ミャンマー・ヤンゴンで食べたいおすすめ名物料理5選

| ミャンマー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ミャンマー・ヤンゴンで食べたいおすすめ名物料理5選

ミャンマー・ヤンゴンで食べたいおすすめ名物料理5選

更新日:2018/12/21 12:57

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

さまざまなバックグラウンドを持つ人たちが暮らしている多民族国家・ミャンマー。その食文化もじつに多彩で、中国やインドなどの近隣諸国の影響のみならず、さまざまな民族料理が生活に根付いているのも特徴です。ここでは、ミャンマー最大の都市・ヤンゴンで、おすすめの名物料理を5つピックアップしました。ミャンマーを訪れたなら、まずはおさえておきたい料理ばかりです。

1. ミャンマーの国民食「モヒンガー」

1. ミャンマーの国民食「モヒンガー」

写真:中川 康雄

地図を見る

「モヒンガー」は、ミャンマーの国民食ともいえる麺料理です。ナマズなどの魚で出汁を取ったスープで、細めの米麺を使用しているのが特徴です。ヤンゴンの街なかでは、レストランから大衆食堂、屋台など、いたるところで食べられます。

トッピングは、パクチーや豆の天ぷら、ゆで卵など。お店によってバリエーションがあるので、お気に入りの一杯を探してみるのもおすすめです。

2. 油たっぷりな煮込み料理「ミャンマーカレー」

2. 油たっぷりな煮込み料理「ミャンマーカレー」

写真:中川 康雄

地図を見る

日本ではあまり知られていない「ミャンマーカレー(ヒン)」。たっぷりと油を使って、肉や野菜などの具材とともに煮込む料理です。スパイスはどちらかというと控えめ。種類は、チキンやポーク、フィッシュなど。通常日本で食べられているカレーのようにご飯にかけて食べます。

茹で野菜などの小皿料理がいくつか付いてくるのも「ミャンマーカレー」の特徴。こちらもヤンゴンの街のいたるところで食べられるポピュラーな料理です。

3. シャンやラカインなどの郷土料理

3. シャンやラカインなどの郷土料理

写真:中川 康雄

地図を見る

ミャンマーは多民族国家。そのためその最大の都市であるヤンゴンでは、さまざまな民族の伝統に根ざした料理を食べられます。とくにシャン料理は、油っぽい料理の多いミャンマーにありながら油が控えめで、さっぱりした味が日本人の味の好みによく合うといわれています。

写真はシャン族の代表的な麺料理「シャンカウスエ」。

3. シャンやラカインなどの郷土料理

写真:中川 康雄

地図を見る

こちらの写真は、ミャンマーの西側に位置するラカイン州の郷土料理のひとつ「イカの炒め物」。一緒に運ばれてくるタレをつけて食べます。ラカイン料理は、シーフードを使ったスパイシーな料理が特徴。シーフード好き、辛いもの好きにはとくにおすすめしたいミャンマーの郷土料理のひとつです。

4. 一度食べるとクセになる味「豚のホルモン串」

4. 一度食べるとクセになる味「豚のホルモン串」

写真:中川 康雄

地図を見る

夜間にヤンゴンの街を歩いていると道端でよく見かける「豚のホルモン串(ワッタードゥートゥ)」。中央に煮立てられたスープがあり、そのまわりに多種多様な豚のホルモンが置いてあります。お客さんはその周りに座って、思い思いに好きな串を食べていくスタイル。ちょっと日本のおでんにも似ています。

ちょっと衛生的に気になる人もいるかもしれませんが、回転の良い人気のお店を選んでチャレンジしてみましょう。それぞれのお店の特製スープで煮込まれた豚のホルモンは一度食べるとクセになる味です。

4. 一度食べるとクセになる味「豚のホルモン串」

写真:中川 康雄

地図を見る

用意されている豚ホルモン串は、すでにしっかりと煮込まれたもの。食べるときには串を手にとって、真ん中のあつあつのスープにもう一度くぐらせてから、スパイシーなタレをつけていただきます。

串1本のお値段はまっすぐな串のものが100チャットくらいで、串の端が折れ曲がっているのが200チャットくらいです。とても安価で食べる分量も細かく調整することができるのが特徴で、ちょっと小腹が空いているときや飲みのあとなどにもぴったりです。

5. お茶っぱを混ぜたユニークなサラダ「ラペートゥ」

5. お茶っぱを混ぜたユニークなサラダ「ラペートゥ」

写真:中川 康雄

地図を見る

さまざまな食材とともにお茶の葉っぱを混ぜ合わせるミャンマーの伝統的なサラダ「ラペートゥ」。発酵させたお茶の葉のほかには、ゴマやナッツ、ニンニクなどの具材を混ぜ合わせます。「ラッペ」とはお茶の葉、「トゥ」とは混ぜ合わせるという意味。

お茶の葉のほんのりとした苦味がサラダの味に奥行きを与えています。こちらもミャンマーを訪れたなら一度は食べておきたい料理のひとつ。

ミャンマー独特の食文化をぜひ本場で

国民食から民族料理、とっつきにくいけど一度食べるとクセになる大衆料理などなど。ミャンマー最大の都市・ヤンゴンで、ぜひ食べておきたいおすすめ料理5選をご紹介しました。それぞれ、ミャンマーではポピュラーな料理ながら、日本ではなかなか食べることのできない料理ばかり。ぜひ本場でその味を確かめてみてください。

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/29−2018/12/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -