最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

ダ・ヴィンチを独り占めできる世界唯一?の美術館 ルーブル・アブダビへ急げ!

ダ・ヴィンチを独り占めできる世界唯一?の美術館 ルーブル・アブダビへ急げ!

更新日:2018/12/14 09:43

ジュマペル ヤマモトのプロフィール写真 ジュマペル ヤマモト
パリのルーブル美術館は、モナリザ・ミロのビーナスなどの至宝を展示する名実ともに世界屈指の美術館です。そのルーブルの名を冠した、フランス国外初めての別館が昨年2017年11月、アラブ首長国連邦の首都アブダビにオープンしました。
まだ今なら鑑賞客が少なく、ダ・ヴィンチをはじめとする名画を独り占めできるチャンスが!有名美術館では叶わない夢を現実に。さぁ、ルーブル・アブダビへ急げ!


新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

フランス国外初の別館 ルーブル・アブダビ

アブダビは、アラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国の一つです。国土面積は連邦全土の80%を占め最大ではありますが、北海道を2まわり小さくした程度の小国です。また、アブダビ市は連邦の首都でもあります。有名なドバイも同じ連邦を構成する首長国の一つです。UAEとしては世界第8位の産油量を誇り、ご存知の通りその豊富なオイルマネーで、大規模な開発を次々と推し進め、この20年で大きな変貌を遂げました。

フランス国外初の別館 ルーブル・アブダビ

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

それら巨大プロジェクトの一つが、総工費6億ユーロと言われるルーブル美術館のフランス国外初の別館「ルーブル・アブダビ」です。2017年11月 アブダビのベイエリアにあるサディヤット島にオープンしました。巨額の建築費に加えて、30年間の「ルーブル」ののれん代だけで4億ユーロ、さらに肝心の展示品の貸出し料やコンサルタント料なども数億ユーロに及ぶという、まさに金に糸目をつけない羽振りの良さです。

フランス国外初の別館 ルーブル・アブダビ

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

展示棟は、アラビア湾に面した白を基調としたドーム状の建物です。なつめヤシの葉からこぼれる木漏れ日にインスパイアされたという網目状の屋根が印象的で、確かに屋内に入ると、灼熱の日差しを遮りながらも適度な自然光を届けてくれるようです。

フランス国外初の別館 ルーブル・アブダビ

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

ダ・ヴィンチを独り占め!

この美術館の最大のセールスポイントは、本国ルーブルの膨大な収蔵品から貸与されたり、その財力で入手した自前のコレクション達。そしてそれらの質の高さにも関わらず、他の有名美術館とは比較にならない鑑賞客の少なさです。

世界的旅行ブームの昨今、各地の有名美術館は、チケットの購入からお目当ての名品に出会うまで、長い行列を強いられることも少なくありません。一方ここルーブル・アブダビは、オープンして間もないこともあり、訪れるお客さんはまだ決して多くありません。

展示コレクションの筆頭は、レオナルド・ダ・ヴィンチ「ミラノの貴婦人の肖像」でしょう。

ダ・ヴィンチを独り占め!

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

現存する絵画作品は20点に満たないとされ、極めて寡作なダ・ヴィンチの貴重な一品です。そしてこれほどの有名作品でありながら、感謝すべきは鑑賞客の少なさです。有名美術館であれば、人の頭ごしに慌しく鑑賞を強いられることになるところですが、ここでは一人で鑑賞にふけり、じっくりと心にその名画を刻むことが許されるのです。

他にもゴッホやモネなど、日本人にも人気の厳選された逸品が展示されていて、これらも誰に邪魔されることなく心ゆくまで楽しむことができますよ。

ダ・ヴィンチを独り占め!

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

その他のコレクションだって見ごたえ十分!

その他のコレクションだって見ごたえ十分!

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

展示作品は、西洋絵画に限りません。中東の美術館らしく、古代エジプトの出土品にも驚くほどコンディションの良い展示品があります。
19世紀末のトルコの画家 オスマン・ベイの「読書する青年」は、鮮やかで輝くような色使いと、まるで目の前で寝そべっているような青年の息づかいに釘付けになるでしょう。

その他のコレクションだって見ごたえ十分!

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

日本からも江戸時代の浮世絵や屏風から抽象画家 白髪一雄まで意外なほど多くの作品が展示されていて、日本人として少し嬉しくなります。

また、男性版モナリザとも評され、2017年に絵画オークション史上最高値(4億5000万ドル)で落札されたもう一つのダ・ヴィンチ作品「サルバトール・ムンディ(救世主)」は、現在ルーブル・アブダビ所蔵となっています。いち早い公開が待ち望まれます。

アブダビへはエディハド航空が成田空港から毎日運航しています。また、車で1時間ほどのドバイまでは、エミレーツ航空が成田・羽田・関西各空港から毎日運航しています。ビーチでゆっくりしたり、砂丘でラクダ乗りをしたりと楽しみはたくさんありますが、うだるように暑い午後は、冷房の効いた美術館での名画鑑賞をおすすめします!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ルーブル・アブダビの基本情報

住所:Saadiyat Cultural District, Abu Dhabi
電話番号:+971-600-565-566
料金:AED63
アクセス:市バス94番 Louvre Abu Dhabi停留所下車

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -