日本初の星空保護区に!「星のや竹富島」で心を輝かせる島時間

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本初の星空保護区に!「星のや竹富島」で心を輝かせる島時間

日本初の星空保護区に!「星のや竹富島」で心を輝かせる島時間

更新日:2018/12/26 17:05

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

みなさんは、日本で一番美しい星空はどこかご存知ですか?
それは、沖縄県八重山諸島にある西表石垣国立公園。2018年3月下旬、国内初の星空保護区に認定されました。
この美しい星空をさらにロマンチックに楽しむなら、いつかは泊まってみたい憧れのリゾート「星のや竹富島」がおすすめ。多彩な無料サービスと充実のアクティビティで、リゾート気分をグンと盛り上げてくれます。星降る島で最高の休日を過ごしてみませんか?

美しき集落「星のや竹富島」ってどんなとこ?

美しき集落「星のや竹富島」ってどんなとこ?

提供元:星のや竹富島

https://hoshinoya.com/taketomijima/地図を見る

白砂の道と赤瓦の低い家。サンゴの石垣に囲まれた家の屋根の上には、表情の違うシーサーが。……青い海だけじゃない、沖縄本来のリゾートを体験したい!そんな方にピッタリなのが、星野リゾートが手掛ける「星のや竹富島」です。

竹富島には、東=アイノタ、西=インノタ、仲筋=ナージと呼ばれる3つの集落がありますが、「星のや竹富島」があるのは島の東側。島に溶け込む“4つ目の集落”として2012年にオープンしました。

そんな「星のや竹富島」の客室は、思わず「ただいま」と声をかけたくなる一軒家。特別感たっぷりの室内は、南側から縁側がリビングへと開け、なんと部屋の中心にバスタブが置かれています。

美しき集落「星のや竹富島」ってどんなとこ?

写真:安藤 美紀

地図を見る

さらに、「星のや竹富島」の温水プールは、24時間入ることができます。リゾートといえども、このように、いつでもウェルカムなプールは大変珍しい!せっかくなら、水中のイスに腰掛けて、心をザブンと洗い流しましょう。ふと見あげると雲や木々が水面に映し出され、幻想的。

美しき集落「星のや竹富島」ってどんなとこ?

提供元:星のや竹富島

https://hoshinoya.com/taketomijima/地図を見る

2018年3月30日、竹富島も含んだ八重山諸島の西表石垣国立公園が、日本で初めて「星空保護区」に選ばれました。この制度は、美しい星空を保護するために、国際ダークスカイ協会が設けたもの。世界でもまだ62箇所と少なく、日本ではこのエリアだけ!

竹富島では全88の星座のうち、サザンクロスを含めたなんと84もの星座を眺められます。せっかくなら、ふたご座流星群やペルセウス座流星群など、日本に近付づいてくる流星群に合わせて滞在するのもオススメですよ。放射点をすばやく見つけられれば、予想ピーク時の2倍の流れ星を見ることができるでしょう。

ここは平べったい島なので、360度空が広がって見えます。星空鑑賞にもぴったり!

何度も足を運びたくなる!24時間利用可能のラウンジ

何度も足を運びたくなる!24時間利用可能のラウンジ

写真:安藤 美紀

地図を見る

「星のや竹富島」の魅力は、まだまだ続きます!

共有スペースの「ゆんたくラウンジ」は、24時間いつでも利用可能。室内には、沖縄ならではのおやつや、竹富島で親しまれているハーブを自分でブレンドできるフリードリンクコーナーもあって、至れり尽くせり。そして、ここを基点に、朝、昼、夜、それぞれの時間帯に合わせて無料の催し物が開催されます。ぜひ参加してリゾート気分を盛り上げましょう!

何度も足を運びたくなる!24時間利用可能のラウンジ

写真:安藤 美紀

地図を見る

14:00〜16:00の間、「ゆんたくラウンジ」では島のおやつが無料で食べられます。注目ポイントは、目の前で一皿ずつ調理された、できたてスイーツをいただけること!

内容は季節ごとに変わりますが、特に冬のおやつは人気。冬は、沖縄名物の紅芋をお餅にして揚げたものを、バニラアイスと一緒に提供されます。

何度も足を運びたくなる!24時間利用可能のラウンジ

写真:安藤 美紀

地図を見る

そして、夕方になると、三線を使った演奏会「夕凪の唄」がスタート。八重山在住の演者さんが日替わりで生演奏してくれます。おやつ片手に聞く生ライブ。……体がどんどんゆるんでいきます。

竹富島観光は自転車があれば無敵

竹富島観光は自転車があれば無敵

写真:安藤 美紀

地図を見る

竹富島の道は平坦だし、周囲はたったの約9.2kmしかありません。しかも、島の南側は立ち入り禁止なので、ママチャリ自転車でも十分。「星のや竹富島」の無料レンタサイクルで、竹富島をエンジョイしましょう!

竹富島観光は自転車があれば無敵

写真:安藤 美紀

地図を見る

島の西側にある星砂の浜(カイジ浜)へは、自転車で15分。オレンジ色っぽい砂を探していただくと、けっこうな確率で星砂を見付けることができます。事前にホテルのスタッフに、星の砂用の瓶や袋をもらっておくと、お土産用に持ち帰れて便利。

せっかくなら、ここから3分の場所に、遠浅な島唯一の海水浴場「コンドイビーチ」もあるので一緒に回りましょう。ビーチなら閉店時間も気になりません。

竹富島観光は自転車があれば無敵

提供元:星のや竹富島

https://hoshinoya.com/taketomijima/地図を見る

西桟橋は夕日がきれいな絶景スポット。自転車で回ることもできますが、ピンポイントで夕日を眺めるなら、「星のや竹富島」の無料サービスを利用しましょう。

事前予約しておくと、日の入り時間に合わせて、西桟橋まで送迎してくれます。日の入り時間を調べる手間もなく、気軽に夕景を楽しめるのが嬉しいですよね!

「星のや竹富島」人気の理由は、中洲シェフの感動料理

「星のや竹富島」人気の理由は、中洲シェフの感動料理

提供元:星のや竹富島

https://hoshinoya.com/taketomijima/地図を見る

宿の食事も、「星のや竹富島」を訪れる大きな理由の一つ。最も権威ある世界大会にアジア代表として出場経験のある料理長 中洲達郎氏が腕を振るう、オンリーワンの琉球フレンチは、何を食べても感動するおいしさ!

島野菜の特徴は、濃厚なうまみや香りに加えて、苦味もアクセント。宝石を散りばめたような一皿の先には、そんな島の魅力がたっぷりつまっています。

「星のや竹富島」人気の理由は、中洲シェフの感動料理

写真:安藤 美紀

地図を見る

中洲シェフのアイデアを最大限に活かした朝食は、全4種類からチョイス。特に、沖縄の伝統料理をたっぷりつめた「畑人(はるさー)の朝ごはん」は、土地の味ざんまいです。旅人がドンピシャでハマってしまうでしょう!

※仕入れ状況により、食材が異なる場合がございます。

朝の竹富島を楽しみ尽くすアクティビティ

朝の竹富島を楽しみ尽くすアクティビティ

写真:安藤 美紀

地図を見る

最後に、朝にオススメのアクティビティを2つご紹介しましょう。

1つ目は、朝一のさわやかな風を感じながらストレッチを行う、無料のアクティビティ「よんなー深呼吸」。開催場所は、歩いて5分のアイヤル浜です。「アイヤル」とは、「東の浜」という意味。その言葉通り、島の東側から、美しいビーチと朝焼けをダブルで楽しむことができます。朝日を浴びながら、気持ちよく心と体が目覚められますよ!

朝の竹富島を楽しみ尽くすアクティビティ

写真:安藤 美紀

地図を見る

2つ目のアクティビティは、「星のや竹富島」に泊まったゲストだけが楽しめる朝の水牛車散歩。こちらは、有料(大人1,500円)になりますが、ぜひ体験してほしい大人気のアクティビティ!

日帰り観光客が多い竹富島は、日中、水牛車も渋滞するほど混雑します。しかし、フェリーが終わった夕方から次の朝までは、島民と宿泊者だけの静かな時間。この水牛車散歩は、まだ始発のフェリーが島に付く前の、朝一の時間帯に行われるため、のんびりと静かな集落を巡れます。

賢くて頭がいい水牛は、バックミラーもないのに、トレーナーのように長い牛舎を上手に回ります(しかも内輪差を考えながら!)。名ドライバーの水牛、方言混じりのユニークなガイドさんの解説、三線、唄。どれも味があって、旅の想い出に残るはず。

動画:安藤 美紀

地図を見る

それでは最後に、魅力満載の「星のや竹富島」を動画でお楽しみください。

竹富島をハイライトで楽しみ尽くせる「星のや竹富島」

竹富島へのアクセスは、石垣島から西南方向に約6.5km。フェリーだとわずか15分程度で到着します。しかも料金は、片道たったの640円。初めて八重山諸島を訪れる旅人にもオススメのお手軽離島です。

到着したときから帰る日まで、めいっぱい島時間を満喫できるのが「星のや竹富島」最大の魅力。満点の星空、潮風と濃い緑、そして広い空。季節を五感で感じさせてくれる宿で、疲れた体とココロを芯から癒やしてみませんか?

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:星のや竹富島

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/05−2018/12/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -