夕方から3時間で観光!サンフランシスコおすすめスポット4選

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

夕方から3時間で観光!サンフランシスコおすすめスポット4選

夕方から3時間で観光!サンフランシスコおすすめスポット4選

更新日:2019/01/29 17:21

菅野 育朗のプロフィール写真 菅野 育朗 ツアープランナー、温泉ライター、週末ランナー

どこを切り取っても絵になる街、サンフランシスコ。中でもゴールデンゲートブリッジが見渡せるフィッシャーマンズワーフエリアのシーフードレストランは夜遅くまで活気であふれています。サンフランシスコ空港に午後遅めに到着する観光の方や、仕事があって日中は動けないけれど夕方からでも...という方にピッタリなおススメコースをご紹介。カリフォルニアの風を浴びながら3時間で巡れる散歩気分の旅へ!

スタートはサンフランシスコ名物・ケーブルカーから

スタートはサンフランシスコ名物・ケーブルカーから

写真:菅野 育朗

地図を見る

コンパクトに見所が集まるサンフランシスコ。シーフードレストランエリア・フィッシャーマンズワーフから見えるゴールデンゲートブリッジの美しさは必見です。
そのベイサイドへの足となる、坂の多いサンフランシスコの名物はやはりケーブルカー。ダウンタウンの出発点パウエルステーションに次々と集まってきます。

1893年から100年以上も続くこのケーブルカーは観光客に大人気。ダウンタウンからフィッシャーマンズワーフ周辺へ向かうパウエル・メイソン線をはじめ3路線約15キロを運行し、1乗車につき7ドルでサンフランシスコならではのレトロな時間を楽しめます。

スタートはサンフランシスコ名物・ケーブルカーから

写真:菅野 育朗

地図を見る

ケーブルカーの始発駅となり終点でもあるパウエルステーションには到着した車両を回す珍しい転車台が見られます。ケーブルカーが定位置につき車両の前後に係員の方がついたかと思うと人力でケーブルカーを押して転車台を回し始めます。
古き良きものを残すサンフランシスコならではの光景です。

スタートはサンフランシスコ名物・ケーブルカーから

写真:菅野 育朗

地図を見る

ケーブルカーの乗り場は都市交通バート・パウエルストリート駅からすぐの所にありますが、街の中心地を抜けるマーケットストリート沿いも歩いてみましょう。
高級デパート、ブルーミングデールズの趣あふれる建物やアメリカ中の古い路面電車を集めたミュニ・メトロが見れる事もあり、映画のワンシーンのような風景が広がります。

ダウンタウンからノブヒルへ

ダウンタウンからノブヒルへ

写真:菅野 育朗

地図を見る

パウエルステーションから高級住宅街ノブヒルを抜けてフィッシャーマンズワーフへは徒歩で40分ほど。近道となるテイラーストリートを海岸方面へ北上します。目印はありませんので信号ごとにある道路名の表示に注意して進みましょう。
途中には星条旗を掲げた由緒あるインターコンチネンタルホテルも見え、アメリカにいる実感がひしひしと湧いてきます。

ダウンタウンからノブヒルへ

写真:菅野 育朗

地図を見る

テイラーストリート沿いに20分ほど歩くと、ノブヒルと呼ばれる高級住宅街へ到着。ダウンタウンからはひたすら上り坂が続きますので、歩きやすい靴でゆっくりと進みましょう。ブロードウェイという名の広い道路とのコーナーから見える教会と近代的な街のコントラストが綺麗。

ダウンタウンからノブヒルへ

写真:菅野 育朗

地図を見る

テイラーストリートとブロードウェイのコーナーからさらに坂を上ると10分弱でアイナ・クールブリス・パークへ到着。丘を上りきった所に位置するこの公園は地元の方の散歩道として親しまれ、散策路やベンチもある展望台のような場所です。近所の方が朝や夕方の散歩に訪れる程度でサンフランシスコの落ち着いた雰囲気を感じられます。

海岸線からサンフランシスコで最も高いトランスアメリカピラミッドビルまで、市内を一望できる隠れたおススメスポットです。

<アイナ・クールブリスパークの基本情報>
住所:Vallejo & Taylor, San Francisco, CA 94133
アクセス:サンフランシスコダウンタウン・パウエル駅からmuniケーブルカーパウエルメイソン線乗車約15分。パウエルアンドブロードウェイ駅下車、徒歩約8分

フィッシャーマンズワーフからゴールデンゲートブリッジを眺める

フィッシャーマンズワーフからゴールデンゲートブリッジを眺める

写真:菅野 育朗

地図を見る

アイナ・クールブリス・パークからは一気に下り坂となり次第に海岸線が近づいてきます。約15分でサンフランシスコ市民の台所、フィッシャーマンズワーフへ。一帯には潮の香りが満ちていて海を間近に感じます。

フィッシャーマンズワーフからゴールデンゲートブリッジを眺める

写真:菅野 育朗

地図を見る

フィッシャーマンズワーフの看板先の市場の店先を覗いてみると、ロブスターやオイスター、タラなどの白身魚やアサリが所せましとディスプレイされ、店員さんと買い物客の賑やかな会話が聞こえてきます。アメリカでは一般的に魚よりも肉が好まれる傾向がありますが、サンフランシスコでは新鮮なオイスターやロブスターが楽しめます。
アサリをたっぷり溶け込ませた名物のクラムチャウダーは特にオススメ!

フィッシャーマンズワーフからゴールデンゲートブリッジを眺める

写真:菅野 育朗

地図を見る

フィッシャーマンズワーフへはケーブルカーでも行く事ができます。ダウンタウンの出発点パウエル駅からパウエルメイソン線に乗り約30分の終点テイラーアンドベイ駅下車後徒歩5分で到着。
レストランのネオンやオレンジ色のほのかな街灯が旅の気分を盛り上げてくれます。

<フィッシャーマンズワーフの基本情報>
住所:Jefferson Street, Between Hyde and Powell Streets, San Francisco, CA 94133
アクセス:サンフランシスコダウンタウン・パウエルからmuniケーブルカー乗パウエルメイソン線乗車約30分。終点テイラーアンドベイ駅下車、徒歩約5分

由緒あるチョコレートブランド「ギラデリ」へ

由緒あるチョコレートブランド「ギラデリ」へ

写真:菅野 育朗

地図を見る

フィッシャーマンズワーフでシーフードを楽しんだ後はスイーツの楽園「ギラデリ」へ。ギフトショップが立ち並ぶ海沿いの道を10分も歩くとギラデリスクエアへ到着。周辺には夜は目印がありませんのでマップを頼りに行きましょう。
Ghirardelliの門からチョコレートの名門ブランドの店内へ入ります。

由緒あるチョコレートブランド「ギラデリ」へ

写真:菅野 育朗

地図を見る

ギラデリチョコレートのショップに入ると箱入りのセットやアソートもの、カカオ含有率が表示されたものやミントフレーバー、チョコレートドリンクまで、何10種類ものチョコレート商品が所狭しと並んでいます。棚から窓まで様々な色の銀紙に包まれたチョコレートだらけ。店内にはチョコレートの甘い香りが漂い、つい買い過ぎてしまいそう。

サンフランシスコのお土産には最適です。

由緒あるチョコレートブランド「ギラデリ」へ

写真:菅野 育朗

地図を見る

ギラデリスクエアという名前の通り、園内には広場もあり、夜のライトアップはまるで美術館。噴水やオールドアメリカン調の建物がライトアップされて映画のワンシーンそのままを感じられます。園内にはチョコレートショップ以外にレストランやカフェもあり、夜でも大勢の観光客が訪れていて安全ですが、夜8時迄には園内から出られるように安全面には気をつけましょう。

<ギラデリの基本情報>
住所:900 North Point St Suite 52, San Francisco, CA 94109
電話番号:+1-415-474-3938
アクセス:サンフランシスコダウンタウン・パウエルからmuniケーブルカー乗パウエルハイド線乗車約30分、終点ハイドアンドビーチ駅下車、徒歩約5分

しめくくりはユニオンスクエアでコーヒーブレイク

しめくくりはユニオンスクエアでコーヒーブレイク

写真:菅野 育朗

地図を見る

ギラデリスクエアから近いケーブルカーの出発駅まで歩きダウンタウンへ戻ります。途中ユニオンスクエアで下車すると近いのですが、降り方が解りにくいので終点パウエルまで行ってしまいましょう。下車後徒歩10分で街の中心部・ユニオンスクエアへ到着です。

カリフォルニアらしい椰子の木が生い茂る広場では夜は枝もライトアップ。近くにはスターバックスをはじめコーヒーショップも多くありますので、歩き疲れたらコーヒー片手に一休み。ベンチに座りカリフォルニアの風に吹かれ優雅なひとときを。

しめくくりはユニオンスクエアでコーヒーブレイク

写真:菅野 育朗

地図を見る

ユニオンスクエアの中心には1903年に立てられた女神像があります。古くはアメリカ南北戦争当時に北軍を応援する民衆(ユニオン)が集まった広場からユニオンスクエアと呼ばれるようになり、以来アメリカの歴史を見守り続ける広場となっています。

夜でも人が通る時間帯は安全ですが、この広場から西へ3ブロック(ヒルトンサン・フランシスコ・ユニオンスクエアより西側)も行くと治安の悪いエリアに入ります。街の中心部とは言え夜9時過ぎや人のいない時には行かないように安全面に気を配りましょう。

絵になる街・サンフランシスコ

手動で回す転車台を残したケーブルカーや100年を超える歴史あるホテル建築など、街のあちらこちらにアンティークな見所が残されている街、サンフランシスコ。1年を通し温暖な気候で街はコンパクトにまとまっており、夕方5時から出発しても3時間ほどで主なスポットを回れます。シンボルであるゴールデンゲートブリッジの夕焼けを眺めながらの街巡りは旅に彩りを添えてくれる事でしょう。
カリフォルニアの風を浴びながらコーヒーを片手に、さあ出かけましょう!

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -