停下車、徒歩13分

はこだてクリスマスファンタジーとイルミネーション

提供元:はこぶら

https://www.hakobura.jp地図を見る

「はこだてイルミネーション」は、「光に包まれた愛の街・函館」をテーマに、歴史的建造物が立ち並ぶ元町地区の街並みと、坂道にある街路樹を約16万球のイルミネーションで彩るイベントです。
写真は、函館山のふもとの八幡坂。街路樹の電飾が函館ベイエリアまで続き、まるで光の回廊のように素敵な光景です。

<はこだてイルミネーションの基本情報>
住所:八幡坂、二十間坂、開港通り
日程:開催日:2018年12月1日(土)〜2019年2月28日(木)
アクセス:市電から徒歩10分以内

札幌、冬の風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」

札幌、冬の風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」

写真:ミセス 和子

地図を見る

今回で38回目を迎えるさっぽろホワイトイルミネーションは、大通公園1丁目〜6丁目、赤プラ会場、札幌駅南口駅前広場会場、駅前通り会場、南1条通会場で開催されます。大通公園をはじめ、札幌の中心部が美しいイルミネーションで彩られます。

写真は2018年新しく登場した大通3丁目会場の、花咲く「ブルーミング・ファウンテン」。ピンク色のライラックの花をモチーフにした、可愛らしいイルミネーション。大通公園に艶やかな花が咲きました。

<大通会場の基本情報>
会場:大通公園1丁目〜8丁目
日程:2018年11月22日(木)〜12月25日(日)
アクセス:市営地下鉄大通から徒歩3分

札幌、冬の風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」

写真:ミセス 和子

地図を見る

写真は、北海道旧赤れんが庁舎を望む札幌を象徴する風景。秋は黄色に色づくイチョウ並木ですが葉を落とした冬は、美しいイルミネーションで彩られます。 LED電飾の、音楽と光を連動させた演出が素晴らしいですよ。

<アカプライルミネーションの基本情報>
住所:北海道札幌市北3条広場
日程:2018年11月22日(木)〜2019年3月14日(木)
アクセス:地下鉄南北線「さっぽろ」駅下車徒歩7分

札幌、冬の風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」

写真:ミセス 和子

地図を見る

札幌駅南口駅前広場会場では、メインとなる高さ10メートルのデザインツリーと、JRタワー外壁のプラットフォームが駅前広場を素敵に彩り、電車を降りた旅行者やここを通る人々の気分を和ませてくれます。

<エキヒロイルミネーションの基本情報>
住所:北海道札幌市北区北6条西4丁目
日程:2018年11月22日(木)〜2019年3月14日(木)
アクセス:JR札幌駅から徒歩3分

冬の北海道!イルミネーション鑑賞は暖かい服装で

キーンと冷える凍てつく夜ほど空気が澄みわたり、イルミネーションがより一層美しく輝いて見えます。夜道は固く凍っている事もあり、防寒靴の底に滑り止めが付いているもの、暖かい服装で手袋やマフラーで体温が逃げないよう工夫が必要です。使い捨てのカイロを使うのも良いでしょう。

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -