雨の日でも楽しめる!沖縄本島南部で「島イチゴ」を味わおう

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

雨の日でも楽しめる!沖縄本島南部で「島イチゴ」を味わおう

雨の日でも楽しめる!沖縄本島南部で「島イチゴ」を味わおう

更新日:2019/01/05 21:56

Belle Churakoのプロフィール写真 Belle Churako 禁煙旅行推進ライター、沖縄女子旅応援ライター、素敵カフェ・レストラン発掘人

「沖縄でイチゴ狩り?」意外に思われるかもしれませんね。実は沖縄では近年イチゴ農家が徐々に増え始めており、雨の日でも楽しめると人気のアクティビティになっているのです。今回ご紹介するのは、空港や観光地からのアクセスが格段に良い、本島南部の南城市と糸満市にハウスを構える「美らイチゴ」。沖縄生まれの島イチゴがたくさん実ったハウスで、イチゴ狩りを体験してみませんか?

「美らイチゴ」ハウスは南城市と糸満市の2つ!

「美らイチゴ」ハウスは南城市と糸満市の2つ!

提供元:株式会社美らイチゴ

http://www.chura-ichigo.jp/地図を見る

沖縄の太陽の光と肥沃な大地、キレイな水で育った農産物は「島○○」と呼ばれます。イチゴは紫外線や高温に弱いので、沖縄での栽培は難しいとされていました。しかし、最近の技術の進歩や、冬の温暖な気候に適した品種の選定により、徐々にその生産量を増やしています。

今回ご紹介するのは、沖縄でイチゴづくりをはじめて3年目の「美らイチゴ」。
従来は沖縄本島の中でも中北部にしかなかったイチゴのハウスを、空港や観光地からのアクセスが格段に良い本島南部に設けています。

「美らイチゴ」ハウスは南城市と糸満市の2つ!

提供元:株式会社美らイチゴ

http://www.chura-ichigo.jp/地図を見る

「美らイチゴ」のイチゴハウスは2つあります。
1つは世界遺産・斎場御嶽から車で10分という立地で、ドライブスポットとしても有名な「ニライ橋・カナイ橋(ニライカナイ橋)」を登って5分ほどの場所にある南城ハウス。
小高い丘の上に立ち、遠くには知念の海が臨める場所に、県内最大規模の3つのハウスが並んでいます。駐車場が整備されているので、車を停めやすいです。

「美らイチゴ」ハウスは南城市と糸満市の2つ!

写真:Belle Churako

地図を見る

そしてもう1つの「糸満ハウス」は、ひめゆりの塔から車で5分ほど。サトウキビの畑に囲まれ、海を臨む場所にあります。
こちらは駐車場がありませんので、スタッフの方の誘導に従って車を停めてください。

イチゴ摘み取り体験の内容

イチゴ摘み取り体験の内容

写真:Belle Churako

地図を見る

美味しそうに実ったイチゴ。「美らイチゴ」では、島イチゴ摘み取り体験のプランを2つご用意しています。1つは、40分の食べ放題プラン。ハウスのイチゴを好きなだけ時間内で召し上がることができます。ただし、持ち帰りは不可。

イチゴを持ち帰りたい場合は、もう1つのパック売りプランの申込が必要です。パック売りプランは、その場ではイチゴを食べることはできませんが、規定パック一杯に苺を詰めて持ち帰ることができます。パックはS(約160グラム)・ M(約250グラム)・L(約350グラム)の3種類。プランごとの料金は関連情報の美らイチゴWEBサイトにてご確認くださいね。

イチゴ摘み取り体験の内容

写真:Belle Churako

地図を見る

「美らイチゴ」で作っている島イチゴの品種は、次の5種類です。どの列にどのイチゴがあるかというのは、札で表示されています。
・よつぼし:実の中まで赤く、味のバランスが取れたイチゴ
・恋苺:甘酸っぱい初恋の味が楽しめるイチゴ
・かんな姫:艶やかな紅色と円錐形が美しいイチゴ。スタイル良し
・かおり野:大粒で柔らかい食感と上品な香りが特徴
・恋みのり:桃のような甘い香りが特徴。果肉がしっかりしていて食べごたえあり
お好きなイチゴはありましたか?今後も栽培品種を増やしていくそうで、楽しみですね。

イチゴ摘み取り体験の内容

写真:Belle Churako

地図を見る

「美らイチゴ」の島イチゴ摘み取り体験は、例年12月から翌5月までですが、2018年は台風の影響もあり、2019年1月6日がプレオープンとなりました。オープン後でも、赤いイチゴが狩られてしまってなくなった場合は、イチゴ狩りに対応できるくらい充分にイチゴが実るまで、開園時間や営業日が変更になることがあります。

「美らイチゴ」では、予約を受け付けておらず、先着順での案内になるので、当日イチゴ狩りが可能かどうかは、記事下の「関連メモ」より、WEBサイトのお知らせ・「美らイチゴCalendar」をご確認くださいね。

島イチゴを使ったスイーツも!美らイチゴのフードトラック

島イチゴを使ったスイーツも!美らイチゴのフードトラック

提供元:株式会社美らイチゴ

http://www.chura-ichigo.jp/地図を見る

南城ハウスには、島イチゴ摘み取り体験期間中には、ハウス前にフードトラックがお目見えします。摘み取り体験のオフシーズンには、島いちごを使った美味しいスイーツを県内のイベントなどで移動販売しているので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

島イチゴを使ったスイーツも!美らイチゴのフードトラック

提供元:株式会社美らイチゴ

http://www.chura-ichigo.jp/地図を見る

フードトラックでは、島イチゴをたっぷり使ったスムージー、沖縄のこだわりジェラッテリア「South & North」と共同開発したアイスクリーム、新鮮なイチゴをたっぷり使ったシュークリームを販売しています。スイーツは南城ハウスのみの提供で、糸満ハウスではアイスクリームのみの販売です。

島イチゴを使ったスイーツも!美らイチゴのフードトラック

写真:Belle Churako

地図を見る

南城ハウスでは、採れたてイチゴを好きなだけトッピングできる、盛り放題のパフェのワークショップが人気。新鮮なイチゴ、イチゴソース、アイスクリームなどをカップに乗せて、自分だけのオリジナルパフェを作ってみませんか?
ワークショップ開催は不定期なので、事前にWEBサイトにてご確認くださいね。

「美らイチゴ」は、両方のハウスが空港から1時間以内に行ける場所にありますので、沖縄に旅行に来て、当日が雨天のため海に行けない時や、空港に行く前後の時間が少し空いたので何かしたい時……そんな時のピンチヒッターとしても役立ってくれそうです。沖縄でイチゴ狩り、新しいアクティビティとして注目ですよ!

美らイチゴの基本情報

<南城ハウス>
住所:沖縄県南城市玉城垣花屋宜原555番
電話番号:090-4581-4115
定休日:なし(イチゴの生育状況による。赤い実のイチゴがなくなり次第終了)
※パフェづくり体験のワークショップは南城ハウスのみ

<糸満ハウス>
住所:沖縄県糸満市伊原352番
電話番号:090-4341-4115
定休日:なし(イチゴの生育状況による。赤い実のイチゴがなくなり次第終了)

<イチゴ狩りプラン(共通)>
A)食べ放題プラン
営業時間:10:00〜16:00(最終受付15:00)
料金
【開園〜4月7日】大人(中学生以上)1,800円/小学生1,300円/3歳〜・75歳〜・障がい者800円
【4月8日〜閉園】大人(中学生以上)1,600円/小学生1,100円/3歳〜・75歳〜・障がい者600円

※摘み取ったイチゴの持ち出し不可
※ただし、食べ放題プラン利用の方は、持ち帰りいちご用パックを下記料金より100円引きで購入可能

B)パック売りプラン
【開園〜4月7日】S(約160グラム)500円/M(約250グラム)750円/L(約350グラム)1,000円
【4月8日〜閉園】S(約160グラム)400円/M(約250グラム)600円/L(約350グラム)800円

※ハウス内でのいちごの試食、食べ比べ不可
※入場には1人1パック以上の購入が必要(3歳以上)

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/11−2018/12/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -