仏像だらけの迷路のような洞窟!ミャンマー「ピンダヤ洞窟」

| ミャンマー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

仏像だらけの迷路のような洞窟!ミャンマー「ピンダヤ洞窟」

仏像だらけの迷路のような洞窟!ミャンマー「ピンダヤ洞窟」

更新日:2018/12/08 14:09

都築 空のプロフィール写真 都築 空 トラベルホリック、ときめき写真撮り

ミャンマーのシャン州、ピンダヤにあるピンダヤ洞窟はミャンマーの巡礼地の1つでもあり、観光スポットにもなっています。

ミャンマーには観光スポットになっている洞窟がいくつかあり、私たちが普通想像する洞窟とは少し異なります。自然にある洞窟の中にたくさんの仏像が並べられており、テーマパークのアトラクションの様に感じることもできます。絶景スポットでもあるピンダヤの観光スポット、ピンダヤ洞窟をご紹介します。

ダヌ族が多く暮らすピンダヤの街

ダヌ族が多く暮らすピンダヤの街

写真:都築 空

地図を見る

ピンダヤはミャンマーのシャン州に位置する街で、ダヌ族が多く暮らしています。ミャンマーには135もの民族がおり、街によってさまざまな民族に出会うことができます。

ダヌ族が多く暮らすピンダヤの街

写真:都築 空

地図を見る

ピンダヤは、シャン州の州都であるタウンジーからは約70キロ、カローからは約50キロ離れており、シャン州の山間にある街です。ピンダヤの標高は1000メートルを少し超えており、比較的涼しい気候のため過ごしやすく感じるでしょう。

ダヌ族が多く暮らすピンダヤの街

写真:都築 空

地図を見る

ピンダヤの街の中心部にはマーケットがあり、人々で栄えています。

ピンダヤという街の名前の由来はクモ?

ピンダヤという街の名前の由来はクモ?

写真:都築 空

地図を見る

ピンダヤには伝説があり、街の名前の由来にもなっていると言われています。

昔この地域にシャン族のお姫様がいました。その時、洞窟に暮らしていた巨大なクモがそのお姫様を洞窟の中に閉じ込めてしまいます。助けに向かったのは王子様で、弓矢を使ってクモを退治しました。

ピンダヤという街の名前の由来はクモ?

写真:都築 空

地図を見る

ピンダヤという名前の由来はミャンマー語でクモを射たという発音がもとになっていると言われています。

ピンダヤ洞窟の入り口にはそのモチーフとして王子がクモを射る瞬間の光景を再現した人形が飾られています。

ピンダヤの街を一望できる山の背にある洞窟

ピンダヤの街を一望できる山の背にある洞窟

写真:都築 空

地図を見る

ピンダヤ洞窟は山を少し上った場所にあります。入口周辺には土産屋が並んでおり、駐車場もそこにあります。

洞窟に入るには階段を上ります。仏教の神聖な場所ですので、パゴダを訪れる時と同じように靴と靴下を脱ぎ、裸足になる必要があります。

ピンダヤの街を一望できる山の背にある洞窟

写真:都築 空

地図を見る

階段の途中、カメラ撮影代の支払いをする場所があります。その場所から先は階段でも登れますが、一気に上まで登ることのできるエレベーターがあるので、体力がない人でも安心です。

ピンダヤの街を一望できる山の背にある洞窟

写真:都築 空

地図を見る

エレベーターから降りた場所からの景色がとてもよく、山のふもとにあるパゴダが見えたり、ピンダヤの街にある湖が見えたりなど、どこまでも豊かな自然が続くミャンマーの景色を眺めることができます。

洞窟の入り口まで続く階段の屋根もミャンマーならではの美しい景色の1つになっています。

所狭しと並ぶ圧巻の仏像の数

所狭しと並ぶ圧巻の仏像の数

写真:都築 空

地図を見る

建物の中に入ると入場料を支払う窓口があります。そこで入場料を支払いましょう。

さらにあと少し階段を上るとそこは一気に洞窟の中になります。右も左も上も下も仏像だらけの空間に最初は驚き、全ての仏像からみられているような緊張感を味わいます。

所狭しと並ぶ圧巻の仏像の数

写真:都築 空

地図を見る

奥へ進んでも所狭しと仏像が並んでおり、まるで迷路のようになっています。仏像の間をぬって奥へ進むと広い空間が広がっており、そこが洞窟であることを思い出させます。

所狭しと並ぶ圧巻の仏像の数

写真:都築 空

地図を見る

仏像は寄付されたものでそれぞれに国の名前や人の名前などが書かれています。

ちょっと変わったミャンマーの洞窟を味わってみては

ちょっと変わったミャンマーの洞窟を味わってみては

写真:都築 空

地図を見る

8000体以上の仏像がおさめられているというピンダヤ洞窟。ミャンマーの人々にとっては仏教の信仰の場ですので、観光地とはいえ、敬意を払うようにしましょう。

ちょっと変わったミャンマーの洞窟を味わってみては

写真:都築 空

地図を見る

恐らく洞窟の中に入ってしまえば仏教を信仰していない人であっても、無数の仏像からみられているような緊張感で自然と気持ちが引き締まると思います。

ちょっと変わったミャンマーの洞窟を味わってみては

写真:都築 空

地図を見る

少し変わったミャンマーの洞窟の異世界感を味わうためピンダヤ洞窟を訪れてみることをおすすめします。

ピンダヤ洞窟(Pindaya Cave)の基本情報

住所:Pindaya, Southern Shan State, Myanmar
電話番号:+95-9-44800-8459
アクセス:ピンダヤ中心部から車で約5分
営業時間:6:00〜18:00

2018年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -