飯能・メッツァビレッジ「nordics」ブランド食器で北欧グルメを!

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

飯能・メッツァビレッジ「nordics」ブランド食器で北欧グルメを!

飯能・メッツァビレッジ「nordics」ブランド食器で北欧グルメを!

更新日:2018/12/19 16:42

中島 誠子のプロフィール写真 中島 誠子 3児の子連れ旅ライター、オシャレ旅研究家

埼玉県飯能市にオープンした「メッツァビレッジ」は、日本にいながら北欧の世界感が味わえる今話題の新スポット。その中に2018年11月28日、新たにカフェ「nordics(ノルディックス)」がオープンしました!

こちらは、北欧らしいインテリアに囲まれ、本場のブランド食器でが北欧楽しめるカフェ。実はカジュアルでリーズナブルなんです!宮沢湖の絶景を目の前に、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか?

メッツァビレッジとカフェnordics

メッツァビレッジとカフェnordics

写真:中島 誠子

地図を見る

2018年11月9日に、ムーミンのテーマパーク「メッツァ」が埼玉県にやって来ました!第1弾としてオープンした無料エリア「メッツァビレッジ」は北欧のライフスタイルが体験できるスポットで、北欧グルメや北欧雑貨などが大集結。

カフェやレストランが集まるヴァイキング棟とは別のビーアパートメントという建物に、2018年11月28日、カフェ「nordics(ノルディックス)」がオープンしました。

メッツァビレッジとカフェnordics

写真:中島 誠子

地図を見る

ナチュラルなインテリアに囲まれた店内は、カジュアルで木のぬくもりを感じる北欧らしい雰囲気。こちらのカフェの魅力は、この素敵な空間で「北欧のブランド食器を使ってお食事ができる」ことです。

プロデュースは、ロイヤル コペンハーゲンや、アラビア、イッタラなどのブランドを傘下に、北欧のライフスタイルブランドを中心に提案するフィスカースの日本法人フィスカース ジャパン株式会社。期間ごとに使用するブランド食器が変わり、それぞれのブランドの世界観が楽しめるユニークな仕組みとなります。

メッツァビレッジとカフェnordics

写真:中島 誠子

地図を見る

注文、支払い、一部メニューの受け取りは、こちらのカウンターにて。注文後、すぐに受け取れないメニューは番号をもらい、テーブルで待つ流れとなります。

このカフェを目的にメッツァビレッジに来られる方も多いほど、nordicsは超人気。土日のランチタイムは混雑し、注文に20〜30分待つことがありますので、オープン後早めに来店することがお勧めです。混雑を避けたい方は、平日またはランチタイム以外を狙って行きましょう。

北欧らしい雰囲気と湖畔の絶景

北欧らしい雰囲気と湖畔の絶景

写真:中島 誠子

地図を見る

湖に面した絶好のロケーション。窓からは、ここは北欧?と錯覚する世界が広がり、都内から1時間の場所とは思えないほどゆったりとした時間が流れています。

北欧らしい雰囲気と湖畔の絶景

写真:中島 誠子

地図を見る

幸福度が高い北欧の国々。日本人も、北欧の人々のように、肩ひじ張らず、エレガンスのあるライフスタイルを楽しんでほしい、そういった想いも込められています。テーブル席の他、カウンター席もあり、ひとりで湖畔の風景をぼ〜っと眺めるのもいいかもしれません。

北欧らしい雰囲気と湖畔の絶景

写真:中島 誠子

地図を見る

天気が良ければ外のテラス席でお食事を。メッツァビレッジはワンちゃん連れがOKなので、こうした席は嬉しい場所ですね。

ロイヤル コペンハーゲンの食器で北欧グルメを!

ロイヤル コペンハーゲンの食器で北欧グルメを!

写真:中島 誠子

地図を見る

最初のブランドは、「Royal Copenhagen(ロイヤル コペンハーゲン)」となります。(期間は2019年2月28日まで)

ロイヤル コペンハーゲンは、言わずと知れたデンマークの高級食器ブランド。全て手描きで世界に2つと同じものがない食器は、温かみがあり、北欧の伝統と文化を感じます。こんな素敵な食器でお食事ができるなんて夢のよう!

メインメニューは、ライ麦パン上に野菜やお肉、サーモンなどを乗せた北欧グルメ「スモーブロー」。食器との一体感を大切に、nordics流にアレンジされています。見えませんが、サラダの下にパンが埋もれています。

ロイヤル コペンハーゲンの食器で北欧グルメを!

写真:中島 誠子

地図を見る

スモーブローは、サーモン、ローストポーク&エッグ、グリル野菜、アボカド&シュリンプの4種類。追加で19種類の中からトッピングを選ぶことができるので、お好みのマイスモーブローを作ってみてください。

気になるお値段は、単品1,100円、ドリンクセット1,300円、ドリンク・スープセットで1,400円とお手頃価格。その上、カジュアルでアットホームですので気軽に利用することができます。

高級ブランド食器でのお食事と聞くと少し身構えてしまいますが、実はコスパ最高のカフェだったのです。肩ひじ張らず、ロイヤルコペンハーゲンでリーズナブルにリッチな気分になりましょう。

ロイヤル コペンハーゲンの食器で北欧グルメを!

写真:中島 誠子

地図を見る

ミートボール、エーブルフラシュク、サーモン、アンチョビ入りのポテトグラタンなど、北欧でおなじみの家庭料理や材料をパスタに仕立てたメニュー(1,000円)も人気。

「ヤンソンさんの誘惑」は、ベジタリアンのヤンソンさんが誘惑に負けて食べてしまったという逸話のあるアンチョビ入りのポテトグラタンをアレンジしたパスタです。優しい味付けにアンチョビがいいアクセントになっています。

お子様でも食べられるパスタがあり、ハイチェアの用意があるので、お子様連れもお勧めです。

湖畔でティータイムも堪能できる!

湖畔でティータイムも堪能できる!

写真:中島 誠子

地図を見る

時間を問わず、ティータイムが楽しめるのも魅力です。イチオシは、シナモンロールと紅茶。スウェーデンには、お菓子とお茶を楽しみながら談笑する、「フィーカ(fika)」という習慣あります。そのフィーカのお菓子を代表するものが、シナモンロールです。

nordicsのシナモンロールは、ティータイムにちょうどいいミニサイズ。ひと口食べたら忘れられない美味しさです。

自然豊かなメッツァビレッジの中をお散歩したり、ショッピングを満喫した後、湖畔の風景を眺めながら、家族や友人とゆっくりフィーカタイムを堪能しましょう。

湖畔でティータイムも堪能できる!

写真:中島 誠子

地図を見る

メッツァの中に可憐に咲く花々をイメージしたスムージー。全部で4種類あり、フルーツとアーモンドミルクのコクの組み合わせは体が喜ぶ美味しさです。お食事後のデザートやティータイムにいかがでしょうか。

湖畔でティータイムも堪能できる!

写真:中島 誠子

地図を見る

コペンハーゲンの街角には、ホットドックを売っている屋台がたくさん。パリっとジューシーで大きなソーセージともっちり香ばしいパンの相性が抜群です。テイクアウトをして、ガーデンでピクニックするのもいいでしょう。

ホットドックの他、ミニ シナモンロール、ソフトクリーム、紅茶やコーヒーなどのドリンクはテイクアウトが可能です。

ロイヤル コペンハーゲンの食器や紅茶が買える!

ロイヤル コペンハーゲンの食器や紅茶が買える!

写真:中島 誠子

地図を見る

カフェの一角に、ロイヤル コペンハーゲンのグッズの販売コーナーがあります。お皿、マグカップ、ティーカップセット、紅茶などが並び、お食事をせず、グッズの購入も可能ですので気軽に立ち寄ってみてください。

ロイヤル コペンハーゲンの食器や紅茶が買える!

写真:中島 誠子

地図を見る

こちらは、カフェで使用されている人気のブルーフルーテッドのメガシリーズ。初めて使ってみた方は、その機能性とデザイン性の良さに驚くはずです。さらに、ちょっと優雅な気分にもしてくれるロイヤル コペンハーゲン。一度使ったらつい欲しくなってしまうかもしれません。お食事後、気に入ったら買って帰ることもできますよ。

※お食事のお皿はメニューにより他のシリーズも使用しています。どのお皿でお食事ができるかは当日のお楽しみに。

ロイヤル コペンハーゲンの食器や紅茶が買える!

写真:中島 誠子

地図を見る

3,000円台で手に入るニューシグネチャーシリーズは、普段使いに◎。ロイヤルコペンハーゲンの紅茶は渋みが少なくまろやかな味です。どちらもお土産やギフトに最適ですよ!

nordicsの基本情報

住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 ビーアパートメント
営業時間:10:00〜21:00
アクセス:
【車】圏央道「狭山日高IC」から約12分、圏央道「青梅IC」から約30分
【バス】西武池袋線「飯能駅北口-1番乗場」、もしくはJR八高線「東飯能駅東口-2番乗場」〜「メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)」(所要時間約12分)
※東飯能駅からメッツァへの運行は土日祝日のみ
駐車場:【車】事前予約(平日1,500円、土日祝2,500円)/時間貸し【自動二輪車(オートバイ)】予約不要(有料)【自転車】予約不要(無料)

2018年12月現在の情報です。最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -