聖夜のライトアップも!迎賓館赤坂離宮の夜間公開がロマンチック

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

聖夜のライトアップも!迎賓館赤坂離宮の夜間公開がロマンチック

聖夜のライトアップも!迎賓館赤坂離宮の夜間公開がロマンチック

更新日:2018/12/18 14:28

望月 彩史のプロフィール写真 望月 彩史 美術・西洋文化史ライター

まるでヨーロッパの宮殿のような華麗な建築が魅力の、迎賓館赤坂離宮。年に何度か行われる夜間公開と、本館のライトアップは幻想的で必見です。他にもキッチンカーの特別メニューや、この時だけの限定企画などがあることも。特にクリスマス時期、「12月の特別参観」は、スペシャル企画もあり、ロマンチックな聖夜を過ごすのにぴったりです。ぜひ訪れてみてください。

迎賓館赤坂離宮の夜間公開日に行くなら、日没前からがオススメ!

迎賓館赤坂離宮の夜間公開日に行くなら、日没前からがオススメ!

提供元:迎賓館赤坂離宮

https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/地図を見る

世界各国からの賓客をおもてなしする外交の舞台、迎賓館赤坂離宮。元々は東宮御所として造られた華麗な建築は、接遇などのない日は一般に公開され、まるで外国の宮殿のようだと人気です。

その迎賓館で、連休の時など年に何度か、特別に夜間公開が行われます。夜間に本館内に入れるほか、日が暮れてからはライトアップも。暮れゆく日の名残りの中、または夜の闇に浮かび上がる迎賓館を楽しめます。

ただし、噴水のある主庭は、日没後(17時目途)に閉鎖されるので要注意。主庭と夜間公開とを併せて楽しみたい場合は、日没前に着くようにしましょう。

次回の夜間公開は、2018年12月22日(土)〜12月24日(月・祝)クリスマス時期の「12月の特別参観」で行われます。開館時間は20時までで、ライトアップは日没後(17時目途)から20時までです。その他の日程は、公式WebサイトやTwitterなどで公表されるのでチェックしましょう。

迎賓館赤坂離宮の夜間公開日に行くなら、日没前からがオススメ!

写真:望月 彩史

地図を見る

夜間公開日には入館せずに前庭からライトアップだけを楽しむこともできますが、折角の機会なので、夜間に本館にも入りましょう。

ランプの光に照らされた館内は、少しセクシーで、昼間とはまた違う顔を見せてくれるでしょう。来賓の接遇の際、晩餐会が行われるのは夜の時間帯・・・。ということは、もしかしたら、迎賓館の本来の魅力は、夜にこそ味わえるのかも知れません。

話題のキッチンカーでは、夜間公開日だけのメニューも

話題のキッチンカーでは、夜間公開日だけのメニューも

写真:望月 彩史

地図を見る

迎賓館赤坂離宮の前庭では、アフタヌーン・ティーが楽しめることが話題ですが、夜間公開(特別参観)の日には、それに加えて普段と違う特別なメニューが用意されています。

詳細は当日行ってみてのお楽しみですが、写真からも窺えるように、通常時よりもキッチンカーの数も多く、何を食べようか迷ってしまうほど、魅力的なメニューが並んでいますよ。

話題のキッチンカーでは、夜間公開日だけのメニューも

写真:望月 彩史

地図を見る

こちらは、アフタヌーン・ティーを提供しているキッチンカー。写真は一例ですが、アルコールを含むドリンクも充実しています。

話題のキッチンカーでは、夜間公開日だけのメニューも

写真:望月 彩史

地図を見る

ランプに照らされた屋外テーブルで、ライトアップされた迎賓館を見ながらグラスを傾ける・・・。そんな素敵な夜の過ごし方はいかがですか? 冬場は暖かい服装は必要ですが、屋外ストーブが設置されるので、寒い時期でも楽しめますよ。

12月の特別参観時には、ホットワイン、コーヒー、ココアなど、冬ならではの温かい飲み物の提供も予定されています。

迎賓館オリジナルグッズを入手しよう!季節の焼き菓子も

迎賓館オリジナルグッズを入手しよう!季節の焼き菓子も

写真:望月 彩史

地図を見る

迎賓館のお土産を買うなら、記念品販売店舗をチェック。写真は本館の正面と、窓をデザインしたトートバッグ。白と黒のコントラストがカッコいい品となっています。

他にも、「花鳥の間」に飾ってある七宝焼を模したマグネットや、迎賓館赤坂離宮の写真集など、魅力的なグッズが沢山あります。

迎賓館オリジナルグッズを入手しよう!季節の焼き菓子も

写真:望月 彩史

地図を見る

限定の焼き菓子もオススメ。化粧箱に入っていて、迎賓館赤坂離宮を紹介するミニカードも入っているので、お土産としてのほか、ギフトにも使えそうです。(焼き菓子の種類は季節によって変わります)

記念品販売店舗の場所は、季節や天候によって変わるので、当日の看板などで確認しましょう。

2018年「12月の特別公開」のスペシャル企画!正面玄関から入館しよう

2018年「12月の特別公開」のスペシャル企画!正面玄関から入館しよう

写真:望月 彩史

地図を見る

2018年12月22日(土)〜12月24日(月・祝)、クリスマスの時期に行われる「12月の特別参観」の、スペシャルな企画についてご紹介しましょう。年に何度か行われる夜間公開の中でも、とりわけオススメの機会です。

迎賓館赤坂離宮に行ったら必見の、こちらの立派な正面玄関。迎賓館は、接遇のない日には一般公開されていますが、私たち一般参観者が見学の際に利用するのは、脇にある西口。正面玄関は賓客専用に固く閉ざされ、普段は職員でも通ることはできないのだそうです。

その正面玄関が、今回は一般参観者に向けて開かれます。

2018年「12月の特別公開」のスペシャル企画!正面玄関から入館しよう

提供元:迎賓館赤坂離宮

https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/地図を見る

こちらが正面玄関から入ったところの、玄関ホールの様子。接遇の際には、天皇皇后両陛下や総理大臣などが外国からの賓客と最初にお会いする時に使われる特別な空間です。

このホールは、普段の一般公開時には、ガラス越しにしか見ることができません。「12月の特別公開」は、一般参観者が、この部屋に足を踏み入れることができる貴重な機会となります。

フランスのグラン・トリアノンをモデルに作られたという市松模様の床は、黒い部分は宮城県産の玄昌石、白はイタリア産の大理石を使用しています。赤みがかった柱は、フランス産の花こう岩という、ゴージャスなつくり。
賓客になった気分で入館しましょう!

2018年「12月の特別公開」のスペシャル企画!正面玄関から入館しよう

写真:望月 彩史

地図を見る

本館内で見られるのは、こちらの晩餐会で使われる「花鳥の間」などの公用室。クラシックのBGMが流れ、雰囲気を盛り上げます。

また、2018年「12月の特別公開」のプログラムの一つとして、普段は非公開の「西玄関」と、画家・藤田嗣治による天井画2点も特別公開。西玄関は、迎賓館の創建時に、皇太子妃殿下用の玄関として作られた場所です。

正面玄関からの入館などこれらの特別企画は、「12月の特別参観」期間は朝から楽しめますので、夜は都合がつかないという人も、ぜひこの機会に迎賓館に足を向けてくださいね。

※掲載されている写真は、2018年10月6日(土)まで開催されていた特別展仕様となっており、通常公開時の仕様とは異なります。

迎賓館赤坂離宮の特別参観でスペシャルな思い出を

迎賓館赤坂離宮の特別参観でスペシャルな思い出を

写真:望月 彩史

地図を見る

いかがでしたか?

記事の最初でも触れましたが、迎賓館赤坂離宮の夜間公開とライトアップは、年に何度か行われています。キッチンカーの特別メニューや、記念品販売などもあるので、今回逃してしまった場合は、公式サイトなどで次回の日程をチェックしましょう。

2018年「12月の特別参観」では、それに加えて、正面玄関からの入場など、特別なプログラムが用意されているので、迎賓館赤坂離宮に既に行ったことのある人にもオススメです。

また、本文中で触れた、前庭でのアフタヌーン・ティーや、本館内部の様子は、別の記事でご紹介していますので、記事の最後の「関連MEMO」からご覧ください。

迎賓館赤坂離宮の夜間公開の基本情報

場所:迎賓館赤坂離宮
住所:東京都港区元赤坂2-1-1
アクセス:
JR中央線・総武線「四ツ谷」駅下車、赤坂口より徒歩約7分
東京メトロ丸ノ内線「四ツ谷」駅下車、1番出口より徒歩約7分
東京メトロ南北線「四ツ谷」駅下車、2番出口より徒歩約7分

※迎賓館には駐車場及び駐輪場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

一般公開に関するお問合せ電話番号:03-5728-7788

2018年「12月の特別参観」の日時と料金
日程:2018年12月22日(土)〜12月24日(月・祝)
時間:10時から20時まで(最終入場受付は19時)※庭園のみ参観は19時30分まで

参観料金
本館・庭園:一般 2,000円、大学生 1,500円、中高生 500円
(小学生以下無料)
和風別館・本館・庭園:一般 2,500円、大学生 2,000円、中高生 700円
和風別館・庭園:一般 1,500円、大学生 1,000円、中高生 500円
庭園:一般 300円、大学生以下無料
※大学生、中高生は、生徒手帳、学生証をお持ちください。
※特別参観期間中は、通常の一般公開時と参観料金が一部異なります。
※夜間公開時の参観料金は、企画などによって都度異なります。公式サイトをご確認下さい。
※身体障害者手帳等をお持ちの方は参観料金が免除となります。
※館内写真撮影不可

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/23−2018/09/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -