新インスタ映えスポットとして話題!グアム・イパオビーチパークの楽しみ方

| グアム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

新インスタ映えスポットとして話題!グアム・イパオビーチパークの楽しみ方

新インスタ映えスポットとして話題!グアム・イパオビーチパークの楽しみ方

更新日:2018/12/12 22:36

Grace Okamotoのプロフィール写真 Grace Okamoto 世界一周フォトライター

常夏の島グアム。誰と行くどんな旅のスタイルでも、やはり海遊びは欠かせません。この記事ではスノーケル・スポットとしても名高い「イパオビーチパーク」をご紹介!ホテル・エリアから徒歩で行けて、人が少ない穏やかな雰囲気が魅力的。

インスタ映えスポットが新設され、シャワーや休憩所の設備も有り、女子旅にも家族旅にも嬉しいイパオビーチ。ビーチ近くの美味しいシーフードレストラン&地ビールも、ぜひ楽しみましょう。

ビーチ背景のGUAMオブジェ新設!

ビーチ背景のGUAMオブジェ新設!

写真:Grace Okamoto

地図を見る

イパオビーチパーク(正式名称:ガバナー・ジョセフ・フローレス・メモリアル・パーク)に到着して真っ先に目に飛び込んでくる、真っ白な「GUAM」の文字。このようなGUAMオブジェは、他にもリーフホテルの前やスペイン広場などにもありますが、ビーチバックはここだけ!2018年冬に新設された、SNSでの投稿数がまだ少ないレア背景です。

ターコイズブルーの海で「これぞリゾート!」なヴィジュアルは、いいね!が沢山集まりそう。お気に入りのワンピースで寄りかかったり、水着がちらっと見えるように顔を出したり。グアムならではのインスタジェニックな写真を、沢山撮ってみてくださいね。

シャワーや遊具、BBQ設備も有り。公園とビーチを楽しむ

シャワーや遊具、BBQ設備も有り。公園とビーチを楽しむ

写真:Grace Okamoto

地図を見る

インスタスポットだけではなく、海そのものの美しさも必見です。ホテルの集うタモンビーチは人や遊具が多く騒がしさが否めませんが、こちらはとても穏やかな雰囲気。グアムでは、静かで綺麗なビーチは有料の場合もありますが、ここは無料なのも嬉しい!

イパオビーチは水中の世界も豊かで、グアム有数のスノーケル・スポットとして有名です。日本ではなかなか見られない、カラフルなハコフグやサンゴ群が広がる景色に、思わずテンションが上がってしまいます。日が射すとかなり眩しいので、サングラスやラッシュガードは必須。サンゴの砂は質感が荒いので、マリンシューズもご持参くださいね。

シャワーや遊具、BBQ設備も有り。公園とビーチを楽しむ

写真:Grace Okamoto

地図を見る

ビーチに隣接した公園の中には、様々な設備があります。トイレ、水シャワー、BBQセット(要予約)、子供が遊べる遊具エリアなど。

写真のようにちょっとした東屋もあるので、日差しに疲れたときや雨の際に休憩できて便利!ビーチを眺めながら、テイクアウトしたランチをいただく、と言うのも贅沢な過ごし方。ライフセーバーが常駐しているので、お子様連れでも安心して遊べます。

ABCストアで、スノーケルセットを手に入れて

ABCストアで、スノーケルセットを手に入れて

写真:Grace Okamoto

地図を見る

魚影の濃さで有名なイパオビーチを楽しむ一番の方法は、やはりスノーケル!
スノーケルセットはホテルなどでレンタルできる他、ビーチから徒歩10分ほどのABCストア(コンビニ)で手に入れることができます。装備の種類にもよりますが、大体10ドル前後とお得プライス。タオルやアイランドシャツ、リゾートワンピなども売っているので、万が一忘れ物があってもここで揃えれば大丈夫です。日焼け止めやドリンクも忘れずに!

本気で美味しい!エビ尽くし&激レアの地ビール「BEACHIN’ SHRIMP」

本気で美味しい!エビ尽くし&激レアの地ビール「BEACHIN’ SHRIMP」

写真:Grace Okamoto

地図を見る

たっぷり海を堪能してお腹を空かせたら、イパオビーチパークから徒歩10分ほどの「BEACHIN’ SHRIMP」へ。
ローカルにも観光客にも有名なエビ料理専門店で、2号店ができるほど大人気です。解放的でカジュアルな店内は、ビーチ帰りの服装でも気軽に入れる雰囲気!

本気で美味しい!エビ尽くし&激レアの地ビール「BEACHIN’ SHRIMP」

写真:Grace Okamoto

地図を見る

スパイスが効いて思わず食が進むエビスープ、からりと揚がったぷりっぷりのフライ、ガーリック香るアヒージョにパンを浸して・・・
メニューはエビ料理専門店ならではのラインナップで、シーフードが好きな人には堪りません。一つ一つのエビはボリューム感がありますが、それでいて大味ではなく、日本人が好きな旨味のぎっしり詰まったテイストです。ビールとの相性も抜群!

本気で美味しい!エビ尽くし&激レアの地ビール「BEACHIN’ SHRIMP」

写真:Grace Okamoto

地図を見る

BEACHIN’ SHRIMPでは、地元産のクラフトビールをぐいっといきたい!
地元のチャモロ語で「喜び、幸福」を意味する「ミナゴフ 」はその名の通り、幸せを感じさせるのどごし、かつ香り豊かな味わいです。グアムでしか飲めないので、忘れずにオーダーしてみてくださいね。

コンサートやイベントも盛りだくさん!

コンサートやイベントも盛りだくさん!

写真:Grace Okamoto

地図を見る

グアム随一の巨大なパブリックスペースでもある、イパオビーチパーク。この空間を利用した様々なイベントが、年間を通して行われています。マラソンやミュージック・フェス、ライブなどなど…
ちなみに、取材した時は「MBC Music K-POP Festival on Guam」というライブが行われていました。

週末は各種イベントが開かれていることも多いので、訪れる際には情報をチェックしてみてくださいね。ビーチサイドのリラックスした空気に包まれて、スペシャルな体験ができるかも!?

イパオビーチパークのまとめ

グアムでひそかな人気を誇る、イパオビーチパーク(正式名称:ガバナー・ジョセフ・フローレス・メモリアル・パーク)をご紹介しました。
南国ならではの美しいビーチを遊び、ローカルでしか食べられないシーフードやクラフトビールを堪能するひととき。しっかり楽しんだら、SNSでもシェアして・・・思い出に残るグアム旅になりますように!

取材協力:グアム政府観光局

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -