シドニーの夕日が美し過ぎるフォトスポット5選

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

シドニーの夕日が美し過ぎるフォトスポット5選

シドニーの夕日が美し過ぎるフォトスポット5選

更新日:2019/01/09 18:23

Mayumi Iwasakiのプロフィール写真 Mayumi Iwasaki シドニー在住フォトライター、インテリアデザイナー

港町・シドニーには美しいサンセットを眺めに夕暮れになると多くの人達が訪れる夕日の名所が沢山あります。今回はそんな中から美し過ぎる夕日とシドニーらしい風景が同時に堪能できる絶景スポットを5ヶ所ご紹介します。

1.ミセス・マッコーリーズ・ポイント

1.ミセス・マッコーリーズ・ポイント

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

シドニーと言えばオペラハウスとハーバー・ブリッジがあまりにも有名ですが、その代表的な2つのアイコニックな建造物を同時に楽しめる絶景スポットがMrs. Macquaries Point(ミセス・マッコーリーズ・ポイント)です。

1.ミセス・マッコーリーズ・ポイント

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

Royal Botanic Garden(ロイヤル・ボタニック・ガーデン/王立植物園)を抜けた岬の突端にあり、対岸に鎮座しているオペラハウス越しにダイナミックなハーバー・ブリッジやビル群を眺めることができます。オペラハウスよりも東側にあるのでオペラハウス越しにビルの向こうに沈んで行く夕日を眺められる、まさに絶景スポットなんです。

「Royal Botanic Garden(ロイヤル・ボタニック・ガーデン/王立植物園)」については別の記事でご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

1.ミセス・マッコーリーズ・ポイント

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

シドニーを訪れる観光客にも人気ですが、フォトグラファーにも人気の撮影スポットでもあります。夕方になると夕日をバックに記念写真を撮る人達で溢れかえります。

「Mrs. Macquaries Point(ミセス・マッコーリーズ・ポイント)」については「オペラハウスを眺めるスポット」として別の記事でご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

<基本情報>
住所:Mrs. Macquaries Point, Sydney NSW 2000
アクセス:オペラハウスからはロイヤル・ボタニック・ガーデンを抜けて徒歩15分ほど。またはシティからは441番のバスで近くまでアクセスが可能

2.ジェフリー・ストリート・ワーフ

2.ジェフリー・ストリート・ワーフ

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

オペラハウスとハーバーブリッジの壮大な景色を対岸のノース・シドニー側から楽しめるのが、Kirribilli(キリビリ)にあるJeffrey Street Wharf(ジェフリー・ストリート・ワーフ)です。

2.ジェフリー・ストリート・ワーフ

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

フェリーの中心地であるCircular Quay(サーキュラー・キー)の対岸にあるので、オペラハウスを正面から楽しめるだけでなく、シドニー・ハーバーを忙しなく行き交うフェリーや客船を眺めることができるスポットです。

2.ジェフリー・ストリート・ワーフ

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

シティのビル群を見渡せるので、サンセットだけではなく、ビルに照明が灯り始める美しい夜景もオススメです。シドニーの海の玄関口を体感できる、絶好のスポットですよ。

<基本情報>
住所:Jeffrey Street Wharf, Jeffreys St, Kirribilli NSW 2061
アクセス:フェリーの場合はMilsons Point Wharf(ミルソンズ・ポイント・ワーフ)で下車して徒歩5分
※Circular Quay(サーキュラー・キー)やDarling Harbour(ダーリング・ハーバー)からのフェリーはあまり本数がないので要確認
※シティ・レールの場合は、Milsons Point(ミルソンズ・ポイント)駅から徒歩で10分ほど

3.オブザーバトリー・ヒル・パーク

3.オブザーバトリー・ヒル・パーク

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

Observatory Hill Park(オブザーバトリー・ヒル・パーク)はThe Rocks(ロックス)の高台に建つ「Sydney Observatory(シドニー天文台)」の脇にある公園です。1858年に建てられた歴史ある天文台もオススメですが、特にオススメしたいのはこちらのオブザーバトリー・ヒル・パークからの眺めです。

3.オブザーバトリー・ヒル・パーク

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

高台にあり周りに視界を遮るものがほとんどないので、右手にハーバー・ブリッジ、左手にアンザック・ブリッジなど270度以上広がるシドニー・ハーバー全体を見渡すことができます。ピクニック・スポットとしても人気ですが、ここから見る夕日の美しさは格別で、ウェディング・フォトの撮影スポットとしても有名です。

3.オブザーバトリー・ヒル・パーク

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

有名なレストランやパブが林立するロックスからもアクセスしやすいので、是非ロックス散策の締めでもいいですし、こちらで夕日を眺めた後に一杯飲みに行くのもいいのではないでしょうか。

<基本情報>
住所:1001 Upper Fort St, Millers Point NSW 2000
アクセス:ロックス・エリアからは徒歩で10分
Town Hall(タウン・ホール)から311、324、325番のバスで10分ほど

4.ブラッドリーズ・ヘッド

4.ブラッドリーズ・ヘッド

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

Sydney Harbour National Park(シドニー・ハーバー国立公園)内の一角にあるBradleys Head Amphitheatre(ブラッドリーズ・ヘッド・アンフィシアター)は、円形劇場型のスポット。中央に大きく迫り出した印象的な石の桟橋の先には、シドニーシティを一望できる大パノラマがの絶景が広がっています。

4.ブラッドリーズ・ヘッド

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ここはパーティ会場としても州で貸し出されているので、結婚式などの催し物に使用されることもあります。思わずため息が漏れるほどの絶景が楽しめる夕暮れ時には、ウェディング・フォトを撮影するカップルで賑わうほどです。

4.ブラッドリーズ・ヘッド

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

夕日ももちろんですが、ビルに灯りが灯り始める夜景の美しさも格別です。

「ブラッドリー・ヘッド」と「タロンガ・トレイル」については別の記事で詳しくご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

<基本情報>
住所:Bradleys Head Amphitheatre, Bradleys Head Rd, Mosman NSW 2088
アクセス:フェリーのTaronga Zoo(タロンガ・ズー)駅から徒歩15分ほど
※街灯が少なく夜は暗くなるので、夜は車かUberの利用が便利(駐車場あり)

5.ワトソンズ・ベイ

5.ワトソンズ・ベイ

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

Watsons Bay(ワトソンズ・ベイ)はシティの中心から東へ10km、南太平洋からシドニーハーバーへ入る際の南の玄関口にあります。シティからはバスでもアクセスできますが、ハーバー・クルーズも兼ねてサーキュラーキーからフェリーで訪れることをオススメします。とても小さな港町ですが、美しいビーチや絶景ポイント、有名レストランがあり、地元のローカル達から観光客まで人気のエリアです。

5.ワトソンズ・ベイ

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

フェリーの桟橋を降りてすぐにあるRobertson Park(ロバートソン・パーク)からは、行き交うフェリーや停泊しているヨット越しにシティ方向に沈んで行く夕日が眺められます。ローカルに人気のエリアだけあって、観光地とは違ったのんびりした雰囲気が漂っています。

5.ワトソンズ・ベイ

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ロバートソン・パークから東へ歩いて行くと砂岩の切り立った崖が続くTHE GAP(ザ・ギャップ)があります。こちらはシドニー有数の絶景スポットとしても有名で、ダイナミックな外洋の太平洋とシドニー・シティのビル群の両方を楽しめます。フェリーでアクセス可能で海の街・シドニーっぽさを存分に楽しめるワトソンズベイは、ランチやディナーを絡めて訪れることをオススメします。

「ワトソンズ・ベイ」については別の記事で詳しくご紹介していますので、関連MEMOのリンクからお読みください。

<基本情報>
・サーキュラー・キーから「ワトソンズ・ベイ」行きのフェリーF4で20分ほど
・シティからはTown Hall(タウン・ホール)のQVB脇にあるバス停Stand Aから324、325の「ワトソンズ・ベイ」行きバスで50分ほど

シドニーで海と夕日の絶景を満喫

いかがでしたか?シティからアクセス抜群なのにもかかわらず、都会と自然を同時に楽しめ美しすぎる夕日も眺められる、正にシドニーらしい場所をご紹介しました。
どの場所からもハーバー・ブリッジやオペラハウス、ビルのスカイラインや港町特有の客船やフェリー、停泊するヨットなどを一度に楽しむことができます。シドニーを訪れた際は、シドニーらしい景色と夕日で旅の疲れた体を癒して、一日を締めくくりましょう。

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/01/18−2018/12/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -