北イタリアの第二日曜はトリノで人気の蚤の市グラン・バロンへ!

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北イタリアの第二日曜はトリノで人気の蚤の市グラン・バロンへ!

北イタリアの第二日曜はトリノで人気の蚤の市グラン・バロンへ!

更新日:2019/01/07 12:04

Chiharuのプロフィール写真 Chiharu ライター、熊野リトリート主宰

イタリアでは、週末となるとどこかの街で蚤の市(アンティーク市)が開催されています。北イタリアを訪れるのが第二日曜に当たるなら、ぜひトリノの蚤の市「グラン・バロン」をおすすめします!観光客だけでなくプロのバイヤーにも人気のスポットです。ヨーロッパの蚤の市はセンスのいい雑貨にあふれていますので、日本ではお目にかからないアンティーク品をお手頃価格で手に入れましょう!

ミラノから列車で約1時間、トリノはイタリア第4の都市

ミラノから列車で約1時間、トリノはイタリア第4の都市

提供元:Pixtabay

https://pixabay.com/ja/地図を見る

ピエモンテ州の首都でもあるトリノは、フランスやスイスの国境が近いイタリアの北西部に位置しています。「トリノ」という都市の名前は、2006年の冬季オリンピックが開催されたことで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 

街を歩くと品格のある落ち着いた雰囲気が印象的です。人口はイタリアで4番目に多く、ミラノに次ぐ工業都市でもあります。

また、トリノは、チーズやワイン、トリュフが絶品!さらに、イタリアではトリノから広まったとされるチョコレートや、エスプレッソにホットチョコレートとミルクを注ぐ名物の「ビチェリン」でも有名。世界遺産にも登録されている「サヴォイア王家の王宮群」では優美な王宮やお城を見学することができます。

そんなトリノの蚤の市(アンティーク市)「グラン・バロン」も長年定期的に催され、地元の方々に愛されています。規模の大きな蚤の市なので、当日は州外からもたくさんの人々が訪れ、朝早くから夕方まで人足が絶えません。

各都市からも交通至便!トリノ最大の蚤の市「グラン・バロン」へ

各都市からも交通至便!トリノ最大の蚤の市「グラン・バロン」へ

写真:Chiharu

地図を見る

できれば数日ゆっくり過ごしたい魅力的な街ではありますが、ミラノからなら約126キロ、特急電車に乗って約1時間で行くことができるので日帰りも可能です。

さらに遠方のローマやフィレンツェからは乗り換えなしで電車で訪れることができます。また、トリノ空港を利用すれば、ローマやパリ、フランクフルトなどからも訪れることができます。

電車での主要駅は、ポルタ・ヌオーヴァ (Porta nuova) 駅とポルタ・スーザ ( Porta Susa) 駅です。いずれの駅からも蚤の市会場まで距離があります。初めての方はタクシーで行った方が分かりやすいです。

各都市からも交通至便!トリノ最大の蚤の市「グラン・バロン」へ

写真:Chiharu

地図を見る

毎月第二日曜日に開催の「グラン・バロン」は、およそ250店の露店と50店の常設店が軒を連ねる大規模な蚤の市です。毎週土曜にも「バロン」という市を開催していますが、「グラン・バロン」の方が規模が大きく賑やかです。グランは大きいという意味で、バロンは地域名です。

「グラン・バロン」に着くと、店舗の数もさることながら人・人・人の多さに圧倒されます。蚤の市では夢中になって見入ってしまいますので、スリが多いイタリアでは、余計な貴重品は持っていかず人混みで荷物にお気をつけください。

アンティークの小物、アクセサリー、置物、家具、ビンテージの服など、目移りするほどの商品が多種多様にズラリと並んでいます。アンティーク好きな方にはテンションが上がる光景です!

プロのバイヤーも注目!250店の規模で見応え充分

プロのバイヤーも注目!250店の規模で見応え充分

写真:Chiharu

地図を見る

数々の露店だけでなく、街のアンティークショップもありますので、隅から隅までじっくり見ようとすると2〜3時間はすぐに経ってしまいます。時間はたっぷりとって出掛けましょう。

値段はお店によってまちまちです。また、お手頃価格から高級品まで品の幅もさまざまです。初めての方はぐるりと見周って、相場や質を見極めてから買ってみましょう。一見の観光客からバイヤーの方まで幅広く堪能できる蚤の市です。

プロのバイヤーも注目!250店の規模で見応え充分

写真:Chiharu

地図を見る

お店を見ても、値段がついていない品もよくあります。値段を聞きたいけどイタリア語が苦手な方は、携帯の電卓を見せて値段を表示してもらいましょう。

また、蚤の市では値段交渉も楽しみの一つです。なかなか応じてくれない場合もありますが、めげずに気になったお店があったら交渉してみてください。お得に買えることが多々あります。値引きしてもらえたらラッキー!の気持ちで楽しみましょう。

随時開催の楽しいイベントにであうことも!

随時開催の楽しいイベントにであうことも!

写真:Chiharu

地図を見る

蚤の市エリアにあるアイスクリーム屋さんの前では人形劇が行われていることもあります。ショーが始まると、大人だけでなく子供たちも立ち止まって拍手喝采です!また別の広場では、歌のステージや、サンドイッチやホットドッグ、ビールなどを販売するブースが集まる飲食エリアが設けられていることもあります。

会場の各所では、日により様々なイベントを随時開催していることがありますので、足を止めて見物することができるのも楽しいです。

グラン・バロン(Gran Balon)の基本情報

開催時間:8:00〜18:00
場所:Via del Balon,Torino,Italy(バロン通りとその周辺一帯)
開催:毎月第二日曜
※毎週土曜にバロン(グラン・バロンより規模の小さい市)あり
※開催なしの月もあるので要確認。

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -