東欧の古都クラクフのクリスマスマーケットを楽しむ5つのポイント!

| ポーランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東欧の古都クラクフのクリスマスマーケットを楽しむ5つのポイント!

東欧の古都クラクフのクリスマスマーケットを楽しむ5つのポイント!

更新日:2018/12/06 10:14

miyoshi yucaのプロフィール写真 miyoshi yuca 旅×カルチャー・ライター

東欧ポーランドの美しい古都「クラクフ」。歴史的な景観やアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所へのアクセスの良さから、年中観光客で賑わう観光都市です。中でも毎年クリスマスの時期になると開催されるクリスマスマーケットはヨーロッパでもトップの人気を誇り、クラクフはますます光と笑顔で溢れる街になります、今回はそんなクラクフのクリスマスマーケットの楽しみ方を5つのポイントにまとめてご紹介します!

1)ロケーションが世界遺産の街

1)ロケーションが世界遺産の街

写真:miyoshi yuca

地図を見る

クラクフの旧市街地中央に位置する「中央市場広場」。旧市庁舎の塔、聖マリア教会など歴史的な建物が立ち並び、中世ヨーロッパの雰囲気があり、まさにクリスマスマーケットのロケーションとしては抜群。世界遺産の街とイルミネーションとの共演は見ものです。

1)ロケーションが世界遺産の街

写真:miyoshi yuca

地図を見る

中央広場市場には、他にもお土産屋さんが並ぶ織物会館、クラクフ国立美術館や、地下博物館など見どころがたくさんあるので、観光も一度にできてちょうど良い!広場に面したカフェも多数あるので、常に観光客で賑わう場所でもあります。

2)ここでしか味わえないご当地グルメ

2)ここでしか味わえないご当地グルメ

写真:miyoshi yuca

地図を見る

クラクフのクリスマスマーケットで必ず見かけるのが「Oscypek(オスツィペック)」と言うポーランド南部の山岳地帯が産地の伝統的な燻製チーズです。塩気が強くクセがあるのでまずは味見。気に入ったら、その場で焼いてくれるのでクランベリーソースをかけて召し上がれ!

2)ここでしか味わえないご当地グルメ

写真:miyoshi yuca

地図を見る

ポーランドといえば「ピエロギ」と言っても良いほどの国民食。いわゆる「ポーランド風餃子」で、日本の餃子よりモチモチ感があります。中身はお肉や野菜など、特にじゃがいも、ほうれん草やきのこなどが一般的。焼いたものや茹でたものなど色々バラエティがあるので色々試してみて。

2)ここでしか味わえないご当地グルメ

写真:miyoshi yuca

地図を見る

クリスマーケットではお肉のグリルや煮込みもたくさんあります。写真中央は「ゴロンカ」と呼ばれ、豚のすねの煮込みのこと。名前の通り、ゴロッとした骨つきの肉の塊は見た目がまるで漫画見たい。柔らかくなるまで煮込んであるのでフォークで簡単に食べられます。クリスマスマーケットでは、ザワークラウトなどと一緒に煮込んだものが多く、寒いクリスマスシーズンは熱々のお肉で心も体もあったまります!

3)まとめ買いしたいポーランド土産

3)まとめ買いしたいポーランド土産

写真:miyoshi yuca

地図を見る

クラクフのクリスマスマーケットでは日本でも人気のポーランド陶器「ボレスワヴィエツ」ももちろん買えます!青が基調でかわいいデザインのものが多く、女性には必ず喜ばれるお土産です。専門店や日本で買うより安価で手に入るので要チェックです。

3)まとめ買いしたいポーランド土産

写真:miyoshi yuca

地図を見る

ポーランド産のハチミツは品質が高いことで有名で、ヨーロッパはもちろん海外にも多く輸出されています。ハチミツを使った化粧品なども人気があり、オーガニックコスメとしても注目を浴びています。クリスマスマーケットでは伝統的な手法でミツロウから作るロウソクも売っています。こちらもお値段がお手頃なので是非お土産に。

3)まとめ買いしたいポーランド土産

写真:miyoshi yuca

地図を見る

ポーランドのお土産として定番なのが木製の雑貨。ちょっととぼけた顔をした木製の人形や、ぬくもりのあるキッチン雑貨、それに木目が美しいオーナメントなど。どれももらって嬉しいものばかり!

4)季節限定のクリスマスグッズ

4)季節限定のクリスマスグッズ

写真:miyoshi yuca

地図を見る

ポーランドのクリスマスには欠かせないお菓子といえば「Piernik(ピェルニク)」と呼ばれるジンジャーブレッド。クリスマスらしいデコレーションが施されているものが多く、祭日の雰囲気が一気に上がります。リボンが付いているものはクリスマスツリーに飾ることもできるので目でも楽しめますね!

4)季節限定のクリスマスグッズ

写真:miyoshi yuca

地図を見る

ポーランド陶器「ボレスワヴィエツ」のクリスマスオーナメントは手作り感が持つ温かみがあり、きらびやかな一般的な飾りとは対照的で、一味違ったクリスマスの雰囲気を作り出します。毎年クリスマスの飾り付けをするたびにポーランド思い出すきっかけになりそう!

5)観光客も地元客も混ざって過ごすひと時

5)観光客も地元客も混ざって過ごすひと時

写真:miyoshi yuca

地図を見る

そして何よりもクリスマスマーケット最大の楽しみは、観光客も地元民も関係なく、肩を寄せ合って買い物を楽しんだり、美味しい食べ物を食べたり、家族同士や友達同士笑いあって、寒さも忘れてしまうような活気と笑顔で溢れる夜を過ごすこと。

5)観光客も地元客も混ざって過ごすひと時

写真:miyoshi yuca

地図を見る

異国のクリスマスマーケットには見たことがないものも、一見変わったものたくさん。勇気を出して屋台の人たちに「これは何?」と聞いてみれば新しい発見もあるはず。「食べてみる?」なんて言って味見させてくれるかもしれません。クリスマスマーケットならではの体験ができます!

5)観光客も地元客も混ざって過ごすひと時

写真:miyoshi yuca

地図を見る

さあ、次のクリスマスはクラクフのクリスマスマーケットで、楽しいひと時を過ごしてみませんか?

クラクフのクリスマスマーケットの基本情報

住所:Rynek Glowny 43, 30-013, Krakow
時間:10:00-20:00(期間中毎日)
開催期間:毎年11月の終わり頃から12月26日まで
アクセス:「クラクフ中央駅」下車徒歩 15分

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/27−2015/11/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -