甘党必見!香港スイーツスポット「電気道」界隈お勧め5店

| 香港

| 旅の専門家がお届けする観光情報

甘党必見!香港スイーツスポット「電気道」界隈お勧め5店

甘党必見!香港スイーツスポット「電気道」界隈お勧め5店

更新日:2019/01/10 09:12

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

香港に行ったなら、本場の中華料理を堪能!おなかがいっぱいになったはずなのに、それでも、やっぱり食べたくなるのがスイーツですね。
そんなあなたにお勧めしたいのが、MTR「天后」駅近くの電気道界隈に広がるスイーツスポットです。通りの名前からは想像がつきませんが、このあたりはグルメ街となっており、スイーツ専門店も数多く集まっているんです。
ここでは、そんな中からお勧めの5店をご紹介します。

上質な甘さにこだわった「殿糖級自家製甜品専門店」

上質な甘さにこだわった「殿糖級自家製甜品専門店」

写真:やま かづ

地図を見る

まずは砂糖に卵、牛乳と、厳選された食材を使って最高級の手づくりスイーツを誇っている「殿糖級自家製甜品専門店」をご紹介します。

写真は「芒果黒糖天使麺(Mango Black Sugar Angel Hair)」です。マンゴー果肉にタピオカ、天使の風になびくような髪の毛に見立てた黒糖寒天、味わい深いのに後口はさわやか、お勧めの一品です。

<殿糖級自家製甜品専門店の基本情報>
住所:天后電気道66号
営業時間:月−木14:00-25:00 / 金・土・日14:00-26:00

日本人に人気!スイーツスポットの老舗的存在「晶晶甜品」

日本人に人気!スイーツスポットの老舗的存在「晶晶甜品」

写真:やま かづ

地図を見る

マンゴープリンや豆腐花など、定番香港スイーツを安心して食べたいなら、ここ「晶晶甜品」でしょう。
日本のメディアにも多数紹介されているので、日本人もたくさん訪れています。

写真は、「マンゴー果肉がたっぷりマンゴープリン」です。マンゴープリンの濃厚さとフレッシュマンゴーのさわやかさがベストマッチです。

<晶晶甜品の基本情報>
住所:天后電気道77号
営業時間:月−金13:00-24:00 / 土・日・祝14:00-24:00

こちらもスイーツスポットを代表する老舗的存在「天后甜品」

こちらもスイーツスポットを代表する老舗的存在「天后甜品」

写真:やま かづ

地図を見る

こちらも、天后スイーツスポットの老舗的存在となっている、その名のとおり「天后甜品」です。前述の「晶晶甜品」とは双璧とも言えるでしょう。

黄色と黒色のインパクトが強いスイーツの写真は「アイスクリーム・ジェリー・マンゴープリン」です。甘くて濃厚なアイスクリームとマンゴープリン、そして体によさそうな、色も味もワンポイントとなっている香草ゼリーとのコラボレーション、一度お試しあれ。

<天后甜品の基本情報>
住所:天后電気道83-87号
営業時間:13:00-26:00

食べ歩きにぴったり!「ICE PUFF」

食べ歩きにぴったり!「ICE PUFF」

写真:やま かづ

地図を見る

香港には、昔から「鶏蛋仔」という屋台スイーツがありました。それは、ベビーカステラが1枚に連なったようになっており、英語ではエッグワッフルとも呼ばれていました。
そんなスイーツが進化してスイーツスポットに登場、それが「ICE PUFF」です。

写真は、エッグワッフルにクッキークリームが添えられた「オリジナルアイスパフ」です。焼きたてのさくさくワッフルに濃厚なアイスクリーム、これはクセになります。

<ICE PUFFの基本情報>
住所:天后電気道78号
営業時間:月−土13:30-23:30 / 日・祝13:30-21:00

モダンな香港スイーツなら「Stand by You Dessert」で決まり!

モダンな香港スイーツなら「Stand by You Dessert」で決まり!

写真:やま かづ

地図を見る

スイーツスポットである電気道から1本道外れの角地にあるのが「Stand by You Dessert」です。
昔ながらのローカルスイーツを現代風にアレンジ、おしゃれなアレンジとネーミングでその存在感を示しています。

写真は「マンゴー忘年恋」です。日本語では、「年の差を超えたマンゴーの恋」といった感じでしょうか。マンゴーアイス、冷凍マンゴー、ドライマンゴー、ナタデココ、生クリームと、マンゴーとの相性のいいものが大集合しています。

<Stand by You Dessertの基本情報>
住所:天后興発街62-64
営業時間: 16:00〜0:00

香港スイーツスポットに行けば、何かある、何でもある!

ここでは、主に香港スイーツのテッパンであるマンゴープリンを中心にご紹介しましたが、そのほかにも豆腐花、ゴマ団子、牛乳プリンなど数多くのバリエーションがあります。

そして、電気道周辺には、ここではご紹介できなかった「甜姨姨」「明記甜品」「錦尚甜」などのスイーツ専門店もあり、どのお店も午後から深夜にかけてオープンしています。

何はともあれ、甘党を誇る方、電気道界隈のスイーツスポットへGO!

<香港スイーツスポットへの行き方>
MTR「天后(Tin Hau)」駅A2出口を出て左折すると、右側にスイーツスポットの中心となる電気道(Electric Road)が見えてきます。

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/16−2018/11/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -