台湾・九フンからアクセス!基隆山への早朝登山&絶景

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾・九フンからアクセス!基隆山への早朝登山&絶景

台湾・九フンからアクセス!基隆山への早朝登山&絶景

更新日:2019/01/07 10:18

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター

赤いランタンが灯る夕方から夜の観光が有名な「九フン」。大型バスや団体客が押し寄せる台湾でも有名な観光地ですが、九フンに一泊してみると、とっても静かな夜のランタンの明かりもじっくり楽しめます。今回ご紹介するのは、早朝の静かな九フンの風景と、基隆の町まで見渡せる海岸線の絶景が楽しめる、基隆山の早朝登山。往復80分程のハイキングコースを詳しくご紹介します。

人混みのない早朝の九フンを楽しむ!

人混みのない早朝の九フンを楽しむ!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ツアーや団体旅行だと3時間程の滞在で終る九フン観光ですが、ぜひとも1泊してその魅力を十分に味わって欲しい場所。九フンは午後から夕方にかけては雲が出たり、雨が降り易かったりすることもあるので、宿泊して翌朝の早朝から基隆山の登山を楽しむのがおすすめです。九フン西側の山城観景台から基隆山の山頂に朝日が当たった頃から出発してみましょう。

人混みのない早朝の九フンを楽しむ!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

金山岩観景台からの眺め。さらに町と基隆山のコラボレーションは、ぜひ写真におさめたい風景です。

人混みのない早朝の九フンを楽しむ!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

すべてのシャッターが閉まっている静かな九フンの早朝の様子です。猫ちゃんものんびりとした朝を迎えています。

整備されたハイキングコース!

整備されたハイキングコース!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

九フンのメインロード基山路の入り口にあるコンビニから登山口までは徒歩3〜4分です。金爪石へ向う瑞金公路をゆっくりと東に上りましょう。登山口入り口には大きな石碑の案内板があるので、見逃すことはありません。

整備されたハイキングコース!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ハイキングコース前半は綺麗に整備された石畳。朝露に濡れている時には少し滑り易いので気を付けて登り始めましょう。

整備されたハイキングコース!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

登りが急な場所もありますが、しっかりと石段になっています。途中には登山道を示す木製看板もあるので安心です。

第一の絶景!第二展望台からの眺め

第一の絶景!第二展望台からの眺め

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

登山道前半には3つの展望台がウッドデッキで作られています。最初が3分、2つ目が13分、3つ目が18分後に現れます。ここからの九フンの町の景色もなかなかのモノですよ。

第一の絶景!第二展望台からの眺め

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

九フン周辺は山々に囲まれているので、この辺りで他の山頂から陽が射してきます。休憩をしながら絶景を楽しみましょう。

第一の絶景!第二展望台からの眺め

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

メインの登山道からはいくつか脇道があります。帰り道に体力の余裕や天候がよければ立ち寄ってみるのもいいですね。まずは山頂を目指しましょう!

山頂はすぐそこ!

山頂はすぐそこ!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

3つの展望台の後には3つの東屋が山頂までにあります。2つ目の東屋を超えた辺りから後ろを振り返って見ると、急な坂道の向こうに九フンの町が見えます。

山頂はすぐそこ!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

登山開始から、1つ目の東屋が25分頃、2つ目の東屋が35分頃に現れます。3つ目の東屋は42分頃に山頂にあります。さあ、山頂に到着です。

※時間はいずれも目安です。

山頂からの絶景!基隆市への海岸線や陰陽海の眺望

山頂からの絶景!基隆市への海岸線や陰陽海の眺望

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

山頂にはひときわ大きなウッドデッキで展望台が作られています。また、地形や天候に関わる説明ボードがありますので、景色と共に楽しみましょう。特にこの地域が午後から雲や雨が多い理由が書かれているのにも注目。冬場は、南から流れてくる暖流に乾いたモンスーンの風がこの辺りに当たる事で、「雨の湾岸」と呼ばれる場所になると書かれています。

山頂からの絶景!基隆市への海岸線や陰陽海の眺望

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

基隆山の北西側からは3つの湾を挟んで基隆市まで一望。朝霧がぼんやりとかかっている様子も幻想的です。夜にはこの湾内からたくさんの漁船が漁に出て行きます。

山頂からの絶景!基隆市への海岸線や陰陽海の眺望

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

基隆山の東側には陰陽海とその先の海岸線までの絶景が見られます。海にのびる半島は鼻頭角風景区です。

※登山道は比較的整備された石畳ですが、防寒着・水分・スニーカーなどを準備してハイキングを楽しみましょう。

基隆山の基本情報

住所:新北市 瑞芳区
電話番号:+886-2-2406-3270
アクセス:九フンバス停から徒歩5分、または、基山路入り口コンビニから徒歩3〜4分

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/28−2018/12/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -