ゆたかな東京湾との深〜いつながり!千葉・富津埋立記念館

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ゆたかな東京湾との深〜いつながり!千葉・富津埋立記念館

ゆたかな東京湾との深〜いつながり!千葉・富津埋立記念館

更新日:2018/12/06 10:41

カノオミツヒサのプロフィール写真 カノオミツヒサ フリーライター

東京湾の新鮮な海の幸が獲れる、千葉県富津市。江戸の食文化に貢献するほど豊かな漁場を抱え、江戸時代に伝えられた海苔の養殖が盛んです。
経済の発展に伴い沿岸の一部は埋め立てられましたが、この事業を記念して建てられたのが「富津埋立記念館」。館内には実際に使用していた漁具があるほか、模型やジオラマによって漁の様子を再現。海が育んできた人々の暮らしが分かります。
今回は、富津埋立記念館をご紹介します。

砲台が目印?!ユニークな形の記念館

砲台が目印?!ユニークな形の記念館

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

富津埋立記念館の最寄り駅は、JR内房線の青堀駅。東京からは約1時間30分です。駅からは富津公園行きの路線バスで5分ほどの「新井」バス停で下車。そこから400メートル歩けば、ドーム型のユニークな建物が見えてきます。
お車の場合は東京湾アクアラインから館山自動車道の木更津南ICを利用。海沿いを15分走ると到着です。

富津埋立記念館は1993年(平成5年)に建てられました。ドーム部分はかつて江戸を守るため富津岬に設置された砲台、建物は魚を生け捕りにする富津の伝統漁法「すだて漁」をイメージしています。

富津といえば海苔!

富津といえば海苔!

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

富津は江戸時代後期に海苔養殖が伝えられました。遠浅の富津の海は養殖に適しており、現在は海苔漁師1軒当たり1日2万枚ほどの海苔が収穫されています。「ノリをとる技術」のコーナーでは、海苔漁の模型や漁具が多数展示されています。

富津といえば海苔!

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

こちらは海苔養殖の変遷を表した模型。昭和40年代までは海の中に立てた竹や木など(画面手前)に、自然に付いた海苔を育て、成長したものを船から手を伸ばして摘んでいました。現在では化繊網(あらかじめ海苔の胞子を付けたもの。画面奥)を使用。網の下を船がくぐり、刃で切り落として採取しています。

富津といえば海苔!

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

摘んできた海苔は包丁やミキサー(写真)によって細かく裁断され、紙漉きのように四角く整えられたあと、天日干しにされます。今では機械化されている工程ですが、実際に使われていた道具を目の前にすると、当時の苦労がうかがえます。

ここは宇宙空間?海底で行う潜水器漁

ここは宇宙空間?海底で行う潜水器漁

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

海で採れるのは、海苔だけではありません。明治から昭和にかけては平貝やミル貝、その後は赤貝やトリ貝のほか、アサリ、バカ貝が収穫されています。重さ15キロのヘルメットをかぶって海底で漁をする姿は、まるで宇宙飛行士のよう。海中で6時間の作業を行う方もいるのだそうです。

ここは宇宙空間?海底で行う潜水器漁

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

潜水器漁は、船から空気を潜水夫に送ります。こちらの「フランス式手押しポンプ」は、両端のハンドルを動かして空気を送り込む機械です。コンプレッサーが登場する昭和初期まで使用されていました。

種類いろいろ。富津の伝統漁法

種類いろいろ。富津の伝統漁法

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

こちらは「東京湾ジオラマ」。網をころがしてカレイなどを獲る「ころばし網漁」、風力を利用して底引き網を引っ張る「打瀬(うたせ)網漁」など、富津の伝統的な漁法が紹介されています。

種類いろいろ。富津の伝統漁法

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

さきほど潜水器漁をご紹介しましたが、船の上ではポンプを動かす人のほか、船を漕ぐ人や潜水夫との交信役が作業をしています。どの漁も、仲間とのチームワークを必要としていることが分かります。

海堡ってなんだろう?

海堡ってなんだろう?

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

館内には、富津の「海堡」(かいほう)を紹介しているコーナーがあります。海堡は明治〜大正期、東京を守るため富津岬沖に建てられた人工要塞で、砲台にはいくつものカノン砲がありました。第三海堡は安全上の理由で撤去されてしまいましたが、第一海堡・第二海堡は現在も残っており、車で10分ほどの場所にある富津岬の展望台から見ることができます。

海堡ってなんだろう?

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

第一海堡は、かつて富津岬の砂州とつながっていました。しかし侵食によって、今では洋上に浮かぶ島となっており、許可なく立ち入ることはできなくなっています。当時の様子を知る方に話を伺うと、バイクで行くこともできたのだとか。1枚1枚の写真から、富津の自然や歴史が語られています。

かつての海の姿や、そこで生きる人々の生活を感じることができる施設です。
みなさまもぜひ、富津埋立記念館を訪れてみてください。

富津埋立記念館の基本情報

住所:千葉県富津市新井字浜932−3
電話番号:0439-87-9740
アクセス:JR内房線・青堀駅からバス「新井」下車。徒歩5分

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -