LCC就航で話題の沖縄「下地島空港」24年ぶりの定期便で魅力満載の島へ

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

LCC就航で話題の沖縄「下地島空港」24年ぶりの定期便で魅力満載の島へ

LCC就航で話題の沖縄「下地島空港」24年ぶりの定期便で魅力満載の島へ

更新日:2018/12/04 14:32

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

青い海から航空機が下りてくる、あの絶景シーンが復活!2019年3月30日、LCCジェットスターが24年ぶりの定期便を、沖縄・下地島空港に就航させます。同時に新ターミナルも開業し、2019年は注目必至の下地島空港です。絶景ポイントの滑走路「17エンド」に穴場の「35エンド」、島の名所から宿泊施設まで、下地島空港周辺の見所をくまなく紹介。さらに最新の下地島空港ターミナル情報も!

国内航空券の最安値をチェック!

あの絶景シーン復活!下地島空港17エンド

あの絶景シーン復活!下地島空港17エンド

写真:離島 こむ

地図を見る

航空ファンのみならず、観光客にも人気の、あの絶景シーンが復活します。青い海から航空機が下りてくる、下地島空港17エンドのあの絶景。2019年3月30日、LCCジェットスターが「成田=下地島」に就航し、絶景シーンも復活します。しかも就航するのは24年ぶりの定期便なので、あの絶景を飛行機の中から楽しむこともできます。

あの絶景シーン復活!下地島空港17エンド

写真:離島 こむ

地図を見る

そもそも「17エンド」とは真北を0度とし、170度の方向(南)に向かって航空機が降りてくる、滑走路の北側のことを言います。航空機は向かい風になる方角へ離着陸しますので、17エンドから下りてくるのは南風限定。下地島空港のあの絶景シーンを楽しむなら、風向きをチェックし、南風の時期を選びましょう。

あの絶景シーン復活!下地島空港17エンド

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島空港17エンドは、あの絶景シーン以外も魅力満載。青い海に向かってどこまでも伸びていく桟橋のような誘導灯に、滑走路脇の広大な天然プールのような海、そしてそれらを見ながらドライブできる絶景ロードと、空港周辺だけでも魅力いっぱいです。さらにそこに航空機が加われば、その魅力はさらにアップすることでしょう。

別名「珊瑚エンド」の下地島空港35エンド

別名「珊瑚エンド」の下地島空港35エンド

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島空港といえば滑走路北側「17エンド」の絶景シーンが人気ですが、相対する南側「35エンド」も、実は魅力満載です。35エンドから航空機が下りてくるのは北風限定ですが、17エンドよりも航空機を近くに感じることができます。夏は17エンド、冬は35エンドが航空機の見学ポイントと覚えておきましょう。

別名「珊瑚エンド」の下地島空港35エンド

写真:離島 こむ

地図を見る

「35エンド」は別名「珊瑚エンド(サンゴエンド)」とも呼ばれ、35エンド脇の海の中には、生き生きした珊瑚がいっぱいです。35エンドはダイビングスポットとしても人気で、航空機だけではなく、海の中も楽しめる穴場です。タイミングが合えば、海の中から航空機を望めるかもしれません。

別名「珊瑚エンド」の下地島空港35エンド

写真:離島 こむ

地図を見る

17エンドの道は海沿いの「シーサイドロード」でしたが、35エンドの道はサトウキビ畑の中を伸びる「シュガーロード」。こちらも沖縄らしい絵になる光景です。タイミングが合えば、その道の先に航空機がフレームインすることも!?17エンドとは違った魅力が満載の、下地島空港35エンドです。

名所だらけの下地島空港西側

名所だらけの下地島空港西側

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島空港北側には絶景シーンが楽しめる「17エンド」。南側には珊瑚も楽しめる「35エンド」。そして西側には下地島の名所がいっぱい。中でも「中の島海岸」は、ダイビングやシュノーケリングの名所で、海に入ってすぐに珊瑚と熱帯魚の世界が広がります。1年を通して賑わう「中の島海岸」です。

<中の島海岸/カヤッファビーチの基本情報>
施設:トイレ・シャワーなどの施設無し
駐車場:道路を挟んだ向かい側の空き地を駐車スペースとして活用

名所だらけの下地島空港西側

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島空港西側で、中の島海岸と並んで人気の名所が「通り池」。沖縄でも珍しい、海の岩場にある大きな池です。2つの池があり、その2つは水中の地下部分で繋がっており、さらに海にも繋がっているという神秘的な池。上級者限定ですが、ダイビングなら海からこの2つの池を、海底洞窟で往来することもできる「通り池」です。

<通り池の基本情報>
施設:駐車場にトイレ有り、池近くに休憩所有り
駐車場:大型バスも駐車できる駐車場有り
海側の池:直径約75m、水深約45m
陸側の池:直径約55m、水深約25m

名所だらけの下地島空港西側

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島空港西側で、中の島海岸と通り池の間にあるのが「下地島巨岩」。一見、単なる「岩場」のように見えますが、実は明和8年(西暦1771年)の大津波で、下地島に打ち上げられた巨大な「岩」なのです。今では信仰の場ともなり、大漁・航海安全・家内安全が祈願される「下地島巨石」です。

<下地島巨石/帯岩/オコスゴビジーの基本情報>
施設:無し
駐車場:空き地を駐車スペースとして活用
巨石:高さ約12.5m、岩回り約59.9m、重さ測定不能

新ターミナルも開業する下地島空港東側

新ターミナルも開業する下地島空港東側

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島空港東側には空港管制塔がありますが、他にも様々な施設が集まるエリアです。中でも「サシバリンクス伊良部」は、隣接する伊良部島も含めて、島唯一のゴルフ場。ハーフラウンドコースですが、新ターミナルにも近くて利便性抜群です。下地島空港を発着する航空機を見ながら、ゴルフができる「サシバリンクス伊良部」です。

<サシバリンクス伊良部の基本情報>
住所:沖縄県宮古島市伊良部国仲659
電話:0980-74-5555
ゴルフ場:9ホール、3199ヤード、パー36

新ターミナルも開業する下地島空港東側

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島に集落はありませんが、下地島空港東側には空港関係者のために、住宅等の施設群があります。その一部を宿泊施設として活用しているのが「下地島コーラルホテル」。もともとは下地島空港での訓練用宿泊施設でしたが、現在は一般も宿泊できます。まさに空港を近くに感じながら宿泊できる「下地島コーラルホテル」です。

<下地島コーラルホテル/オーシャンハウスinさしばの基本情報>
住所:沖縄県宮古島市伊良部国仲925-1
電話:0980-78-6787

新ターミナルも開業する下地島空港東側

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島空港東側には、格安でコテージに宿泊できる「民宿キャンプ村」もあります。宮古島市が民間に委託して運営しているキャンプ場で、コテージでも格安。もちろんテントを張ってキャンプもできるので、下地島空港近くでアウトドアを楽しみながら宿泊したい方におすすめの「民宿キャンプ村」です。

<民宿キャンプ村の基本情報>
住所:沖縄県宮古島市伊良部国仲969
電話:0980-78-6008

下地島空港旅客ターミナルの最新情報

下地島空港旅客ターミナルの最新情報

写真:離島 こむ

地図を見る

下地島空港は地方空港でありながら、大型ジェット機も発着できる3000m級の滑走路を有しており、1994年までは定期便もありました。その後はパイロット訓練用として利用され、「タッチアンドゴー」という訓練の光景が観光客に人気でした。しかしその訓練も近年はあまり行われなくなりましたが、2019年3月30日に、24年ぶりの定期便復活が決定!

下地島空港旅客ターミナルの最新情報

写真:離島 こむ

地図を見る

24年ぶりに復活する下地島空港への定期便は、LCCジェットスターの「成田=下地島」便。定期便就航にあわせ、下地島空港には新ターミナルも開業します。さらにその整備にあわせて、空港周辺も再開発。将来的には国際線から、プライベートジェットも受け入れることができる施設も整備されます。

下地島空港旅客ターミナルの最新情報

写真:離島 こむ

地図を見る

2019年に定期便が復活する下地島空港ですが、当面は1日1往復のみ。あの17エンドの絶景シーンは、1日1回のみで南風限定です。しかし定期便復活後は、17エンドの絶景を「飛行機の中」から楽しむこともできます。24年ぶりに復活する定期便に乗って、注目の「下地島空港」に下りてみませんか?

下地島空港旅客ターミナルの基本情報

住所:沖縄県宮古島市伊良部字佐和田1727番地
空港施設:チェックインカウンター12ヶ所、搭乗ゲート3ヶ所、到着ロビー国際線/国内線各1ヶ所、飲食店2店舗、物販店3店舗(免税店含む)、バス乗り場、タクシー乗り場、レンタカー受付カウンター、ATM
開業日:2019年3月30日

就航航空会社:ジェットスター・ジャパン(国内線LCC)
就航路線:成田国際空港=下地島空港(1日1往復)
就航機材:エアバス A320型機(180人乗り)
就航日:2019年3月30日

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -