下呂温泉から車で20分!透明度抜群の岐阜県名水50選「乗政大滝」

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

下呂温泉から車で20分!透明度抜群の岐阜県名水50選「乗政大滝」

下呂温泉から車で20分!透明度抜群の岐阜県名水50選「乗政大滝」

更新日:2019/01/23 09:17

伊都 をかしのプロフィール写真 伊都 をかし 旅ライター

江戸時代の昔から、有馬、草津と並んで日本三大名湯と称せられている岐阜県の「下呂温泉」。その天下の名湯「下呂温泉」から車でたった20分、しかも駐車場から歩いて10分でたどり着ける、とってもステキな滝があるんですよ。それが今回ご紹介する「乗政大滝」です。岐阜県名水50選のひとつで透明度抜群!

「下呂温泉」でまったりした後、「乗政大滝」で自然のパワーを全身で浴びてさらにリフレッシュしませんか?

天下の名湯「下呂温泉」から車で20分!

天下の名湯「下呂温泉」から車で20分!

写真:伊都 をかし

地図を見る

岐阜県の山あいにある「下呂温泉」は、千年以上の歴史を誇る天下の名湯です。お肌に優しい泉質から「美人の湯」としても名高いですよね。レトロな町並みも大人気で、町の中をそぞろ歩きするのも楽しいですよ。

天下の名湯「下呂温泉」から車で20分!

写真:伊都 をかし

地図を見る

「乗政大滝」は「下呂温泉」から東に約20キロのところにあります。車だとたったの20分。広い駐車場もあります。ただ途中の山道はカーブの連続で、かなり狭いところもありますので、慎重に運転してくださいね。

“もののけの森”で冒険気分を味わう!

“もののけの森”で冒険気分を味わう!

写真:伊都 をかし

地図を見る

駐車場から滝までは“もののけの森”のようなうっそうとした森の中を進みます。山道を上ったり下ったり、丸木の橋を渡ったりするので、ハイキングというか、ちょっとした冒険気分が味わえますよ。駐車場にある看板には滝まで「徒歩約5分」とありますが、途中の景色を楽しんだり、写真を撮ったりしながら歩くと10分くらいかかります。

“もののけの森”で冒険気分を味わう!

写真:伊都 をかし

地図を見る

まずは、丸木橋を渡ったところにある展望台から遠目の「乗政大滝」を楽しみましょう。遊歩道はきちんと整備されていますが、スニーカーなど歩きやすい靴がお勧めです。

“もののけの森”で冒険気分を味わう!

写真:伊都 をかし

地図を見る

足元を流れていく水は透明度抜群!ものすごく透き通っていて、それはそれはきれいなので、滝に見とれた後はせせらぎにも目を移してくださいね。

とことん透き通っている!岐阜県名水50選の「乗政大滝」

とことん透き通っている!岐阜県名水50選の「乗政大滝」

写真:伊都 をかし

地図を見る

「乗政大滝」の落差は約21メートル。それほど大きくありませんが、ぐるりを取り囲んでいる1500メートル級の山々から注ぎ込まれる豊かな水量で、かなり迫力があります。しかも、末広がりの美しいフォーム。

展望台からそのかっこいい全景を堪能したら、遊歩道に戻って滝壺まで近づいてみましょう。

とことん透き通っている!岐阜県名水50選の「乗政大滝」

写真:伊都 をかし

地図を見る

滝壺の近くに行くためにはスチール製の階段を下って、木を渡して作った通路を通って、河原に降ります。滑りやすいのでくれぐれも気をつけてくださいね。振り返ると、先ほど滝の全景を楽しんだ展望台が見えますよ。

とことん透き通っている!岐阜県名水50選の「乗政大滝」

写真:伊都 をかし

地図を見る

滝壺のすぐ近く前に行けるなんて滅多にない機会ですから、ぜひ行ってみてください。でも、河原には大きな岩がゴロゴロしていますから、よくよく注意してくださいね。滝壺の近くに行くと、マイナスイオンや水しぶきをたっぷりと全身に浴びることができます。滝壺の水も透明度抜群!青く透き通っています。乗政大滝から流れ出している水は、きれいな水でしか育てられないわさび栽培に利用されているんです。さすが岐阜県名水50選の名水ですね。

こんなにきれいな水でかっこいい滝で、しかも有名な下呂温泉から車で20分の立地にもかかわらず、「乗政大滝」はなぜか知る人ぞ知る穴場的な存在なのです。週末でもステキな滝を独り占めできるかもしれませんよ。

乗政大滝の基本情報

住所:岐阜県下呂市乗政
電話番号:0576-24-1000(下呂温泉観光協会)
アクセス:下呂駅から車で20分

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -