ねずみ男の屋台に逆さ富士〜高知県土佐清水市のイルミネーション〜

ねずみ男の屋台に逆さ富士〜高知県土佐清水市のイルミネーション〜

更新日:2018/12/18 10:22

春野 公比呂のプロフィール写真 春野 公比呂 歴史研究家、郷土文筆家、郷土登山家
足摺岬を擁す四国最南端のまち、土佐清水市では毎年、地域住民が主体となったイルミネーション・イベントが複数箇所で開催。市役所側の「天神バックストリート」ではねずみ男の屋台にトトロのバス停、電飾丘にはペガサスが立ちます。竜串海岸にも近い「田平公園」では中に座ることができるメルヘンチックな馬車、池に映る巨大な逆さ富士、或いは西洋の城の光アートが現れます。足摺・竜串観光の後にはぜひ光の観光を。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ねずみ男が運営する妖怪ラーメン

ねずみ男が運営する妖怪ラーメン

写真:春野 公比呂

地図を見る

土佐清水市の中心街、天神町で開催されている「天神バックストリート・イルミネーション」は、町の商店等が主体となり、2002年に開始されました。幹線道路の一つ裏の道を挟んだ商店や各施設、個人宅が協力し、最盛期には東西約500mの区間、60軒ほどが趣向を凝らしたイルミネーションを飾り付けていました。

現在は商店主の高齢化等で規模は半減していますが、それでも県内屈指の規模であることに変わりはなく、訪れる観光客の数も殆ど変わりません。記念撮影スポットになっている箇所もある位です。そのスポットの一つが、「プラザパル前」バス停北の交差点の東方にある書道教室。

建物前には電飾屋台が出ており、西側側面には原作版ゲゲゲの鬼太郎の等身大パネル、東側には等身大の一つ目エレファントマンのような不気味な人形が立っています。屋台の暖簾には「妖怪ラーメン」の文字が。

ねずみ男が運営する妖怪ラーメン

写真:春野 公比呂

地図を見る

屋台の中を覗くと何と、ねずみ男がラーメンを出しています。その横では目玉おやじが人目もはばからず、茶碗風呂に入っています。
暖簾横のメニュー看板を見ると、「ミイラなます1,000円」や「ろくろかまぼこ200円」等とあります。観光客に紛れて妖怪が夜な夜な来店するのでしょうか。

ねずみ男が運営する妖怪ラーメン

写真:春野 公比呂

地図を見る

一つ目人形の東にはゴジラのフィギュアがあり、その横の外壁には「千と千尋の神隠し」のほぼ等身大のカオナシと千尋のパネルが設置されています。カオナシは観光客に顔を向け、千尋の顔は青ざめています。
この書道教室の外壁はこれらの展示物だけではなく、一面、色とりどりのイルミネーションに覆われています。

天神バックストリートにトトロのバス停が

天神バックストリートにトトロのバス停が

写真:春野 公比呂

地図を見る

書道教室の水路を挟んだ東側には、本物と見間違うほどの立体的な模造バス停があり、その横には等身大のメイを背負って傘をさすサツキとトトロが並んでいます。右上の電灯はこのイベントのために用意したもの。「かなりのレトロ」ですが、「となりのトトロ」の名シーンが蘇ります。ここで大半の観光客は記念写真を撮ります。

天神バックストリートにトトロのバス停が

写真:春野 公比呂

地図を見る

アニメ繋がりで見れば、イルミネーション区間の東端の十字路角には、電飾の野原で会話するスナフキン、ムーミン、リトルミイのランタンが。その横にはクマやトナカイもいて、ミニ・ムーミン谷のようです。

天神バックストリートにトトロのバス停が

写真:春野 公比呂

地図を見る

最大の見所となるイルミは、その十字路から北に折れた所にあります。台地状の箇所が全面、電飾で覆われており、天辺には白く輝くペガサス、麓には電飾列車が走り、人間よりも大きなスノーマンが優しく微笑んでいます。

<天神バックストリート・イルミネーション2018の基本情報>
所在地:高知県土佐清水市天神町
点灯期間:2018年11月23日〜2019年1月3日
点灯時間:17:30〜21:00頃
問合せ電話番号:0880-82-0210(五光商事)

アクセス:土佐くろしお鉄道宿毛線中村駅から「清水プラザパル前」及び「足摺岬」方面行きの高知西南交通バスに乗車し1時間ほど、「清水プラザパル前」降車、すぐ目の前
駐車場:土日は7:30〜22:00まで、平日は概ね18:00頃〜22:00まで市役所の駐車場を利用可

馬車の中でシンデレラと王子様に「田平公園」

馬車の中でシンデレラと王子様に「田平公園」

写真:春野 公比呂

地図を見る

土佐清水市三崎下の段地区では2008年から有志により、池を擁す「メダカ公園」こと田平公園でイルミネーション・イベントが開催されています。イルミは約25,000球ですが、インスタ映えする電飾が複数あります。
まず、駐車場の奥に現れるイルミ馬車。中には二人掛けできるベンチがあるので、ロマンチックな会話ができることでしょう。

馬車の中でシンデレラと王子様に「田平公園」

写真:春野 公比呂

地図を見る

馬車の奥の池にはイルミ船が浮いており、後方にはイルミ富士が。まるでおとぎの国のようです。

馬車の中でシンデレラと王子様に「田平公園」

写真:春野 公比呂

地図を見る

遊歩道から富士山までは緑色の庭木的イルミロードが続いており、富士の裾野へと近づくに連れ、感動のボルテージが上がってきます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

富士山でも城でも「逆さ」が美しい

富士山でも城でも「逆さ」が美しい

写真:春野 公比呂

地図を見る

全国にイルミ富士は数あれど、地元住民の手作りにより、ここまで見事な池に映る逆さ富士を作るケースは稀。何とも言えない美しさですが、上部が赤いから赤富士にも見えます。

富士山でも城でも「逆さ」が美しい

写真:春野 公比呂

地図を見る

高さが何メートルもあるイルミ富士は間近に見上げると迫力十分。尚、年によっては富士山が西洋の城に変わることもあります。その際は「逆さ城」が出現します。

富士山でも城でも「逆さ」が美しい

写真:春野 公比呂

地図を見る

富士の裾野には巨大な蝶や花も添えられています。蝶は部分的にイルミの点滅・点灯が繰り返され、まるで蝶から花、花から蝶に変わるように見えます。

<田平公園イルミネーションの基本情報>
所在地:高知県土佐清水市三崎下の段
点灯期間:2018年12月16日〜2019年1月6日(予定)
点灯時間:17:00〜22:00頃

アクセス:「清水プラザパル前」バス停より高知西南交通バス、宿毛駅方面行に乗車し、18分で「三崎」バス停降車、徒歩10分ほどで田平公園
無料駐車場:公園入口にあり
※問合せ先は非公開
※足元が暗いため、懐中電灯等を持参のこと

高知県西部の観光に「イルミネーション観光」を

足摺岬と竜串・見残し海岸は高知県西部の目玉的観光地。市役所のある天神町は双方の観光地へ行くのに便利な拠点となります。路線バスも中村駅から二ヶ所のイルミネーション地と竜串、足摺岬を経由して宿毛駅まで一本に繋がっています。

そのような有名観光地を既に観光済みの方は、「関連MEMO」の記事で紹介している、海面や浜に落下する滝群や生活路となっている海食洞、時間帯によっては海面がエメラルドに輝く港の海等を探訪し、夜はイルミネーションを楽しむといいでしょう。
ねずみ男や目玉おやじ、トトロたちに会い、逆さ富士や城を眺めながらイルミ馬車で語り合えば、きっとロマンチックな記憶に残る旅となることでしょう。

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -