ミャンマーのマンダレーの街を一望できる「マンダレーヒル」

| ミャンマー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ミャンマーのマンダレーの街を一望できる「マンダレーヒル」

ミャンマーのマンダレーの街を一望できる「マンダレーヒル」

更新日:2018/12/09 16:34

都築 空のプロフィール写真 都築 空 トラベルホリック、ときめき写真撮り

ミャンマーのマンダレーはヤンゴンに続く第2の都市です。ミャンマー最後の王朝となったコンバウン朝の首都となっていたマンダレーは、現在でも主要な都市として位置づけられています。

マンダレーヒルはマンダレーの街の北側にあり、美しい朝日や夕日を眺めることのできる観光スポット。また外国人観光客が訪れるだけでなく、ウォーキングをしたり、参拝をしたり、ミャンマーの人々にとっても欠かせない場所です。

ミャンマーの人々にとっては神聖な丘

ミャンマーの人々にとっては神聖な丘

写真:都築 空

地図を見る

マンダレーヒルは高さ約230メートルほどの山です。遠くから見るとまさに丘という感じであまり高さを感じません。しかし、麓に行き実際に上ってみると、周辺に高い建物や山が無いため、高さを感じることができます。

ミャンマーの人々にとっては神聖な丘

写真:都築 空

地図を見る

マンダレーヒルは丘自体が神聖な場所とされています。頂上にはパゴダがある他、ところどころに仏塔や仏像があります。

頂上でパゴダの中に入る際には、靴や靴下を脱いで裸足で入る必要があります。また、キャミソールやショートパンツも禁止されているので、適した服装で出かけるようにしましょう。

マンダレーの北側に位置するマンダレーヒル

マンダレーの北側に位置するマンダレーヒル

写真:都築 空

地図を見る

マンダレーヒルはマンダレーの街の北側にあります。マンダレー駅などがある中心地からだと約6キロ離れており、タクシーで約15分かかります。

マンダレーの北側に位置するマンダレーヒル

写真:都築 空

マンダレーヒルへは、マンダレー中心部から歩いて向かうにはかなり時間がかかります。マンダレーは晴れの日が多いことでも知られており、かなり暑いので、徒歩で行くことはおすすめしません。

ゼージョーマーケットの近くからバスに乗っていくか、ホテルにタクシーを呼んでもらい向かうのが良いでしょう。

頂上までは階段か坂道を使って登るのがおすすめ

頂上までは階段か坂道を使って登るのがおすすめ

写真:都築 空

地図を見る

頂上までは車で行くこともできるので、時間が無い人はタクシーで上まで連れて行ってもらうこともできます。

頂上までは階段か坂道を使って登るのがおすすめ

写真:都築 空

地図を見る

ただ、せっかくなので歩いて頂上まで向かう事をおすすめします。白いライオンの像が2体立っている間の階段から登るか、緩やかな傾斜の舗装された坂道を登ることができます。

頂上までは階段か坂道を使って登るのがおすすめ

写真:都築 空

地図を見る

地元の人々は運動の為に早朝この坂道を上り、頂上付近にある器具で運動をしたり、参拝をしたり、景色を眺めたりしています。日が昇るとマンダレーはかなり暑くなるので、ミャンマーの人々は早朝に活動をしています。

マンダレーの街が盆地にあることを実感

マンダレーの街が盆地にあることを実感

写真:都築 空

地図を見る

頂上に到着するとパゴダがあります。そこのテラスからの景色が絶景として知られているのですが、ミャンマーの人々はその下にある別の仏塔から朝日や夕日を眺めています。

頂上のパゴダまでは階段かエレベーターを使用して上ることができます。パゴダの中はきらびやかな装飾がされていて、かなり豪華な印象を受けます。

マンダレーの街が盆地にあることを実感

写真:都築 空

地図を見る

一番上まで到着するとテラスになっており、360度一周することができます。登って左側に進んで見える景色がマンダレーの街並みです。街並みとはいっても手前に大きな敷地の王宮があるので、市街地は遠くの方に見える程度です。

マンダレーの街が盆地にあることを実感

写真:都築 空

地図を見る

王宮はお堀に囲まれているので、四角くなっているのがよくわかります。そのまま右の方に目をやるとエーヤワディー川が目に入ります。

そのさらに右側は建物がほとんどなく、緑が広がっています。

マンダレーで美しい景色を

マンダレーで美しい景色を

写真:都築 空

地図を見る

マンダレーヒルへは観光客が朝日や夕日を見るため多く訪れるほか、ミャンマーの人々も多く訪れます。ミャンマーにはさまざまな民族がいますが、民族衣装を着た人々も参拝に訪れます。

マンダレーで美しい景色を

写真:都築 空

地図を見る

ミャンマーの人々は自分が産まれた曜日を大事にしており、それぞれの曜日の仏像があります。その自分が産まれた曜日の仏像に願い事をします。

マンダレーで美しい景色を

写真:都築 空

地図を見る

マンダレーヒルはそれほど高い山ではありませんが、階段や坂道を上るのに約30分ほどかかります。少し体力が必要ですが、マンダレーを一望できるテラスはマンダレーを観光するなら必ず訪れたい場所です。朝日を狙って早朝か、夕日を狙って日が沈む前までに登り、その景色をぜひ楽しんでみてください。

マンダレーヒル(Mandalay Hill)の基本情報

住所:Mandalay Hill St., Aungmyethazan Township, Mandalay
アクセス:マンダレー中心部から車で約15分

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/29 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -