空港近くで氷のイルミネーションを!北海道「千歳・支笏湖氷濤まつり」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

空港近くで氷のイルミネーションを!北海道「千歳・支笏湖氷濤まつり」

空港近くで氷のイルミネーションを!北海道「千歳・支笏湖氷濤まつり」

更新日:2018/12/21 09:39

玉恵のプロフィール写真 玉恵 カメラマン、ライター

北海道の玄関口である新千歳空港がある千歳市の支笏湖は、春夏秋冬楽しめる観光スポットです。千歳空港から、約30kmの距離にあるので、アクセスも便利。JR千歳駅から、支笏湖行きのバスも運行しています。
北海道ならではの氷のお祭りで、イルミネーションのスポットとしても人気。その美しさに寒さを忘れてしまうかも。この冬は幻想的な氷のお祭りに出かけませんか?

支笏湖ならでは!そびえ立つ「氷濤」の迫力に心奪われる!

支笏湖ならでは!そびえ立つ「氷濤」の迫力に心奪われる!

写真:玉恵

地図を見る

千歳市が誇る「日本最北の不凍湖」に認定されている支笏湖。最大水深は、約360m。日本で2番目に深く、この水深のおかげで冬でも凍らない湖として有名です。というのも、深い場所にある水の温度が高く、浅い所の水を温めているから。支笏湖の名前の由来は「大きなくぼ地」。アイヌ語が語源で「シ・コッ」からきています。

氷濤まつりは2019年で41年目を迎えるお祭りです。昭和54年1月30日に第1回目が開催されました。今では道内、道外、国外からも訪れる千歳を代表するイベント。氷のトンネルを進んで会場に向かう演出に、雪を見慣れた地元の人も、わくわくしながら訪れます。

支笏湖ならでは!そびえ立つ「氷濤」の迫力に心奪われる!

写真:玉恵

地図を見る

お祭りの表題にもなっている「氷濤」とは、支笏湖の水が極寒の気温で、風や波しぶきで凍り付き、氷塊になります。それが更に寒さで氷柱となったものが「氷濤」と言われています。
このお祭りのために、なんと1ヶ月以上もの時間をかけ、日々24時間体制で制作!11月には骨組みをつくり、12月からずっと水を掛け続け、巨大なオブジェを制作します。そうして出来上がった氷濤は、迫力満点!この会場内挙げる結婚式「氷濤ウエディング」も人気です。

支笏湖ならでは!そびえ立つ「氷濤」の迫力に心奪われる!

写真:玉恵

地図を見る

支笏湖の湖水を吹きかけて凍らせている、氷のオブジェは大小さまざまな種類が立ち並び、昼間は支笏湖ブルーが美しい!というのも、支笏湖の水質は日本屈指の透明度を誇っていて、環境省の湖沼水質調査で何度も日本一になっているほど。その高い透明度の湖水から氷が作られているので、太陽の光を受けると青く輝きます。
そして夜には、氷のオブジェが色とりどりのライトで照らされ、幻想的な世界を作り出しています。どちらも必見!

会場を一望できる遊歩道をぐるっとひと回り

会場を一望できる遊歩道をぐるっとひと回り

写真:玉恵

地図を見る

さまざまなオブジェや、会場を一望できる遊歩道が設置されています。雪で滑りやすいので、歩きやすい恰好で行きましょう。歩いていると、雪の宮殿に居るような錯覚に!この幻想的なイルミネーションは、必見です。
2019年の開催は、1月25日 (金)〜2月17日 (日)を予定しています。詳しくは公式ホームページなどで確認してください。

氷の滑り台で童心に返る!

氷の滑り台で童心に返る!

写真:玉恵

地図を見る

会場には、人気の氷の滑り台も設置されています。大人も子供も楽しめるので、濡れてもいい恰好で行けば、童心に返って遊ぶことができますよ!

冬の花火!氷濤と花火のコラボレーション

冬の花火!氷濤と花火のコラボレーション

写真:玉恵

地図を見る

期間中、土曜・日曜の18時半からは「冬の支笏湖 花火の世界」と題して花火大会が開催されます。氷濤と花火のコラボレーションは、夏の花火とは違った風情が。また、花火以外でも、和太鼓の演奏やフォトサービスなども開催されていますので、寒さを忘れて楽しんでくださいね!

千歳・支笏湖 氷濤まつりの基本情報

住所:北海道千歳市支笏湖温泉
電話番号:0123-23-8288
アクセス:新千歳空港から車で約40分/札幌市内から車で約60分

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -