日の出も富士山クルーズも!駿河湾の絶景&美食づくし2泊3日モデルコース

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日の出も富士山クルーズも!駿河湾の絶景&美食づくし2泊3日モデルコース

日の出も富士山クルーズも!駿河湾の絶景&美食づくし2泊3日モデルコース

更新日:2018/12/27 17:51

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

絶景の宝庫・駿河湾。空気の透明度の高い冬は、空と海が真っ赤に染まるサンライズ・サンセットの美しさが際立つ季節。今回はこの絶景をホテルに居ながらにして楽しむために、駿河の西に位置する焼津、東に位置する堂ヶ島に泊まる2泊のプランをご提案。ホテル間の移動は駿河湾フェリーを利用し富士山の絶景を、西伊豆では大自然が創り上げた壮麗な堂ヶ島洞窟めぐりも楽しみます。もちろん伊豆が誇るグルメも満喫しましょう!

1日目:焼津で海の幸&サンライズロードを堪能

1日目:焼津で海の幸&サンライズロードを堪能

提供元:焼津さかなセンター

http://www.sakana-center.com/about/地図を見る

今回の旅は焼津からスタート。焼津は静岡駅からJR東海道本線で12分ほど。焼津に来たからには海の幸ランチ!「焼津さかなセンター」では買い物はもちろん試食やランチも楽しめます。丼から溢れんばかりの海鮮丼やマグロ丼がたまりません。

<焼津さかなセンターの基本情報>
住所:静岡県焼津市八楠4丁目13番地の7
電話番号:054-628-1137
営業時間:9:00〜17:00
アクセス:東名焼津ICより車で1分、焼津駅より自主運行バスで約20分(関連MEMO参照)

1日目:焼津で海の幸&サンライズロードを堪能

提供元:中島屋ホテルズ 焼津グランドホテル

http://www.sn-hotels.com/ygh/地図を見る

焼津から旅をスタートするのは、駿河湾に昇る日の出をホテルから楽しむため。今回は、海に架かるサンライズロードを部屋に居ながらにして楽しめる「中島屋ホテルズ 焼津グランドホテル」に宿泊。断崖絶壁の高台に建つこのホテルは駿河湾の絶景はもちろん、晴れた日には富士山まで望めます。

また、露天風呂も兼ね備えた「海のお風呂」と「森のお風呂」は、地下1,500mから湧出す弱アルカリ性の塩化物泉“やいづ黒潮温泉”。滞在を楽しめるカフェやアミューズメントも充実しています。

1日目:焼津で海の幸&サンライズロードを堪能

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

客室は、富士ビュー・オーシャンビュー・キッズに優しいファミリールームなど様々なタイプがあり、夕食も駿河湾の海の幸満載!ライブキッチンも楽しめる「ブッフェプラン」、ワンランク上の「駿河の恵・特選和会席プラン」があるので、お好みのプランをチョイスし予約を。

夜になるとフロント前に翌日の天気予報と日の出時間が掲示されるので目覚ましのセットを。お天気に恵まれたなら、海に架かるサンライズロードが目の前に!

<中島屋ホテルズ 焼津グランドホテルの基本情報>
住所:焼津市浜当目1489
電話番号:054-627-1121
アクセス:焼津駅より送迎バス、またはタクシーで5分

2日目午前:清水港〜富士山ビュークルージングで西伊豆へ

2日目午前:清水港〜富士山ビュークルージングで西伊豆へ

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

2日目午前は、さらなる絶景を求め駿河湾フェリーで富士山クルーズ!焼津駅から清水港はJR東海道本線で30分前後。駅から清水港までは無料シャトルバスが出ていますが本数が少ないので、バスに合わせてホテル出発を(時刻表は関連MEMO参照)。

2日目午前:清水港〜富士山ビュークルージングで西伊豆へ

提供元:株式会社エスパルスドリームフェリー

https://www.dream-ferry.co.jp/index.html地図を見る

駿河湾フェリーは2019年3月に撤退が発表されていましたが存続を望む声が多く、静岡県と航路周辺の市・町が主体となり運航継続が決定!バスと電車を乗り継いでいくより時間も費用もお得な上に、のんびり富士山ビューを楽みながら西伊豆・土肥へアクセスできる嬉しいこの航路。存続が決まって本当によかった!

乗船チケットは2日目の宿のある堂ヶ島まで、お得なバスセット券(2940円)を購入。ランチはフェリー名物「富士山海道弁当(1680円)」を。静岡の海の幸満載の豪華な船弁です。(予約必須。詳細は関連メモ・駿河湾フェリーHPより「フェリーの船弁」参照)

2日目午前:清水港〜富士山ビュークルージングで西伊豆へ

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

フェリーの船客室は1階と2階があり、2階は別途500円で利用できる特別室。特別室はコーヒー1杯&フェリーオリジナルクッキーのサービスつき。たった500円でゴージャス気分を味わえるので、ぜひ特別室を!席の予約はできませんが、チケット発売所、もしくは船内の発券機で購入できます。

<駿河湾フェリーの基本情報>
住所:静岡県 静岡市 清水区日の出町10-80
電話番号:054-353-2221
アクセス:清水駅よりシャトルバスにて清水港

2日目午後:絶景「堂ヶ島ニュー銀水」美味尽くし&サンセットロードを堪能

2日目午後:絶景「堂ヶ島ニュー銀水」美味尽くし&サンセットロードを堪能

提供元:堂ヶ島温泉 ニュー銀水

https://www.dougashima-newginsui.jp/地図を見る

フェリーで土肥に到着後は、堂ヶ島行バスの時間を確かめ、土肥金山へ(徒歩15分)。土肥金山は閉山後、観光坑道や砂金採り体験を楽しめる観光施設。また1月中旬から2月初旬は早咲きの土肥桜のお花見スポットとしても人気。

金山観光後はバスに乗り堂ヶ島へ。この日の宿「堂ヶ島ニュー銀水」は堂ヶ島の大パノラマが目の前に広がる絶景ホテル。堂ヶ島に到着したらホテルに電話を。随時迎えに来てくれます。

※翌日の天気が崩れそうならば、金山観光はせずに堂ヶ島に向かい、洞窟巡りクルージングを(TELにて運行状況の確認を)。

2日目午後:絶景「堂ヶ島ニュー銀水」美味尽くし&サンセットロードを堪能

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

堂ヶ島ニュー銀水の客室は、全室オーシャンフロント。堂ヶ島の絶景を最大限に楽しめる設計となっており、ことに日没時の美しさは格別!水平線に沈む真っ赤な太陽が海を染め、深まる闇の中に赤いサンセットロードが浮かび上がります。

部屋からの眺めも素晴らしいけれど、目の前に大パノラマが広がるロビーからの眺めは更に壮大!2019年3月10日まで、夕陽が見える天候の日には「サンセットワイン」をロビーにて無料サービス中ですのでお楽しみに。

2日目午後:絶景「堂ヶ島ニュー銀水」美味尽くし&サンセットロードを堪能

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

夕食は伊勢海老・鮑・金目鯛などの、伊豆が誇るの海の幸・山の幸を、窓いっぱいに広がる堂ヶ島の大パノラマを眺めながら頂きます。料理の美味しさでも名を轟かす、ホテル自慢のディナーを堪能してくださいね。

更に堂ヶ島ニュー銀水では、内湯・露天で温泉に浸かりながら堂ヶ島の大パノラマも堪能!また、エメラルド色のプライベートビーチ「つば沢ビーチ」もあるので、ぜひお散歩を。

<堂ヶ島ニュー銀水の基本情報>
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2977-1
電話番号:0558-52-2211
アクセス:堂ヶ島より送迎バス5分

3日目午前:伊豆半島ジオパーク「堂ヶ島」洞窟めぐりクルージング

3日目午前:伊豆半島ジオパーク「堂ヶ島」洞窟めぐりクルージング

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

チェックアウトを済ませたら送迎バスで、ユネスコの「世界ジオパーク」認定・伊豆半島ジオパークの人気スポット「堂ヶ島」へ。太古の昔、海底火山だった特異な地形の伊豆。その美と神秘を、洞窟めぐりで堪能しましょう。

3日目午前:伊豆半島ジオパーク「堂ヶ島」洞窟めぐりクルージング

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

クルーズは4つのコースがあり、時間とお好みでチョイスを。
複雑な海岸線がドラマティックな美しさを見せてくれます。

3日目午前:伊豆半島ジオパーク「堂ヶ島」洞窟めぐりクルージング

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

最大の見どころは国の天然記念物に指定されている「天空洞」。洞窟に船で入っていくと、そこは青が揺らめく別世界!洞窟を進むと天井がポッカリと開け、青空から光が降りそそぎます。

3日目午後:堂ヶ島からバスで下田へ

3日目午後:堂ヶ島からバスで下田へ

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

クルーズの後は、堂ヶ島遊歩道を散策しながら「天空洞」を地上から眺めましょう。浸食された岩肌の下に、宝石のように美しい海が見えます。

※天候に恵まれず洞窟遊覧が催行されていない時には、バスで下田に向かい下田観光を。

<堂ヶ島洞窟めぐりの基本情報>
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2060
電話番号:0558-52-0013
アクセス:堂ヶ島バス停すぐ

3日目午後:堂ヶ島からバスで下田へ

提供元:ぱくたそ

https://www.pakutaso.com地図を見る

「天空洞」見学を終えたら、西伊豆東海バスで下田へ。荷物を駅のコインロッカーに預けてランチタイム。駅近辺では「旬の味 ごろさや」「伊豆下田 蕎麦いし塚」などがオススメ。

少し足を伸ばせるなら、駅から徒歩15分程の絵のように美しいペリーロードへ。エスニックフードが美味しい古民家バー「SOULBAR 土佐屋 」や、人気のイタリアン「ページワン」など、美味しいお店もたくさん!

3日目午後:堂ヶ島からバスで下田へ

提供元:www.shimoda-city.info

http://www.shimoda-city.info/地図を見る

ランチ後は“恋する灯台”認定「爪木崎灯台」へ。青い空と海に映えるフォトジェニックな白い灯台です。爪木崎西側の海岸には、柱状の岩が積み重なった絶景ジオスポット「俵磯」も。灯台の近くには300万本もの野水仙の群落地があり、2019年1月31日まで「水仙まつり」を開催中。期間中は臨時バスも走行しています。

また、2月10日から3月10日の旅行ならば、下田でランチの後、伊豆急行で15分弱の河津へ。「河津桜まつり」で早春の桜の絶景を楽しみましょう。下田・河津からは踊り子号に乗れば、乗り換えなしで東京に帰れるのでとても便利。

<爪木崎灯台・爪木崎水仙まつりの基本情報>
住所:静岡県下田市須崎
電話番号:0558-22-1531(下田市観光協会)
アクセス:下田駅からバスで10分

絶景と美食の宝庫へ旅しよう

駿河湾を挟んで西と東から眺めるサンライズ・サンセットの絶景。伊豆半島の自然と大パノラマを船の上から楽しむ、富士山クルーズ&堂ヶ島洞窟めぐり。そしてグルメと温泉!

2泊3日で駿河湾と伊豆半島を、贅沢に味わい尽くせちゃうオススメのコース、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -