瀬戸大橋を望む絶景カフェ発見!瀬戸大橋記念公園もすぐの穴場スポット

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

瀬戸大橋を望む絶景カフェ発見!瀬戸大橋記念公園もすぐの穴場スポット

瀬戸大橋を望む絶景カフェ発見!瀬戸大橋記念公園もすぐの穴場スポット

更新日:2014/04/04 12:32

奈良山 鹿子のプロフィール写真 奈良山 鹿子 元観光バスガイド

1988年に本州と四国を結ぶ「夢の架け橋」として開通した瀬戸大橋。今や、しまなみ海道や明石海峡大橋と大鳴門橋など、本州を四国を結ぶ橋は種類が増えましたが、それぞれがただの橋ではなく、周辺の観光事業に力を入れています。
今回ご紹介するのは瀬戸大橋の四国側の出発点・坂出にある「香川県立東山魁夷(ひがしやまかいい)せとうち美術館」の併設カフェ。「瀬戸大橋の絶景が望める」と知る人ぞ知る場所となっています。

香川県立東山魁夷せとうち美術館

香川県立東山魁夷せとうち美術館

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

香川県立東山魁夷せとうち美術館は日本画家・東山魁夷の作品のみを収蔵している美術館。東山魁夷が瀬戸大橋の塗装の色を提案したことにちなんで、瀬戸大橋と祖父の出身地・櫃石島(ひついしじま)を望む場所に2005年に開館しました。
絵画に詳しくない人でも、どこか懐かしさを感じる色彩、「見たことがあるかも」と思ってしまう画は是非見ていただきたいです。

地図を見ていただくとお分かりかと思いますが、四国の北に位置していて、瀬戸大橋のたもとにあります。
電車でお越しの際はJR坂出(さかいで)駅からバスで約20分。駅から歩いて…というのは少し厳しそうですね!
車ですと坂出北ICから約4分。カーナビでセットする際はお隣の「瀬戸大橋記念公園」に合わせると良いそうです。近づいてくると瀬戸大橋記念公園の手前に美術館の入口へ向かう案内表示が出てくるのでそこで曲がりましょう。(奥に無料駐車場あり)

香川県立東山魁夷せとうち美術館
時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(休日の場合は開館、翌日火曜日が休館)
    年末年始(12月27日〜1月1日)
    ※ゴールデンウィーク、学校夏季休業日の期間は無休です。
料金:通常300円 
   ※行われている特別展などにより変動あり

併設カフェで絶景を

美術館に併設されているカフェ「なぎさ」は瀬戸大橋と瀬戸内海の海、そして東山魁夷の祖父の出身地・櫃石島(ひついしじま)を一望できる絶景カフェ。
正式には「な・ぎ・さ」で、東山魁夷の夫人が命名したんだとか。
美術館に入館せずにカフェだけの利用もOK。入口で「カフェに行きたいんですが…」と受付の方に言えば通してくれます。
ですが、カフェには東山魁夷の絵も飾られていることですし、せっかくなので美術館を観賞してからここで休憩…という流れが良いのではないかと思います。

内装は美術館併設カフェらしく、すっきりとした印象。
そして、何よりも目の前に広がる景色が絵になりそうな美しさです…!!しばし止まって景色に見入ってしまいます。時たま船が行き来している姿も見えて、ゆっくり目で追っていると知らない間に時間がかなり経過していた…なんてことも。

写真を撮った日はあいにくの曇り空で遠くまで見渡せませんでしたが、空を覆う雲がどこか不思議な雰囲気を醸し出しています。
すっきり晴れた日は奥に瀬戸大橋の掛かる櫃石島も見え、曇りの日とは違った景色を見ることができます。

併設カフェで絶景を

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

使われている小物にも注目!

カフェではブレンドコーヒー(450円)やケーキセット(650円)、美術館限定の「銘菓あまも」を食べることができる抹茶とお菓子(500円)などのメニューがあります。
テーブルから少し離れたカウンターには美術誌や東山魁夷の画集、観光マップなども置かれていて、コーヒーを飲みながらゆっくり読むことができます。

実はここで温かい飲み物を頼むと出てくるコーヒーカップ、ミュージアムショップで販売されているんです。
作品のイメージからは少しは離れている感じがしますが、写真のかわいい小鳥やお花の絵も東山魁夷が描いたもの。『北欧紀行』という作品に描かれているそうです。

コーヒーカップ(2,060円)

使われている小物にも注目!

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

すぐ横の瀬戸大橋記念公園はお子さんが喜ぶ遊具がいっぱい

すぐ横の瀬戸大橋記念公園はお子さんが喜ぶ遊具がいっぱい

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

すぐ隣にある瀬戸大橋記念公園は無料の駐車場が完備された公園。瀬戸大橋の開通を記念して、1988(昭和63)年に開かれた「瀬戸大橋博覧会」の跡地です。

写真奥に見える白い細長の建物「瀬戸大橋タワー」や「瀬戸大橋記念館」、「こども広場」などがありますが、車やバスを利用しないと来るのが難しい場所だからか平日は人が少なく空いている印象。こども広場の遊具などは独占して遊べるかもしれません。
瀬戸大橋タワーは通常の展望台と少し違っていて高さ108m、スタート時は下にある展望室が回転しながら上昇していくという仕組み。頂上でもくるくる回るので座りながらに360度の景色を楽しめます。

敷地内を歩いているとガタンゴトン…。音がする方を見てみると、瀬戸大橋を渡る電車を発見!「こんなのどうやって作ったんだろう…」改めて瀬戸大橋のすごさに感服です。美術館と一緒に公園内も是非散策してみてください。

・瀬戸大橋記念公園
駐車場:無料(450台)
瀬戸大橋記念館
入場料:無料
・瀬戸大橋タワー
大人:800円
子供:500円

讃岐うどんはしごの腹休めにも

いかがでしたでしょうか。
市街地から少し離れたところにあり、車でないと気軽に行けない場所かもしれませんが、だからこそガヤガヤせずのんびりできる絶景ポイントです。
讃岐うどんのお店を車ではしごしている方の腹休めにも良いかもしれません。
ここでしか見られない絶景を、是非一度体験してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ