ふわっふわな工場見学!埼玉に中村屋「中華まんミュージアム」誕生

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ふわっふわな工場見学!埼玉に中村屋「中華まんミュージアム」誕生

ふわっふわな工場見学!埼玉に中村屋「中華まんミュージアム」誕生

更新日:2019/01/18 16:24

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

2019年1月25日、埼玉県入間市にある株式会社中村屋の武蔵工場内に、日本初となる中華まんの製造工程の常設見学施設「中華まんミュージアム」が誕生します。
1日2回、定員20名の完全予約制で行われる工場見学ツアーでは、映像や展示物、ゲームなどで、楽しく中華まんについて学ぶことができます。工場見学のお楽しみ「試食」も「お土産」もふわっふわ!入場無料で、美味しく楽しい社会科見学にいきませんか?
家族で楽しめる旅行先はこちら

日本初!中華まんミュージアム誕生

日本初!中華まんミュージアム誕生

提供元:(株)中村屋「中華まんミュージアム」

http://www.nakamuraya.co.jp/factory/地図を見る

2019年1月25日、日本初となる中華まんの製造工程の常設見学施設「中華まんミュージアム」が誕生します。中華まんミュージアムがあるのは、埼玉県入間市にある、株式会社中村屋の武蔵工場内。株式会社中村屋は、一般的に「新宿中村屋」で知られており、和洋菓子やパン、レトルトカレーなどの食品製造・販売、レストラン運営を行っています。

武蔵工場は、2018年4月18日竣工、8月15日に稼働を開始した中華まん専用工場。中華まんミュージアムは「中華まんのおいしさを五感で楽しむ体験型ミュージアム」として、中華まんのファンづくりを目的として誕生しました。

中華まんおいしさ探検に出発!

中華まんおいしさ探検に出発!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

開放的なガラス張りの吹き抜けエントランス。安心・安全、中華まんをイメージした白を基調とし、そこに暖かみのあるオレンジ色をプラスした内装になっています。

エントランスに足を踏み入れると、大きな中華まんのオブジェがゲストをお出迎え。撮影用小物も用意されているので、家族の思い出作りにピッタリなフォトスポットでもあります。
壁面には「お肉の中華まん・プレミアムまん・カレーまん・スイーツまん」など、カテゴリーごとに分類された、50種類もの中華まんがズラッと描かれています。見たことある、食べたことあるものから、“こんな中華まんあったんだ”と驚くほど多彩な中華まんのラインナップ!

中華まんおいしさ探検に出発!

提供元:(株)中村屋「中華まんミュージアム」

http://www.nakamuraya.co.jp/factory/地図を見る

中華まんミュージアムの工場見学は、「シアター」から。
故やなせたかし氏がデザインした、中村屋の中華まんキャラクター“ニック”と“アン”が、中村屋と中華まんについて説明してくれます。また、ツアーの流れを教えてもらって、見学スタート!ゲストは今から「中華まんおいしさ探検隊」!

中華まんおいしさ探検に出発!

提供元:(株)中村屋「中華まんミュージアム」

http://www.nakamuraya.co.jp/factory/地図を見る

中華まんミュージアムの見学コースは、全長約400メートル。ガイドさん先導で「具・生地・包み方・安全・元気」のヒミツを発見すべく、中華まんの製造工程をガラス越しに見学できます。一部、製造工程を見られないゾーンがありますが、通路の壁面を使ったクイズや展示を行い、子供を飽きさせない工夫がたくさん!

中華まんをゲームでおさらい「おいしさゾーン」

中華まんをゲームでおさらい「おいしさゾーン」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

工場見学の後は「おいしさゾーン」へ。
中華まんのおいしさのポイント「具材や手包み感」などを、展示とゲームでおさらい!タッチモニター式のゲームは“具の乗せられた生地を次から次へと包んでいく”というもの。大人も子供も夢中で包み続ける姿は、見ている方も楽しくなっちゃいます。

中華まんをゲームでおさらい「おいしさゾーン」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

おいしさゾーンには、壁面メディアアートも!ゲストが描いた、オリジナルの中華まんをスキャンすると、アート上に投影されます。ただオリジナル中華まんが漂うだけでなく、登場人物が中華まんを食べてなくなっていく様子だったり、投影パターンは様々。

お待ちかねの試食タイム!

お待ちかねの試食タイム!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

おいしさゾーンで楽しく学んだあとは、お待ちかねの試食タイム!
上の写真の「キッチン」では、今回見学した、この武蔵工場で作られた肉まんをいただくことができます。

お待ちかねの試食タイム!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

キッチンと名付けられているだけあって、本当にココで肉まんを蒸しています。せいろの蓋を開けると湯気がブワッと広がり、みんなの歓声があがります。出来立てホヤホヤの肉まんは、アッツアツでふわっふわでボリューミー!家でお手軽に電子レンジで調理した肉まんとは、ふわふわ度が全然違います。中華まんミュージアムでしか味わえない、出来立てを堪能してくださいね。

お土産も癖になるほどふわっふわ!

お土産も癖になるほどふわっふわ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

上の写真は、工場見学のもう一つのお楽しみ“お土産”です。
参加者全員に「中華まんおいしさ探検隊」の認定証マグネットが配られます。また、大人は「肉まんとあんまんの2個セット」、子供は「中華まんのスクイーズ」がもらえますよ。この中華まんのスクイーズは、想像以上にふわっふわ!本物の中華まんみたいなしっとり感とふわふわ感に、気持ちよすぎて手放せなくなりそう!

お土産も癖になるほどふわっふわ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

工場見学と試食が終わったら、中華まんミュージアムの限定グッズをゲットしよう!ニックとアンのオリジナルシールやクリアファイル、消しゴム、鉛筆、メモ帳などの文房具の他、「オリジナルアクリルチャーム」のガチャガチャもありますよ。

お土産も癖になるほどふわっふわ!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ショップには、中村屋を代表する、月餅やうすあわせといったお菓子、レトルトカレー、中華まんも。単品で購入できるだけでなく、「肉まん(小)・レトルトカレー・月餅」がひとつずつ入って、ちょっとお得な「お楽しみパック(540円)」もありますよ。色々な中村屋の商品を試してみたい方にオススメです。

中華まんミュージアムの全工程が終了するころには、みんな中華まんのファンになってること間違いなし!

中華まんミュージアムの基本情報

住所:埼玉県入間市狭山台234
電話番号:04-2935-1592(9:30〜12:00/土日祝・年末年始を除く)
アクセス:圏央道 入間ICより約4km(約10分)、青梅ICより約5km(約15分)
西武池袋線 入間市駅よりタクシー(約20分)、JR八高線 箱根ケ崎駅よりタクシー(約15分)
駐車場:乗用車10台、大型バス2台
工場見学案内時間:10:00、14:00(所要時間90分)
案内人数:完全予約制 各回20名(最少遂行人数2名)
入場料:無料
休館日:水曜、木曜/年末年始/夏期工場休業期間

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -