大人もハマる太古の森!名護「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」

大人もハマる太古の森!名護「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」

更新日:2019/08/13 17:01

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ アマチュア写真家
美しい海だけでなく沖縄は緑の自然も素晴らしい場所。でもやりたい事が多くて時間が…という方もいらっしゃるでしょう。そんな方にもお薦めなのが、紅芋タルト等お土産品が揃う「御菓子御殿」名護店に併設されている「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」です。
恐竜たちがひそんでいるのは、なんと高さ10メートルを超えるヒカゲヘゴの原生林!さあ、ちょっとドキドキしながら沖縄の豊かな緑の中へ探検に。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

紅いもタルトで有名な御菓子御殿

紅いもタルトで有名な御菓子御殿

写真:万葉 りえ

地図を見る

沖縄のお土産で人気の紅いもタルト。その始まりは読谷村の村おこし事業でした。現在似たような菓子は他からも出されていますが、御菓子御殿の紅いもタルトは素材も沖縄にこだわった物。

その直営店「元祖紅いも菓子本舗 御菓子御殿」名護店があるのは、沖縄美ら海水族館もある本部半島です。本部半島の中ほどを通り、ナゴパイナップルパークやOKINAWAフルーツランドなどテーマパークが多い84号線。ご紹介する御菓子御殿名護店もその84号線沿いに位置します。

沖縄唯一、一億年前から生息していた「ヒカゲヘゴ」の原生林

沖縄唯一、一億年前から生息していた「ヒカゲヘゴ」の原生林

写真:万葉 りえ

地図を見る

御菓子御殿の建物の裏側に残っているのが、一億年前から生息しているといわれている「ヒカゲヘゴ」の原生林です。高さ10メートルを超える木々を下から見上げると、それだけでも時空を超えた気分になるでしょう。

鳥の羽のような葉と、小判がびっしり張り付いたような幹をもつヒカゲヘゴの木。やんばるの昔話によると、ヘゴの小判に触れると金運に恵まれ幸せになると伝えられているのです。

沖縄唯一、一億年前から生息していた「ヒカゲヘゴ」の原生林

写真:万葉 りえ

地図を見る

また、この森を歩けば様々な花が出迎えてくれるでしょう。季節ごとに変わる美しい花も珍しい熱帯のものなどがあれこれ。背の高い亜熱帯の木々と、射し込む木漏れ日。遊歩道も整備されており、散策だけでも大自然の中で癒されます。

恐竜時代へタイムスリップ

恐竜時代へタイムスリップ

写真:万葉 りえ

地図を見る

坂を下れば、木々が濃くなっていきます。緑の間へと進んでいくと、どこかでごそごそと動く気配。振り向けば、唸り声とともに両手をあげて…。

恐竜時代へタイムスリップ

写真:万葉 りえ

地図を見る

でも、ここにいるのは恐ーい恐竜ばかりではありません。途中の展望台のところではこのように一緒に記念写真におさまってくれる恐竜もいるのです。

恐竜時代へタイムスリップ

写真:万葉 りえ

地図を見る

「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」にひそんでいる恐竜は、ティラノサウルスやステゴサウルス、プラキオサスルスなど、その数、なんと80体以上です。襲い掛かってくるような大きなものはもちろん、小さな恐竜が花のかげに隠れていたり、卵があったり。

普段よく見る木々とは全く違う亜熱帯の植生の中。ですから恐竜がいる世界のリアル感が違います!太古にタイムスリップしたか、恐竜映画の世界に入ったような感覚も味わっていただけるでしょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

探してみよう お茶目な恐竜

探してみよう お茶目な恐竜

写真:万葉 りえ

地図を見る

アニメなどで恐竜は知っていても、実物に近い恐竜に接するのは初めてというお子さんだっているでしょう。お子さん連れも多いこのパーク。こわごわと親にしっかり抱きついている子から、「怖くないよ〜」と言わんばかりに自分でさっさと進んでいく子まで、子どもたちの様子も様々です。
ほーら、そんなに急いでいくと、その先には・・・。

元気に進んだその先で、突然ぎゃあーという泣き声が響き渡ることも。何事かと追いかければ、そこには歩道にドーンと横たわる恐竜。
突然現れて、大人でもギョッとしてしまうこの仕掛け。どこで待っているのか楽しみですよね。でも、このことは絶対にネタバレ禁止!!です。

探してみよう お茶目な恐竜

写真:万葉 りえ

地図を見る

また、コースの終盤にはこんな恐竜も待っています。口にくわえているのは、もちろんあの御菓子。

タイムスリップした後のお楽しみ

タイムスリップした後のお楽しみ

写真:万葉 りえ

地図を見る

ちょっとはらはらしながら、でも原生林の持つ力に癒されながら、30〜40分で周ることができる恐竜パーク。最後のキッズスペースにはステゴサウルスの滑り台や写真スポットも用意されているので、お子さん連れはもう一度恐竜たちと仲良くなっておきましょう。

タイムスリップした後のお楽しみ

写真:万葉 りえ

地図を見る

一緒に記念撮影した恐竜や、カッコよさに大好きになった恐竜などお気に入りの恐竜ができたかもしれません。恐竜ショップはキッズスペースを抜けた場所に用意され、リアルな姿のフィギュアからぬいぐるみ、菓子にネクタイ等、恐竜に関するお土産品がたっぷり揃っています。

タイムスリップした後のお楽しみ

写真:万葉 りえ

地図を見る

そして、最後のお楽しみがこちら。
紅いもタルトをはじめとしてたくさんのお土産品が並ぶ一角で、紅イモを使った生ケーキも味わえます。タルト以外の紅芋の美味しさも味わっておきましょう。

楽しい時間と美味しい時間が両方楽しめる「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」。子連れでもカップルでも、ここで沖縄の豊かな緑の一部を体感しませんか。

御菓子御殿 名護店「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」の基本情報

住所:沖縄県名護市中山1024-1
電話番号:0980-54-8515
入園料:大人(16歳以上)800円、小人(4〜15歳)500円

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -