復活のドラゴンブルー!岩手「龍泉洞」はハート溢れる恋人の聖地

| 岩手県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

復活のドラゴンブルー!岩手「龍泉洞」はハート溢れる恋人の聖地

復活のドラゴンブルー!岩手「龍泉洞」はハート溢れる恋人の聖地

更新日:2017/03/28 12:18

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

岩手県の「龍泉洞」は日本三大鍾乳洞の一つであり、国の天然記念物。ドラゴンブルーと呼ばれる世界有数の透明度を誇る地底湖を有する「龍泉洞」は、そのイメージを覆すような「恋人の聖地」としても近年注目を浴びています。2016年の台風水害から見事復活、待望の営業再開を遂げた「龍泉洞」をご紹介します。

岩手県を代表する観光地「龍泉洞」

岩手県を代表する観光地「龍泉洞」

写真:bow

地図を見る

盛岡市から車で約2時間、岩手県の北東部に位置する岩泉町に日本三大鍾乳洞の一つ「龍泉洞」があります。洞内は現在知られているだけでも3600m!しかし、推定では全容が5000m以上にもなるといわれている巨大な洞窟です。

岩手県を代表する観光地「龍泉洞」

写真:bow

地図を見る

「龍泉洞」は昭和40年代に観光向けの整備が整えられた歴史のある鍾乳洞。そんな「龍泉洞」も2010年に改修工事が行われ、LED照明を洞内に採用するなど一段と見やすくリニューアルが行われています。

そんな岩手県を代表する観光資源である「龍泉洞」は記憶に新しい平成28年8月の台風10号による豪雨により大きな被害を受けて閉洞していました。懸命の復旧作業が実を結び、この度2017年3月19日から営業再開!一時は白濁していたというドラゴンブルーの湖水もかつての透明度を取り戻したのです。

日本三大鍾乳洞「龍泉洞」の見どころ

日本三大鍾乳洞「龍泉洞」の見どころ

写真:bow

地図を見る

「龍泉洞」の見どころといえば、その造形美と世界に誇る透明度を誇る地底湖。

入口を入るとすぐ、龍が通ってできたという細長く続く印象的な「百間廊下」が。さらに複雑な構造の洞窟を奥に進めば自然による見事な鍾乳石の造形が次々と現れます。さらに月の世界にいるかのような「月宮殿」と呼ばれる広い空間を過ぎれば、いよいよメインの地底湖へと差し掛かってきます。

日本三大鍾乳洞「龍泉洞」の見どころ

提供元:ちゃりメラマン / PIXTA

https://pixta.jp/photo/8062245

なんといっても「龍泉洞」のメインは地底湖。とにかく世界有数というその透明度には目を奪われます。第一地底湖は水深35m、第二地底湖は水深38m、そして観光コースの最奥部、第三地底湖は水深98m!この第三地底湖の透明度は世界有数の45mとされ、覗き込めばいったいどこまで続いているのか分からないくらいの深さに驚くことでしょう。

地底湖はLED照明により美しく照らされ、まさにこれこそドラゴンブルー!というべき姿を見せてくれます。

完成!「恋人の聖地」モニュメント

完成!「恋人の聖地」モニュメント

提供元:龍泉洞

http://www.town.iwaizumi.iwate.jp/~ryusendo/地図を見る

そんな貴重な自然の宝庫「龍泉洞」が、最近では恋人たちの集うデートスポットとして注目を浴びているのです。2014年7月、「龍泉洞」の入口付近に新たに「恋人の聖地」モニュメントが飾られました!日本のチェーンソーアート界第一人者でもある西間健氏の手による、二匹の龍によるハート型のモニュメントです。

なぜ、このようなハート型の龍のモニュメントが出来たかというと、2014年1月1日に龍泉洞が「恋人の聖地」に認定されたから!実は龍泉洞には自然の造形の中にハートがある「ハートスポット」があり、恋人の集う場所とされているのです。

「龍泉洞」のハートスポットを巡ろう!

「龍泉洞」のハートスポットを巡ろう!

提供元:龍泉洞

http://www.town.iwaizumi.iwate.jp/~ryusendo/地図を見る

それでは龍泉洞内のハートスポットを順にご紹介!「龍泉洞」の見どころの一つでもある「月宮殿(げっきゅうでん)」。ここを通路奥側から見るとハート形に見えるスポットがあるのです!画像を見ていただければ、中央の通路上に少し左に傾いたようなハートが浮かび上がってませんでしょうか?

LEDに照らされて様々な色に変化するその姿は幻想的な地底世界そのもの。自然の造形の美しさに目を奪われつつも、その中に形どられたハートを目に焼き付けながら、しっかりと手をつないでそのハートをくぐり抜けましょう。

ほら、後ろから見たらハートをくぐり抜ける二人はまるで・・・。

「龍泉洞」のハートスポットを巡ろう!

写真:bow

地図を見る

ハートスポットその2は「第三地底湖」です。「龍泉洞」の中でも大きな見どころの一つである第三地底湖、そのほとりに立ってよく見てみましょう。地底湖の底から照らし出された第三地底湖の姿がなんとハートに見えるではありませんか!

しかし、この第三地底湖のハートは常にハートに見えるわけではありません!実は水中ライトの位置や向きなどの加減でハートに見える時はまれなのだそうです。もし、運よく第三地底湖でハートに出会えたのなら、神秘的なドラゴンブルーを前に、愛を誓ってみてはいかがでしょうか・・・?

「龍泉洞」のハートスポットを巡ろう!

写真:bow

地図を見る

そしてもう一つ、非公式なハートスポットもご紹介。「龍泉洞」内の観光ルートで最も高い位置にある「三原峠」。地底湖の水面からは35mも高い位置にあります。そこから第一地底湖を覗きこめる場所があるのですが・・・。ん・・・?ここは・・・!

私にはこの地底湖を覗きこむ穴がハートに見えて仕方がないのです。ぜひ「龍泉洞」にはここもハートスポットとして認定してほしいものですッ(力説)!ひょっとしたらまだまだ「龍泉洞」には新たなハートスポットがあるのかも・・・!?皆さんも新たなハートスポットをぜひ見つけてみてください!

ちなみに恋人の聖地となった「龍泉洞」では洞内でのサプライズプロポーズ企画も展開中!当日偶然その場に居合わせた、普通の観光客をも巻き込んだ公開プロポーズにはなんと既に成功事例が!!

さらに、サプライズプロポーズの決行当日、現場に居合わせた人の中には自分もここでプロポーズをしたいという人も・・・!ロマンティックなハートスポットで我も!という殿方はぜひ一度「龍泉洞」とご相談なさってはいかがでしょうかッ!!

名水百選でもある「龍泉洞」

名水百選でもある「龍泉洞」

写真:bow

地図を見る

「龍泉洞」の入口前には「龍泉洞」の水が飲める水飲み場があります。龍泉洞内に湧き出る水は、もとは岩泉町の森に降り注いだ雨や雪。それらはやがて腐葉土の層で濾過され、ゆっくりと地下へ浸透していきます。そして石灰岩に触れながら様々なミネラルを溶かし込んだ水が湧き、洞内を流れていくのです。とにかく「龍泉洞」の水は美味!まずは水飲み場でご賞味を。

名水百選でもある「龍泉洞」

写真:bow

非常に美味な「龍泉洞」の水は、それもそのはず日本名水百選の一つに選ばれています。さらにこの水をボトリングしたミネラルウォーター「龍泉洞の水」も発売されています。ちなみにこの「龍泉洞の水」は2009年度モンドセレクションで最高金賞を受賞!世界に認められた名水でもあるのです。

この龍泉洞の水を使ったサイダーや、龍泉洞の水を使った化粧水など、名水を使った商品群が充実!お土産に買って帰りたい品が揃っています。

待望の再開!ドラゴンブルーの「龍泉洞」へ行こう!

2017年3月19日、待ち望まれていた「龍泉洞」の営業が再開。一時期は地底湖が6mも増水したとされていますが、洞内の鍾乳石には大きな被害はなく、早くも観光客が元通りになった龍泉洞を楽しんでいます。

また、恋人たちのデートスポットとしても再開は待ち望まれていたところ。年間通じて洞内が10度前後に保たれている「龍泉洞」、恋人たちの熱気で洞内が暑くなり過ぎないようにご注意願いたいものです!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ