長野「菅平高原スノーリゾート」はスキーヤー強化育成ゲレンデだ!!

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

長野「菅平高原スノーリゾート」はスキーヤー強化育成ゲレンデだ!!

長野「菅平高原スノーリゾート」はスキーヤー強化育成ゲレンデだ!!

更新日:2019/01/25 11:42

矢藤 りりかのプロフィール写真 矢藤 りりか ブロガー
菅平高原はスイスを思わせる風景と気候で「日本のダボス」と呼ばれています。スイス・ダボスは山岳地域の保養都市で、冬季はスキーリゾート、夏季は避暑及び登山などの自然愛好家が集まる地域。菅平高原も同様に、夏の冷涼な気候はスポーツに最適で、ラグビー聖地と知られます。冬は牧場の滑らかな広大な土地を生かして日本屈指のスキー場として有名。今回はその中の「菅平高原スノーリゾート」をご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1つのスキー場が3つ合わさったような広大なゲレンデ!

菅平高原スノーリゾートのゲレンデはPINE BEAKエリア・TAROエリア・DAVOSエリアと3つのエリアに分かれていて、多方面から入場できるという利点があるスキー場です。

一つ一つのエリアが大きいのがポイントで、リフトに乗っていると、ゲレンデには広い1枚バーンが多いのに気がつくでしょう。その理由は、雪の下は牧場であるためでコースは滑らかな場所が非常に多いのが特徴です。

こうした広いバーンは自由にコントロールが効かない初心者には滑りやすく、中級者は、ターンの練習に最適なゲレンデなのです。そしてバリエーション豊かなコースが60コースもあり、一日滑っていても飽きが来ません。

標高が高く、気温が低いので雪質はパウダースノー。人工降雪設備が充実しているので12月から4月まで気持ちよく滑ることができますが、反面このパウダースノーは軽くて飛んでいく雪なのでアイスバーンになりやすいのです。
寒波が訪れる時期は転ばないように注意してくださいね。

1つのスキー場が3つ合わさったような広大なゲレンデ!

写真:矢藤 りりか

地図を見る

初心者も滑りやすいゲレンデ、スクールも充実

初心者も滑りやすいゲレンデ、スクールも充実

写真:矢藤 りりか

地図を見る

菅平高原スノーリゾートは緩やかな広いコースが多いので、練習するにはもってこいのスキー場。そのためスキーサークルや団体でも受け入れられる宿泊施設もスキー場の周りに多数揃っています。

スキースクールは16箇所、レンタル店も17店あり、「初心者歓迎!」の雰囲気が強いスキー場です。検定や技術戦に利用されるコースもあり、スキー場の名前についている「スノーリゾート」という優雅なイメージよりも「上手くなるための合宿向きスキー場」のイメージが強いかもしれません。

スノボ利用者にとっては穴場

スノボ利用者にとっては穴場

提供元:さわやか信州旅.net

http://www.nagano-tabi.net/modules/photo/地図を見る

菅平高原スノーリゾートのスキー・スノーボード比率は6割がスキーヤーで、スノーボーダーが少ないスキー場です。
しかしそれ故、スノーパークが使いやすく順番待ちしないで挑めるので、スノーボーダーのためのスノーパークが穴場とも言えましょう!

DAVOSエリアには、10連ウェーブと5連ウェーブ、大波街道。PINE BEAKエリアには、 スマイルスロープとOXESSクロスコースがあります。

特に全長130メートルを超える巨大10連ウェーブは、初心者でも挑戦できる滑らかな斜面なのでパークデビューにぴったり!滑らかな斜面でしっかり練習して徐々にレベルアップを目指しましょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

キッズパークはエリア毎に設備が違うので事前チェックを!

DAVOSエリアにはチビッコパーク、TAROエリアには天狗キッズパーク、PINE BEAKエリアにはスマイルパークがあります。それぞれエリア毎の経営が異なっているため、PINE BEAKエリアだけは入場料・施設利用料が必要です。キッズパークの充実度は場所によって異なりますので、利用する場合は事前にチェックしておきましょう!

唯一有料のPINE BEAKエリアのスマイルパークは、入場料500円(2歳以上)でプラスティックソリと室内プレイルームが利用可能。さらに当日の入場退場は何度でもOKで、ソリの持ち込みも可能です。

また、500円の追加料金(2歳以上)を払うことで、特殊ソリやスノーストライダー、ふわふわドームも一日のうち何回でも利用可能となります。

子供の年齢と相談して必要な部分のみ使い、上手に利用したいですね。

キッズパークはエリア毎に設備が違うので事前チェックを!

写真:矢藤 りりか

地図を見る

スノーキャットに乗って4kmのダウンヒルを堪能せよ!

そして、菅平高原スノーリゾートでぜひとも体験したいのが、約4kmのダウンヒル。リフト代金とは別にガイド料金がかかりますが、奥ダボス第1トリプルリフト山頂からスノーキャットに乗ると、根子岳山頂まで行くことができます(約25分)。山頂からのアルプスの絶景はプライスレス!

山岳・自然風景を撮影したい人もスキーヤーの中に混じりこのスノーキャットに乗って樹氷や360度パノラマビューで日本百名山を撮影できるシャッターチャンスをつかむことも可能ですよ。晴天の日に参加すると見事な入賞写真が撮影できるかも!

スノーキャットに乗って4kmのダウンヒルを堪能せよ!

提供元:上田市

http://www.city.ueda.nagano.jp/joho/shise/donnatok…地図を見る

菅平高原スノーリゾートの基本情報

住所:長野県上田市菅平高原1223-146
電話番号:0268-74-2137
アクセス:上田菅平ICより車で約30分/須坂長野東ICより車で約30分、JR上田駅よりバスで55分

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/27−2017/01/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -