高千穂峡で見逃せないスポット!ご当地グルメも堪能

| 宮崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

高千穂峡で見逃せないスポット!ご当地グルメも堪能

高千穂峡で見逃せないスポット!ご当地グルメも堪能

更新日:2018/11/30 15:08

釜井 知典のプロフィール写真 釜井 知典

日本神話とゆかりの深い「高千穂峡」。宮崎県にある渓谷で、近くには天照大神(あまてらすおおみかみ)が鎮座する天岩戸神社もあります。

天照大神の孫であるニニギノミコト(天皇陛下のご先祖様)が、天から降り立った場所が高千穂だといわれており、一度は訪れてみたいという方も多いでしょう。今回は、そんな高千穂峡で見逃せないスポットをご紹介します。

高千穂峡のシンボル「真名井の滝」は必見!

高千穂峡のシンボル「真名井の滝」は必見!

写真:釜井 知典

地図を見る

宮崎県の北端にある五ヶ瀬川沿いの峡谷、高千穂峡。昔、阿蘇火山が噴火した際に五ヶ瀬川に沿って火砕流が流れ出し、急激に冷却されたことでできた渓谷です。1934年には国の名勝・天然記念物に指定され、今でも多くの人々を魅了し続けています。

高さは平均80メートルで、その断崖が東西に渡り約7キロメートル続いています。渓谷内には数々の見どころがあり、「真名井の滝」や「甌穴(おうけつ)」、「おのころ島」などフォトスポットもたくさん。なかでも「真名井の滝」は高千穂峡のシンボルといわれており、その神秘的な風景に目を奪われます。

貸しボートで滝のそばを通ることもできますので、立ち寄ったときにはぜひ楽しんでみては?※天候によっては利用できない場合もあります。ご注意ください。

高千穂峡の遊歩道散策で見逃せないスポットはここ!

高千穂峡の遊歩道散策で見逃せないスポットはここ!

写真:釜井 知典

地図を見る

遊歩道を歩いていると、目に留まるのが「甌穴(おうけつ)」。

河床にできた円筒形の深い穴で、かめ穴やポットホールとも呼ばれています。岩盤のくぼみや割れ目に小石などが入り込み、過流によって岩盤が削られて出来上がったりものです。驚くほどきれいな円を描いているものや、とても深く削られているものもあり、自然が作り上げた美しさを堪能できます。

高千穂峡の遊歩道散策で見逃せないスポットはここ!

写真:釜井 知典

地図を見る

次に、高千穂峡でぜひ見ておきたいのが「おのころ島」。

おのころ島とは、天地創造の神として知られるイザナギ(伊弉諾・伊邪那岐)と、イザナミ(伊弉冉・伊邪那美)が最初に作ったといわれている島で、高千穂峡にある「おのころ池」の中にポツリと存在しています。島というにはとても小さく、言われないと気がつかずに通り過ぎてしまうかもしれません。しかし、ここが最初に作られた島と思えば、感慨深くなります。

おのころ池ではチョウザメが飼育されていますので、歩き疲れた時にはエサをやりながらのんびりおのころ島を眺めてみるのもおすすめです。

ほかにも、江戸の盲人学者・塙保己一などが訪れた際にその姿を褒め、高山彦九朗が紀行文「筑紫日誌」の中で、「硯のような岩がある」と言及したことで知られる「神硯(みすずり)の石」。
真名井の滝とは対照的に穏やかな雰囲気の「玉垂の滝」や、高千穂峡の荒神・鬼八が力自慢をする際に投げ飛ばしたといわれる「鬼八の力石」など見どころはたくさん。高千穂三橋を一望できるスポットもありますので、ぜひ足を運んでみてください。

散策後は高千穂峡のグルメを堪能!

散策後は高千穂峡のグルメを堪能!

写真:釜井 知典

地図を見る

高千穂峡には、ここでしか味わえないグルメもたくさん。たとえば、しいたけの佃煮や黒米で作られたそうめんなども有名です。薬膳料理のようなヘルシーなメニューを味わえるお店もありますので、疲れた身体を癒してくれるメニューを楽しんでみてはいかがでしょうか。お土産コーナーで購入できる商品も多く使われていますので、気に入ったものは買って帰ることもできますよ。

また、小腹が空いたときには、高千穂峡名物の渓谷だんごがおすすめ。炭火で炙られたお団子にはくるみ味噌がたっぷり塗られており、濃厚な味を堪能できます。同じ店舗では、団子のほかにも日向夏のソフトクリーム、宮崎県特産のマンゴー味のかき氷なども販売されていますので、旬の味覚も楽しめます。

日本書紀や古事記など、日本の歴史や文化とゆかりの深い高千穂峡。天皇陛下のご先祖様である、ニニギノミコトが降り立った地ともいわれていますので、原点に立ち返るような気持ちで足を運んでみてはいかがでしょうか。

高千穂峡の基本情報

住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町向山
電話番号:0982-73-1213(高千穂町観光協会)
アクセス:博多駅から高速バスで約3時間30分
熊本駅から特急バスで約3時間
宮崎駅から高速乗合バスで約2時間40分

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -