都心から約1時間!埼玉の新名所「千年の苑ラベンダー園」は日本最大級

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

都心から約1時間!埼玉の新名所「千年の苑ラベンダー園」は日本最大級

都心から約1時間!埼玉の新名所「千年の苑ラベンダー園」は日本最大級

更新日:2019/06/25 11:23

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

2019年6月8日、埼玉県のほぼ中央に位置する嵐山町に、日本最大級のラベンダー園「千年の苑ラベンダー園」が誕生しました。約8ヘクタールの敷地に、約5万株が咲き誇ります。
2019年7月7日まで“らんざんラベンダーまつり”が行われており、ラベンダーの摘み取り体験やラベンダースティック教室、ラベンダーグッズ、ご当地グルメなど、ラベンダーの香りに包まれながら楽しむことができますよ。

日本最大級の広さ!千年の苑ラベンダー園

日本最大級の広さ!千年の苑ラベンダー園

写真:Benisei Rinka

地図を見る

2019年6月8日にオープンした「千年の苑ラベンダー園」は、約8ヘクタールの敷地に約5万株のラベンダーが咲き誇ります。今後植付予定のエリアもあり、完成すれば約10.5ヘクタールとなる日本最大級のラベンダー園です。壮大なラベンダー畑といえば、北海道が有名ですが、これからは都心から約1時間ほどの埼玉県比企郡嵐山町「千年の苑ラベンダー園」で気軽に楽しむことができます。

日本最大級の広さ!千年の苑ラベンダー園

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ここでは、2019年6月8日〜7月7日まで“らんざんラベンダーまつり”が開催されており、ラベンダー鑑賞を楽しめるだけでなく、ご当地グルメやグッズ、摘み取り体験、ワークショップなど、大人も子供も楽しめる内容になっています。

それでは「千年の苑ラベンダー園」の楽しみ方をご紹介しましょう。

白いラベンダーも可愛い

白いラベンダーも可愛い

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ラベンダーには、イングリッシュ系、ラバンディン系、ストエカス系、デンタータ系等の系統があります。「千年の苑ラベンダー園」で主に栽培されているのは、ラバンディン系の“グロッソ”という品種。グロッソの香りは強くて甘く、ラベンダーオイルやドライフラワーなどを作る場合に好まれます。

白いラベンダーも可愛い

写真:Benisei Rinka

地図を見る

また、白い花を咲かせる「ロングホワイト」という品種も植えられており、紫と白のコントラストを楽しむことができます。ロングホワイトの香りはあまりなく、主に観賞用として栽培されています。グロッソと嗅ぎ比べてみてくださいね。

白いラベンダーも可愛い

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ラベンダー畑の中には、写真のようなフォトスポットもあり、ヤマザクラとヤマツツジの名所として知られている“大平山”をバックに撮影することができます。

「ラベンダー摘み」は毎日開催!

「ラベンダー摘み」は毎日開催!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ここでは、1人300円でラベンダー摘みをすることが可能です。摘み取りできる場所は、当日指定された場所のみとなり、受付時に直径3cm程の黒いリングとハサミを受け取ります。受け取ったリングに入る分だけ摘み取って、持ち帰ることができます。茎の太さにもよりますが、大体50〜60本ほど入りますよ。

スタッフさんから、摘み取る際の注意事項等の説明がありますので、よく聞いてからスタートしてくださいね。

「ラベンダー摘み」は毎日開催!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

摘み取るのにベストな状態のラベンダーは、下の方の花が1〜2つほど咲いていて、上の方は蕾になっているもの。蕾が多い時期に、この状態のラベンダーを探すのは結構大変なのですが、そんな時は“蜂”が教えてくれます。蜂がとまったラベンダーを見ると、摘み取りに適している状態の場合が多いですよ。

「ラベンダー摘み」は毎日開催!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

リングがいっぱいになったら、ハサミとリングを返却して、持ち帰り用にラッピングしてもらいます。

意外と簡単!ラベンダースティック作りに挑戦しよう

意外と簡単!ラベンダースティック作りに挑戦しよう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

イベント会場内では、火・木・土・日限定で、ラベンダースティック教室が開催されています。ラベンダースティックとは、生のラベンダーとリボンを使って作るオシャレな香りアイテム。
体験教室では、あらかじめ用意されている10本のラベンダーと好きな色のリボンを使って、写真のように編み込んでいきます。少し細かい作業ですが、慣れると簡単!

意外と簡単!ラベンダースティック作りに挑戦しよう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ラベンダースティック制作は1人300円。膨らんでいる部分にラベンダーの花が入っているので、ドライフラワーのようにポロポロ落ちてこないのがいいですね。体験教室への参加者は、作り方レシピもいただけるので、摘み取ったラベンダーを使って、家で作ってみてくださいね。

意外と簡単!ラベンダースティック作りに挑戦しよう

写真:Benisei Rinka

地図を見る

体験教室が行われているテントの一角では、写真のハーバリウムやポプリ、アイシングクッキーなど、手作りラベンダーグッズも販売されていますよ。

ご当地B級グルメは必食!

ご当地B級グルメは必食!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

らんざんラベンダーまつりの会場では、ケバブやピロシキなどの人気グルメや、ラベンダーレモネードやタピオカラベンダーソーダといった変わり種ドリンク、嵐山町のご当地グルメなど、様々なグルメ屋台が並んでいます。

ご当地B級グルメは必食!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

一番人気は、ラベンダー園の定番スイーツ“ラベンダーソフト”。濃厚なミルクソフトに、ほんのり香るラベンダーの風味が美味!平日でも常に行列ができるほど大人気です。

ご当地B級グルメは必食!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

こちらは、嵐山町のB級グルメ“嵐山辛モツ焼きそば”。17種類のスパイスをオリジナル配合して絡めた辛いモツと中太のモチモチ麺、オリジナルソースの相性は抜群!程よいピリ辛具合に箸が止まらなくなる、ちょっと大人な味。

千年の苑ラベンダー園には、ゆっくり食事を楽しめるスペースの他に、埼玉県産のスギやヒノキを使ったベンチなども沢山置かれており、ラベンダーの香りを堪能しながら、リラックスした時間を過ごすことができます。

2019年のラベンダーまつりは7月7日(日)まで!ぜひ「千年の苑ラベンダー園」で“見て!食べて!楽しんで!”くださいね。

千年の苑ラベンダー園の基本情報

住所:埼玉県比企郡嵐山町大字鎌形2326
アクセス:関越自動車道東松山ICより車で約15分

【らんざんラベンダーまつり】
開催期間:2019年6月8日(土)〜7月7日(日)
開園時間:9:00〜17:00(最終入場16:30)
休園日:上記期間中は無休
見学料:500円(中学生以下と障がい者は無料)
駐車場:周辺に(無料・有料)臨時駐車場あり

2019年6月現在の情報です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -