ニュージーランド旅行のベストシーズンはいつ?服装や気候も詳しく解説!

ニュージーランド旅行のベストシーズンはいつ?服装や気候も詳しく解説!

更新日:2018/12/25 09:06

村松 希美のプロフィール写真 村松 希美 ニュージーランド好き主婦ライター
ニュージーランドは世界の治安の良い国ランキングでも上位にランクインする、自然豊かでのどかな国です。旅行先としてだけではなく、近年は農場体験や留学先としても人気の国のため、多くの方がニュージーランドを訪れています。

今回はニュージーランドの気候をもとに、旅行のベストシーズンをご紹介していきます!目的地別、観光の目的別にも解説しているので、ぜひ旅行に行く際の参考にしてください。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ニュージーランドの気候について

ニュージーランドの気候について

写真:村松 希美

地図を見る

ニュージーランドは北島と南島に分かれていますが、南半球のため南に行くほど寒くなり、また季節も日本とは真逆になります。つまりニュージーランドの春は9〜11月、夏は12〜2月、秋は3〜5月、冬は6〜8月です。

まずは北島の気候からご紹介!ニュージーランド最大の都市オークランドは、夏は暑くても30度を超えることはなく、冬でも5度を下回らないため、1年を通して過ごしやすく快適です。

ただし、首都のウェリントンやオークランドは風が強く、雨の日も多いです。南島の主な観光地の平均降水量が50〜60mmに対し、北島の主な観光地の平均降水量は100mmを超えます。雨が多いと言っても、降って止んでの繰り返しが多く、ころころと天気が変わります。

ニュージーランドの気候について

写真:村松 希美

地図を見る

南島の気候も、北島と同じように変わりやすい天気が特徴。また春や夏でも涼しい日が多く、「思ったより寒い!」ということもあるので、服装には注意してください。

南島最大の都市クライストチャーチは南島の中でも北の方に位置します。南島の中では暖かく夏は30度ほどまで上がり、冬でも最低気温が0度を下回らないほどです。

リゾート地として知られるクイーンズタウンは、もっと南に位置するためさらに寒くなりますよ!同じ南島でも気温差があります。夏でも10度を下回ることがあり、冬は0度以下になることも。旅行の際は天気と併せて気温もチェックしてくださいね!

ずばりベストシーズンは?

ずばりベストシーズンは?

写真:村松 希美

地図を見る

ニュージーランド最大の都市、北島【オークランド】を旅行するベストシーズンは、ずばり「夏」です。特に2月の降水量が1年の中で最も少なく、ハーバーセーリングやマリンスポーツも心地よく楽しむことができますよ!またニュージーランドのクリスマスツリーと呼ばれているポフツカワという花は、12月に見頃を迎えます。

南島最大の都市【クライストチャーチ】を旅行するベストシーズンは「春」です。クライストチャーチは別名「ガーデンシティ」の愛称で世界的に知られています。春にはハグレーパーク内にあるローズガーデンや桜並木も見頃を迎えますよ。

南島の【クイーンズタウン】は、夏はトレッキング、冬はスキー等、どのシーズンに訪れても様々なアクティビティを楽しむことができます。中でもオススメのシーズンは「秋」です。秋は比較的雨も少なく、また近郊のアロータウンやクロムウェル等で、きれいな紅葉や黄葉を見ることができますよ!

ずばりベストシーズンは?

写真:村松 希美

地図を見る

アクティビティを目的とする場合は、ぜひ目的に合わせて旅行の計画を立ててみてください。

ハイキングやトレッキングのベストシーズンは春から秋、9〜5月頃になります。ただし場所によっては入山制限やツアー催行の時期が決まっている場合があり、事前のリサーチが必要です。大人気の、ミルフォードサウンドとテアナウ湖を結ぶ全長54kmを3泊4日で歩く「ミルフォード・トラック」は、入山制限も人数制限もあるため、早めに予約をした方が良いです。

花々が好きな方は「春」、黄葉が好きな方は「秋」がベストシーズンです。春の中でも夏に近い11月頃が、南島でよく見られるルピナスという花をはじめ、花々の見頃になりオススメですよ。秋は、日本の春休みやゴールデンウイークの時期になり、旅行計画も立てやすいかもしれません。

スキーのベストシーズンはもちろん「冬」ですね。6〜9月、場所によっては10月までスキーを楽しむことができます。標高の高い場所にあるゲレンデが多く、頂上付近の景色は圧巻ですよ!主なベースタウンとしては北島ならルアペフ、南島ならクライストチャーチやクイーンズタウン、ワナカとなるため、周辺の観光も併せてお楽しみください。

ずばりベストシーズンは?

写真:村松 希美

地図を見る

美しい星空を見たい方のベストシーズンも「冬」になります。空気の澄んだ6〜8月の冬のシーズンがオススメです。星空で有名な場所といえば「テカポ」ですが、マウントクックやクイーンズタウン等でも美しい星空を見ることができ、ツアーも催行されていますよ。

星空だけでなく、ニュージーランドではなんとオーロラも見られるんですよ!オーロラは年間を通して観測されますが、主に秋から冬にかけて目撃されていることが多いです。ただし太陽活動が活発でないと現れないため、確率はかなり低いと思ってください。1度観測されると連日見られる!ということもありますので、星空観賞している際にオーロラも見られると、ラッキーですね。

ニュージーランドを快適に過ごすオススメの服装は?

ニュージーランドを快適に過ごすオススメの服装は?

写真:村松 希美

地図を見る

ニュージーランドは、日本とは季節が真逆で、基本的に日本よりも「寒い」と思って準備をしてください。1年の平均気温が20度以下で、特に南島は夏でも寒いと感じることもあります。さらに「1日の中に四季がある」と言われるほど、1日の気温差が大きく、天気も変わりやすいため、どの季節でも雨具と上着が必要です。

紫外線は、日本の約5〜8倍強いです。特に夏は紫外線が強いため、あっという間に日焼けしてしまうでしょう。冬でも日焼け止めやサングラス、帽子も持参することがベストです。

また、ハイキングやトレッキングをする方は十分な服装の準備が必要です。寒さや雨対策はもちろん、予備の下着等も持参すると良いでしょう。星空観賞をする際も、暖かい格好の準備をしてください。ウールの下着やセーターなどは軽くて暖かいものが多く、ニュージーランドはウール製品が豊富なため、現地調達してもよいかもしれませんね。

ニュージーランドを快適に過ごすオススメの服装は?

写真:村松 希美

地図を見る

【春(9〜11月)】
春と言えば暖かいイメージですが、まだまだ寒さが残り、降水量も多い時期です。しかし急に夏日がやってくることもあり、寒さにも暑さにも対応できる服装が良いでしょう。

【夏(12〜2月)】
北島では、半袖や短パンなど開放的な服装でも心地よく過ごすことができます。ただし朝晩は冷えたり、レストランなど施設の中が寒かったりということがあるため、上着は必要です。南島ではもう少し気温が下がり、またアウトドア系のアクティビティが多いので、長ズボンもあった方が良いでしょう。

【秋(3〜5月)】
日本との大きな気温差もなく、服装も準備しやすいかとは思います。ただし1日の中の気温差があったり天気が変わりやすかったりするため、上着や雨具の準備は忘れずに。

【冬(6〜8月)】
日本が暑い時にコートなどを準備するのは大変かと思いますが、ニュージーランドはとても寒くなります。しっかり防寒対策をしてくださいね。冬だからといっても油断せず、日焼け止めやサングラスを忘れずに。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

季節ごとのイベント情報

季節ごとのイベント情報

写真:村松 希美

地図を見る

ニュージーランドは移民の国ということもあり、他国の文化を取り入れたイベントも数多く開催されますよ!

【春】
オークランドで「ディワリ」というインドの伝統的なお祭りが、10月に行われます。インドの雰囲気を存分に楽しむことができますよ。また11月には「ガイホークスデイ」というイギリスから伝わる伝統行事があります。ニュージーランドには11月5日前後の数日以外は花火の販売禁止という法律があり、販売が許可されるこの時期に花火を楽しむ人が続出します。いたるところで花火の音が聞こえるかもしれません。

【夏】
1月1日0時から、オークランドで「スカイタワーファイヤーワークス」という花火が上がります。街のど真ん中で花火!?と驚く方も多いですが、盛大に新年を祝います。また2月には、中国の旧正月を祝う「ランタンフェスティバル」が同じくオークランドで開催されます。中国の伝統文化を感じることができますよ。

【秋】
3月17日は、アイルランドのお祭り「セントパトリックデイ」が開催されます。この日はぜひ、アイルランドのシンボルカラーの緑色の服や、緑色のものを身に付けてみてください。アイリッシュパブでギネスビールを飲むのもオススメですよ。

【冬】
6月にはニュージーランドの先住民族、マオリの新年を迎えます。「マタリキ」と呼ばれ、この日を境に新しい年が始まるとされてきました。ハカダンスやマオリアートなど、ニュージーランドならではの文化をぜひ感じてください。また、ニュージーランドの冬のスポーツといえば「ラグビー」。ラグビー観戦をするのもオススメです!

ニュージーランドはどのシーズンでも楽しめる!

今回はニュージーランドの気候、ベストシーズンをご紹介しました。何度もお伝えしましたが、どのシーズンでも寒さ対策、紫外線対策、そして雨具を忘れずにお持ちくださいね。自然豊かなニュージーランド、気候も自然の力に左右されることも多いですが、対策をしっかりして、ぜひニュージーランド旅行を楽しんでください!

※2018年12月現在の情報です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/17−2018/11/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -